HALくんソロ‐KOU-弥生(TOMOさんゲスト)

2019年3月9日に、再び、大阪のLoft Plus One Westで行われた、FEST VAINQUEURのHALくんのソロライブに参加してきました

3月のゲストは、ex.FEST VAINQUEURのTOMOさん。何も存じ上げなくても、貴重な「一期一会のライブになるだろう」と思いました。

ライブは、どれも、一期一会

前盤(SINCREA)の曲が演奏されるのではないか?との期待と、CDやYou Tubeとは違った、今のHALくんで聴いてみたい、そして、TOMOさんって、どんな方なのだろう?と思ったのがきっかけです

1部

1.縁~enishi~(ソロ)

2.雪のアリア (ソロ)

3.FANG (FEST VAINQUEUR リアレンジ)

4.I DON'T WANT TO MISS A THING (Aerosmith)

5.I Was Born To Love You(QUEEN)

6.半夏生(ソロ)

7.Refrain

2部

~ゲストTOMOさん登場~

1.桜(Janne Da Arcカバー)

2.CANDLE(SINCREA)

3.光(SINCREA)

4.花吹雪(ソロ)

5.ヒガンバナ~花魁道中~(FEST VAINQUEUR リアレンジ)

6.LIONHEART~lifetime wish~(FEST VAINQUEUR リアレンジ)

一部では、冒頭曲の「縁~einishi~」からスタート登場から、瞳の色がすっかり世界に入っていて、マイクをかざしながら、歌い上げるHALくん。1曲目は、ALの世界観そのもの。その後、2月に東京でもされたという、「雪のアリア」が聴けました

しかし、雪の映像が映って、HALくんが、低音の世界に入った瞬間に…「ちょ、ちょっと待って…(イヤモニから入ってくる)カッ、カッ…の音が聞こえないカウントがとれない…」「…ごめん、みんな、もう世界に入っていたよね?

少しアクシデントがありましたが、イヤモニでちゃんと、タテのカウントの刻みを意識しながら歌われているんだ…とわかり、なるほどと思いました。

FESTの「FANG」をソロのリアレンジで歌われるHALくんは、持ち曲をどう歌い上げれば、FEST VANQUEURのHALとして、魅力的なのかをよくわかっていらっしゃる様子で、でも、それを意識せずに、生の「その瞬間に集中している」のがいいなと思いました。観客の意識がすべて、自分一人に注がれている真紅のライトの中で、情熱的に「1.2.3.4.FANG!」と歌い上げる姿が、きっと観客それぞれの瞳の奥へ、意識の奥へと、なんのわだかまりもなく、浸透していったのだろう…と自分の感覚とともに感じました。

その後、「コイツが無事に戻ってきました」とアコースティックギターを膝に抱え、「溢れんばかりの愛を叫んで歌っている曲です」と、AerosmithとQUEENのカバーを弾き語りで披露。先日、家族と同じくらいの愛犬を亡くされたばかりのようで、そのことには触れずに、「天国に向けて歌いたいと思います」…壮大すぎる2曲ゆえに、難しい部分もあったと思いますが、愛しい大切な存在とともに生きること…それこそが人生のすべてではないのか?という想いが切に伝わってきました

「冬の曲、春の曲など、季節ごとの曲を作って、時期的にも今かなという曲を…と思いつつ、待っていたら、ライブできねぇよ…という、夏の曲をやりたいと思います。聴いて下さい…『半夏生(はんげしょう)』」

半夏(はんげ)という薬草が生える時期、7月2日あたりを『半夏生』と言うことを調べて知りました少年時代からの素直な思いと希望の中、進んでいく旅路の中で咲いている植物。スッと射し込む日差しのような、ボーカルイントロから、さわやかな夏へと、ぐんぐん導いてくれるような曲。(ネットで調べたら、半夏生に豊作を祈って、タコを食べる習慣が関西である…という豆知識まで出てきて、あの日出された、お料理の「はる少年思い出のウインナー(揚げウインナー)」も意味があったのか、はたまた偶然か?

一部ラストには、「Refrain」(個人的に、とてもとても好きな曲なのですが、書くと長くなりそうなので割愛)温かな日常の大切さを歌っている曲だと思います

二部になり、少ししたらTOMOさんご登場かな?と思っていたら…「えっと…じゃあ、もういきなり登場して頂きましょうか?ゲスト…イーエックス・フェストバンクールの…TOMO

下手から、清潔感あふれる白シャツに、縦縞ジレ、黒いハットをかぶって…青いギターと、にこやかな笑顔とともにTOMOさん、ご登場(⇒自分は初見で、初めまして会場は、温かな拍手喝采

「本当に…ほんとうに久しぶり…だけど、久しぶりという気がしないね…

感慨深げなHALくんとTOMOさん、そして、きっと長きに渡るファンの方々も感無量でいらっしゃっただろうと思います。

「そうだね今日、〇年ぶりにファンデーションを塗りました(笑)メイクさんにファンデーションのノリが心配です(笑)どうですか?と聞いたら、いや、今日はもうすごくいいですよ!と。…結論。ファンデーションは、期間をあけた方がノリがよい(キッパリ)」(会場、笑

「…リアルだね(笑)」とHALくん。

TOMOさんがスタンバイされたところ…??(なにやら機械に異変が?)

「…さっき、HALがちょっとアクシデントになっていたのを舞台袖で聴いていたんだけど、ライブはナマだから、何があるかわからないよね。…例えば、音が鳴らなかったりしたら、最悪だよね…とメイクさんと話していたんだけど、まさに、今、その状況なんだけど(苦笑)(ちょっと音が鳴らない…)」

「どうやら、今日は、ステージに魔物がいるようです」とHALくん。

どうにか調整がとれて…

「…リクエストなども頂きましたが…まずは、ふたりにとって、ルーツでもあり、かつ、今の季節にふさわしいかなと思って…この曲をしたいと思います。『桜』

たくさんの桜ソングがある中で、Janne Da Arcの『桜』を披露そして、「今日のような機会しかできないかな…と思い…」と、TOMOさんと一緒にされていた、前盤SINCREAの『CANDLE』を演奏「ひとりでは遠い朝を ふたりで迎えに行こう♪」という歌詞とメロディーが優しい曲だなぁ…と思いました

さらに、「TOMOさんが生んだ名曲です…SINCREA『光』

無理に笑って強がる事で 何も変わりはしないから

少しずつ 歩き出そう「光さす方へ…」

この曲も歌詞とメロディーがどちらも優しいのですが、ただカッコいいことを言っているだけではなくて、本当に痛みや苦しみを知っている人たちにしか、生み出せない楽曲なのではないかと感じました。もっと聴いてみたいと思った曲のひとつです

和やかな雰囲気の中で、3曲立て続けに披露し、さらなる後半の盛り上がりへ。ソロのALの中でも、情熱的な「桜吹雪」と「ヒガンバナ」。「桜吹雪」は和の雰囲気を持つ、尺八の音がセクシャルなくらいに響いて、後ろの桜吹雪と月の映像の中で、華麗に舞い歌い上げるHALくんがいらっしゃいました。そして、FEST VANQUEURのシングル曲でもあり、初の和の楽曲でもある「ヒガンバナ」。より速いテンポで、情熱的な“赤い夜”を紡ぎ、高らかに歌い上げていかれました

そして、最後は、優しくおおらかな「LIONHEART」

普段の日常生活の中では、「誰かを想う気持ち」を、そんなにあからさまに、赤裸々に表現すると、非常識だとか、反社会的だとか言われるものですが、「歌」の世界だからこそ、自由に、どこまでも熱い想いを遠慮なく、表現できるものだと思います。そして、そういうふうに表現してくれることが、聴く側にとっては、観る側にとっては、この上ない喜びや共感、救いや希望になってくれます。

観客それぞれの想いが浄化されて、軽やかに羽ばたき、そして、見事に「現在地」へと着地してくれる

人それぞれの中にある「想い」が、人それぞれの日常や存在が、自分に戻り、希望を持って進んでいくことのできる旅路を、「はる少年(HALくん)」とのひとときで、四季折々の時の調べと歌声の中で感じることができる気がしました。その旅路を一緒に進み、「行」くことのできるアルバムにもなっているのではないかと思います。

9月のOSAKA MUSEでのファイナルまで、芯を定めながらも、ひと月ごとに少しずつ変わっていくであろう、ソロライブ。

ALリリース日の3月14日を経て、これからも「ひとりでは遠い朝を」多くの観客と、そして、秋から再び、強固なスクラムを組まれるであろう、FESTのメンバーの方々とともに、確かな歩みで、迎えにいっていただきたいなと思った、弥生のよき日でした

感謝をこめて

Img_5639 Image1

Img_5641 Image1_3

*思い出の味という、揚げウインナーが、とてもおいしかったです揚げ物がなかなかできないけど、お手軽レシピに加えたいです(笑)各月ごとの2020年カレンダー、揃えたいなと思いつつ、如月を逃してしまって、残念

続きを読む "HALくんソロ‐KOU-弥生(TOMOさんゲスト)" »

doa☆3way street☆東京レポ編(自由学園 明日館)

東京レポ編です

どのライブの感想を書くときでも、応援したい気持ちと、自己表現のひとつとして、書いていけたらなと思っています

続きを読む "doa☆3way street☆東京レポ編(自由学園 明日館)" »

doa☆3way street☆東京セトリ(自由学園 明日館)

久しぶりのdoa「3way street」アコースティックライブ、東京(西池袋)の自由学園・明日館に行ってきました

重要文化財とのことで、明日館(みょうにちかん)と呼ぶ建物の中に入ってきました。

以下、セットリスト。全公演・日替わりのセットリストですが、PCは畳んでおきます。

(スマホはすぐ見えてしまうので、なるべく下げて)

続きを読む "doa☆3way street☆東京セトリ(自由学園 明日館)" »

HALくんソロ‐KOU-睦月(keiya.くんゲスト)

2019年1月19日に、大阪のLoft Plus One Westで行われた、FEST VAINQUEURのHALくんのソロライブに参加してきました

バンドのライブ活動の中で、アコースティックで歌われる姿を、インストアで拝見し、とても感動していたので、現在、一旦活動休止中ですが、ソロも楽しみにしていました。もともと申し込もうと思っていたところに、Purple Stoneの活動が終了し、ソロになったkeiya.くんがゲストで参加と聞き、行くしかない!(^^;と発表の時から楽しみにしていました。

ソロのアルバムのコンセプトが、いろんな意味をこめられた「行‐KOU-」。

衣装からも垣間見られる、和の雰囲気で、1月=「睦月」からスタート。

「初回に呼ぶゲストとして、真っ先に、keiya.が浮かんだ」と、keiya.くん本人でなくても、泣きたくなるようなことをいってくれるHALくんFEST FESで、うらやましいくらい可愛がられていたのも記憶に残っています。

今回、HALくんのソロアルバムに入る曲、FEST VAINQUEURの曲の新アレンジ、そして、keiya.くんと一緒に歌う曲を披露して下さいました。

わかる範囲でのセットリスト (FESTさんの曲、まだまだ無知ですみません

一部

1.縁~enishi~ ソロ

2.花吹雪 (表記未確認) ソロ

3.FANG (FEST VAINQUEUR)

4.月光花 (Janne Da Arcカバー)

5.ヴァレンシアとヴァージニア (FEST VAINQUEUR)

6.Refrain (FEST VAINQUEUR)

二部

1. LIONHEART (FEST VAINQUEUR)

~keiya.くん登場~ HALくんの衣装を着て、ヘアメイクも似せて、双子みたい (お二人とも素敵でした

2.現代的疑惑都市'DOUBT!' (2人で)

3.WHITE BREATH (T.M.Revolutionカバー。2人で)

4.吉原ラメント(カバー。2人で)

~keiya.くん一旦、退場~

5.ヒガンバナ(FEST VAINQUEUR)

6.Gift (FEST VAINQUEUR)

FESTさんの曲は、ほとんどが新アレンジだったのではないかと思いますが、ヒガンバナとヴァレンシアとヴァージニア、DOUBT!くらいしか、はっきりわからなかったので、もっと聴きたいなと思っています。

HALくん自身、初のソロライブで、緊張されていたと思いますが、美しい映像と効果音(マニュピュレーターさんもいらして)、そして、照明と衣装が、しっかりと融合していて、そこに、「歌と突っ込みなら任せて!」の気心知れた、keiya.くんをゲストに迎えて、相乗効果ばっちり倍増していたステージでした

個人的には、ソロの楽曲が、とても優しい歌詞とメロディーだったのと、インストアの時もよく感じましたが、FESTさんの曲がアレンジによって、同じ曲とは思えないくらいの多彩な色合いをもって表現されるのが、本当に素晴らしく、聴きがいがあるなと思いました。

背景のスクリーンには、桜や彼岸花や紅葉、そして、海や空などの美しい自然と、時々、ハートなどの可愛らしい文字などが効果的に映し出されていました

keiya.くんと二人で歌われた3曲は、どれも会場全体が笑顔満開になる感じで、DOUBT!は、本家のHALくんは、もちろん、ギターソロのところでは、keiya.くんにもタンバリンが渡され…二人で応酬WHITE BREATHでは、お二人のルーツのT.M.Revolutionを熱唱披露、そして、吉原ラメントでは、You Tubeでの「歌い手」の世界や、FESTさんの「ヒガンバナ」のアレンジにも関わられた亜沙さんの話題も。

まだまだ、これから、いろいろな可能性をもったステージが続いていくのだろう…と感じられました。今年の秋のFESTさんの復活まで、限られた貴重な機会を継続して観てみたいなと思った、新鮮なソロステージでした

黒白ダブルワンマン『最後の戯曲』渋谷REX(東京・第二部「黒姫の夢遊病」)

~第二部~「黒姫の夢遊病」

11237

これまでの経緯(城を追放されたリィザ姫との旅)を語る、ゼル騎士のアナウンスが響き、『最後の戯曲』の幕が開く。

ステージ中央に凛々しいパンツスタイルのリィザ姫。手には、戯曲で使ってきた看板を持っている。「いくですの♡♡♡REX」(⇒だったと思うのですが、違ったらごめんなさい

「…リィザ姫と一緒に旅してきた、俺たちの旅も最後。…(この後は)12月3日の大阪RUIDOを残すだけとなる。…さぁ、戯曲を始めよう…

1曲目は、代名詞ともいえる「リィザ」「まずは、みんなの素敵な行進を見せてくれ!」…そういって、拳を振り下ろす仕草を求めるリィザ姫と、黒の六弦を持つゼル。その後ろには、同じく騎士団から抜け出してきたであろう、黒づくめの衣装に帽子をかぶったベースのジータン(笑)と、ドラムのKeiがいる。ふたりとも、いつもと同じく満面の笑顔だ

リィザ 悲しみを黒いドレスに纏った王女 

心までいつしか漆黒く(くろく)染まったの? 

呼ぶ声がわずかに聴こえた夢の中 

Riza,save me,Riza

最初は、黒いドレスと裸足だったリィザ姫跳ね上がるようなドラムと、イントロと間奏のアルペジオが、まさにお城を裸足で抜け出して、駆け出すかのような曲縦のリズムがしっかりとして、ピアノとドラムの協奏、ドラムとボーカルの絡み、ピアノとボーカルのソロ、そして、ギターとべース観客も『戯曲』のキャストとなって、最初から、モッシュや拳で、リィザとゼルの旅を彩っていく。キックの効いたサビでは、ジャンプしながら手を振って、まるでリィザ姫と一緒に駆け出すかのようだ。どれだけ泣いても…」でヘドバンをして、再びジャンプしながら手を振る。

もし、この日、『戯曲』(ライブ)を初めて観た人がいたとしても、きっと、ゼルがよく言っていた「遊園地のアトラクションに乗ったような気持ちで」参加できたのではないだろうか?そんな不思議な“祝祭空間”へとためらいなく誘う、隙のない「世界観」が、構築されていた。それに息吹を吹き込み、やくそくのち”へとリィザ姫とゼル騎士たちを向かわせたのは、じぱんぐで出会い、思い出の風景となっていった、数々の『戯曲』で出会った人々とのエネルギーではないか。

リィザ 枯れ果てた 涙に別れ告げた 王女 

旅立ちを…振り向かないことを決めたの 

呼ぶ声が 確かに聴こえた夢の中 

Riza,save me,Riza 

Riza,deva,resonance

共鳴の場所へと、これまで一緒にいた、そして、ここにいる、皆が連れていく。

続けて「純黒のジャッジメント」へ。どこか懐かしい語りと告白の歌詞(教会のコーラスのようなイントロ含め)とともに、ドラマティックな展開が広がる曲だ。

覚めない夢 遠くレゾナンス 

胸打つ問い掛け 

生と死を超えた業 

白黒つけましょう 

止まない夢 繋ぐレゾナンス 

破られた契約 

巡る想いはデルタ 

下された黒きジャッジメント

”共鳴(レゾナンス)”の響きを大切に抱きながら、リィザ姫は旅をしていた。その響き…声とも叫びとも祈りともわからないものが、胸に鳴り続けていたのであろう。「あくまのこ」で、リィザ姫の生い立ちを振り返り、父と母に、どんな仕打ちを受けてきたか、しかし、そのお城を、父と母(特にお母さま)を忘れられないでいるかを歌い上げる

そして、ひと息ついての休憩タイムゼルは、今まで、雨が降った時に、いちごの傘(実は傘職人とか)をリィザ姫に挿したり、いちごの紅茶を入れてくれたり…。そんな茶番も今日でおしまい…という寂しい想いを跳ね除けるように、軽快なイントロが鳴りだす

「いちごパニック」を聴いたときの衝撃は忘れられないが、これがハマるとハマるもので…。禁断の果実とはいちごだったのかと思うほど。(⇒詳細は、オフィシャルの「いちごパニック」の動画を)いちごのフレームのキュートなサングラスをかけて、手をくるくるとかわいい振り付けをしながら、余計なことは考えずに楽しめた瞬間こそが愛しいものだった。

いつも以上に華麗なステップを踏んで踊っていたゼルが。「リィザ姫!…これを‼‼」そういって、さらに取り出したのは、猫のひげがついたマスク「なぜ、リィザがこれをつけなければならないのか、全くもって、わかりませんが。。。(笑)」そう言いながらも、マスクをつけて、猫になってくれるリィザ姫。そして、会場も一緒になって、「黒猫姫」に合わせて、猫になって応える。猫のポーズで折り畳みをしたり、右へ左へ回ったり、会場いっぱいのネコたちと戯れていたリィザ姫とゼル騎士だった。

そして…突如、異変が起きるような音楽が鳴り…登場したのは…

「白日ノ夢」響弦者チナ(会場、騒然

何をしに現れたか?といえば、リィザ姫に、あるペンダントを渡すという。そう、白日のペンデュラムだ。ところが…

「…ぁ、忘れた(笑)(慌てて、後ろにとりにいくチナ(会場、爆笑)

…ね、狙ったわけではないようだ後ろから持ってきたのは、六角形のペンデュラム(ダンボールを六角形に切って「セラ」と書いてある(笑))それをチナが、リィザ姫にかけると……

「…う、う、う。…こ、これがリィザ姫の身体か。。。」

と、リィザ姫の身体に乗り移った「セラ」が降臨し、現れ出てきた(このアイデア笑いましたが、拍手‼‼(笑)「案外、おっ*い小さいな。。(笑)」発言は横に置いて)

「セラ」は、チナに「…大阪では失敗するんじゃねぇぞ‼(笑)」と言い放ち、自分の左横にいる、ゼルのことを「俺は、リィザ姫は好きだが、一緒にいる、コイツは…大っ嫌いなんだよ‼と言いながら、「…だけど、お前、白日のリハのとき、入ってきていたから、1曲くらいやれんだろ?!」と言って、そのまま、チナゼルとともに「白日ノ夢」のシングル曲「事例04‐ナイン‐」を披露見かけは、リィザ姫の姿のまま、女の子っぽさは一切出さずに、激しく歌うセラ見事なまでの…「降臨」だった(笑)。(Wボーカルだからこそできる演出で、どうやってセラとリィザ姫が巡り合うのか?と思えば、完全に乗り移ってしまった切り替えに目を見張りました実際は、大阪では、この演出は使われず、違う演出に)

曲が終わると、チナは去り、再び、リィザ姫が「…大変、お見苦しいところをお見せしましたと、さらりと何事もなかったかのように、クライマックスへの「夢遊少女」「旅立ちの輪舞曲」へとつなげる。

リィザ姫の“夢遊歌唱”を見られるのもこれが最後。実際に眠りながら歌うわけではないが、本当に、悪夢にうなされているような曲だ。夢見心地というよりは、かなり激しい曲

最初から「ミギへヒダリへ逃げて」とモッシュや、「アタマガイタイノ」とヘドバンもあり、「離して(離して離して)」と引っ張る手もある。リィザ姫は、本当に、何度も、何度も悪夢にうなされていたのだろう。華やかな黒の六弦のギターソロと間髪入れないドラム、一瞬の隙間に聴こえるベースソロもあるカスタネットの音も響いて、盛りだくさんな曲。

本編最後になるかと思われたのは「旅立ちの輪舞曲(ロンド)」。タイトルのとおり、“旅立ちの歌”だ。

私が私じゃなくなって 

だけどね きっと 本当の私に 

この世界(ここ)に未練がないと言えば 

嘘になる だけど 呼んでいるから

あぁ 旅立ちの輪舞曲(ロンド) 

新しい 私が  

あぁ 哀しみの輪舞曲(ロンド) 

約束の場所へと 

あぁ旅立ちの輪舞曲(ロンド) 

涙をこらえて 

あぁ 哀しみの輪舞曲(ロンド) 

さよなら さよなら 

あぁ 遠いお城よ さよなら さよなら

引用程度で、すべて歌詞を挙げられないが、ダークメルヘンを緻密な構成で描いて、目の前で、絵以上の『戯曲』として、魅せてくれた「黒姫の夢遊病」。リィザ姫は、最後まで麗しい瞳と笑顔で、「このじぱんぐを旅できて、リィザは、ほんとうにしあわせでした。リィザのことをわすれないで」と語る。そして、ゼル騎士は、「今日で最後の戯曲だけど、『黒姫の遺産』(音源)は、これからも、皆の人生の中で、残っていくだろう…」とナレーションする。皆で、手をとって輪舞曲を踊ると、やはり、自然と涙があふれてきた。すると…

「リィザ姫、リィザ姫…‼‼…これで終わっちゃ、やっぱり、暗いというか。。。淋しいですよね?…やっぱり俺たちは…‼‼‼」

そういって。あのイントロが鳴りだし、ゼルが畳んである赤い布を広げて、かぶると…そのまま全身が、すっぽりと「いちご」に(笑)

「これぞ、究極完全体、『いちごパニック』‼‼(…会場、もう何が起きても、驚かなくなっている笑 拍手

そのまま、フィニッシュとして、皆で、もう一度『いちごパニック』を歌い踊り上げた。

何度も使った、いちごの傘をみんなで挿して、最後は、一緒にジャンプして、笑顔でのお開き

半年の流れをたどりながらも、「白日ノ夢」「黒姫の夢遊病」という、白黒のリアルな「夢」で魅せてくれた、一夜だった

11234 11233

感謝をこめて

東京公演 黒×白ダブルワンマン『最後の戯曲』

~セットリスト~

第二部 黒姫の夢遊病

1.リィザ

2.純黒のジャッジメント

3.あくまのこ

‐いちごの茶番‐

4.いちごパニック

‐みんなで猫ニャーニャー‐

5.黒猫姫

‐チナ登場、セラ降臨‐

6.事例04‐ナイン‐

7.夢遊少女

8.旅立ちの輪舞曲

‐究極完全体いちご‐

9.Finalいちごパニック

 

 

黒白ダブルワンマン『最後の戯曲』渋谷REX(東京・第一部「白日ノ夢」)

11月23日に渋谷REXで行われた、黒姫の夢遊病白日ノ夢『最後の戯曲』と、12月3日にOSAKA RUIDOで行われた『最終面会』に行ってきました

11235

 

5月から始動してきた、2つのバンドが、梟(ふくろう)の月が出る頃(冬)に、ひとつの結末を迎えようとしていました。

東京と大阪で、第一部、第二部の二部構成で、2つのバンドが交互に演奏し、それぞれの「世界観」を共鳴させた両日。(東京は、白⇒黒、大阪は、黒⇒白の順)

「白日ノ夢」は、閉鎖病棟に入っているセラ、チナの二人が、夜の監視の交代の9秒間の隙に、脱走を試みるストーリー。セラは、自分を(精神的に)救ってくれた誰か(リィザ姫)を探しています。 

「黒姫の夢遊病」は、先天性の夢遊病を患い、「あくまのこ」と忌避されて、城を追放されたリィザ姫が、騎士団を抜け出して着いてきた、ゼルと一緒に旅をするストーリー。旅の途中で「じぱんぐ」を訪れます。

2つのバンドの接点は果たして、あるのでしょうか?

…その先に見えるものは?

2016.11.23.渋谷REX

~第一部~「白日ノ夢」

東京公演では、第一部は「あと少し」という曲からスタート。

通常は、もちろん、セラチナの2人がステージにいるのですが…この日は…

イントロが鳴り、幕が開いて、ステージ中央にいるのは、響弦者のチナくんだけ。そして、ドラムのまむさんとベースのジタンくんが演奏しています。詠唱者のセラくんは…?というと姿が見えない。。声とともに、初めてフロアからの登場‼で、後ろからの気配を感じる観客に「後ろ向くな!」と一喝して、そのままステージへ。

2曲目は、「幻日」という、多彩な曲調の変化が含まれた、壮大で美しい曲。特に、サビは、伸びやかなボーカルが、広大な海に浮かぶ太陽を思い浮かべさせるくらいに、どこまでも 美しく広がっていきます。そこから、3曲目の「レゾナント」へ。レゾナント(共鳴というタイトルどおり、何かが次第に近づいて、お互いに呼び合うような、不思議なイントロが印象的な曲です。葛藤するBメロから、抜け道を発見したかのように、浮かび上がったサビには、

白日のペンデュラム 見つめあった魂(アニマ)

という歌詞も出てきます。

ペンデュラムとは、六角形のペンダントのこと。セラくんがチナくんに頼んで、作ってもらったという、裏筋があるようです。(⇒詳細は、セラくんのブログへ)

3曲目の「お祈り」もバラード系。いままでの面会では、観客をフロアに座らせて、一緒にお祈りするスタイルでしたが、この日は…

「…あぁ、今日は座らなくていい…みんなでリィザ姫にお祈りを届けよう…」

と始めたのですが…なんだか、いつもより、仰ぐような手の動作のペースが…あれ、あれれ???

「お、お兄ちゃん、お兄ちゃん!!…お祈り…早くない?!(笑)

そう言って止めてくれたのは、サポートベースのジタンくん。元Gimmick.というバンド(同じCRIMZONレーベル)のベースだった方です。白日ノ夢、黒姫の夢遊病、ともにサポートベースとして、半年間、ほとんどのステージに立って、大事なベースと、「世界観」を守るために、無理やり任されたMC(笑)を担当して下さり、半年間でたくさん、ふたりのお兄ちゃんをオコッテ下さいました。

眼帯に包帯、狂気も混じる、少し病んだ世界観に、最初は、とっつきにくく違和感がある方でも、、、突然、アンパンマンや妖怪ウオッチの曲が流れだして、ぽかーん。。。となる瞬間が、今まで何度もありました。(=そんな曲を流したセラ&チナをジタンくんが叱るほっこりした瞬間のこと

第一部のMC代わりの部分では、セラくんが「普通のバンドだったら、まだまだやれんだろ?!というところだが、僕ら少し病んでいるんで…おい、いい加減、疲れただろ?!…疲れたやつ、ほら…水だ!(笑)」という感じで、「お水」を配る場面もありました。

後半は、折り畳みから始まる「リユニオン」…とてもメロディアスで、激しいけれど、美しい曲です。唯一のアルバムとなった『白き記憶』では、最後に入っている曲。歌詞を詠唱する美しい主旋律と、最初から絡み合うように響き続けるピアノの裏旋律が、とても印象的ピアノの黒鍵と白鍵が見えるようです。畳みかけるようなドラムと、一筋の光のように挿し込むギターソロが、行く手を照らすサーチライトのように、鮮やかなまでに、まっすぐ突き抜けていきます

その後、狂気的な「デイドリーム・オーヴァードース」を経て、ストーリー的にも山となる、「策略」「ナイン」へ。最初はその激しさに驚いた曲たちも、大きな感情の起伏の中で、緻密な白黒の物語の伏線が、詞のそこここに潜んで、見え隠れしていることに気付かせられます。自由に観客に与えられていたはずの”紐解く時間”が、まだまだゆっくり続いてほしかったくらいでした。セラとチナが考え出した「策略」は、夜の監視の交代の隙…9秒間(ナイン)の間に、閉鎖病棟から抜け出すというものでした。それを実行させるときがやってきました。

「今日は、カウントダウンは、お前たちに任せる…」

「日本語でいいから…9(きゅう)から0(ゼロ)まで…ゼロは英語でいい…カウントダウンしてくれ…」と、懇切丁寧に、お願いするセラくん。(ゼロは英語でいい…律儀やな…(笑))

観客のカウントダウンとともに、きっと、セラとチナは、全速力で駆け出して、ひとつのワールドラインを超えたのだろうと思います

経路はC区画通路を抜けた先、 

与えられた時間は深夜の交代時間の隙、 

「9秒間」 

”9”second,DO or DIE,DEAD,or ALIVE 

Coming,just over there,X day

at last エスケイプ 

(9)run out,run out 

君へ繋ぐ最後のカウントダウン

(8)fed up,fed up 

誰が 狂い始めたのか

at last エスケイプ 

(3)run out,run out 

いつか 知る時までのカウントダウン 

(2)fed up,fed up 

自由へ…扉に手をかけた

at last エスケイプ 

(1)run out,run out 

閉鎖病棟(ここ)に さよなら告げた僕に

(0)fed up,fed up 

白い 光が差していた   (シングル「事例04‐ナイン‐」より)

とまらない時間を「音楽」という、熱い静脈と動脈の響きに載せて、とぎれない想いを「お祈り」というコトバの鼓動に載せて、「記憶」というカタチで残してくれた『白日ノ夢』。

ワールドラインを超えた先に、出会ったのは…。

(第二部と大阪公演に続く)

11233 

~セットリスト~

東京公演 黒×白ダブルワンマン『最後の戯曲』

第一部 白日ノ夢

1.事例00-あと少し‐

2.事例01-幻日-

3.事例02-お祈り-

4.事例06-レゾナント-

5.事例07-リユニオン-

6.事例0.7-デイドリーム・オーヴァードース-

7.事例08-策略-

8.事例04-ナイン-

 

 

『黒姫の夢遊病』単独戯曲(LIVE)感想+『白日ノ夢』ワンマンへ

5月13日に渋谷REXで行われた『黒姫の夢遊病』単独戯曲(LIVE)に行ってきました

Img_1248bk

リィザ(夢遊歌唱) と ゼル(黒の六弦)

Bk160513_2

1週間前に『白日ノ夢』が動き出したこともあり、白に対して、黒はどんな感じなのだろう?という、期待にあふれた始動ワンマン(前売り3000円、当日無料!)

アーティスト写真のイメージでは、とても優雅な雰囲気が漂っていたのですが。。。1曲目から、あっけにとられながらも、予想とは違ったインパクトに魅了されてしまいました(笑)^^;;

幕が開き、中央に眠ったリィザ姫、上手(右)にゼル騎士、そして、目だけが見える仮面をかぶった、ベースとドラムのサポートがいらっしゃいます。(ベースは、白黒ともに、元Gimmick.のJITANくん。ドラムは、黒は新しいKeiさん。白は現在未公表。定着されるか、今後変化があるか?)

まず、驚いたのは…リィザ姫は、素足てっきり、ヒールかブーツでも履いてくるかと思いきや、左足にミサンガとペディキュアもしっかり塗ってのご登場

リィザ姫のブログに、「ざん、ざん…」という音のことが書かれていますが、まさに、そんな感じでスタートしました。リィザ姫の生い立ちを唄うような、1曲目の「リィザ」という曲は、右の拳を頭から胸まで振りおろし、足踏みしながら始まっていきます。左右へのモッシュもたくさんあって、会場をどんどん動かしていくステージ。

「あくまのこ」という2曲目も、リィザ姫の生い立ちを唄うような曲。美しく、力強い歌声は、とても伸びやかに広がっていきます。

そのあと、突然、休憩タイム。MCというよりは、ゼル騎士のナレーションと、リィザ姫の紙芝居…じゃない「フリップ」(説明の文字や絵)によって、成り立つ、ほんわかタイムです(^^;;

初日の日は、ゼル騎士の「少し休憩しましょう」というナレーションに対して、リィザ姫の「そうね、少し休憩しましょう」「いちごが好きなの?」「(いちごの絵)」などが出てきました(笑)ちなみに、ロックサミットでは、やはり、ゼル騎士のナレーションで、辺りに変な生き物がいるらしい?ということから「変な生き物って何?!」という文字など

リィザ姫は、歌は歌われますが、どうやら、話すのはお好きじゃない…いや、たぶんきっと恥ずかしい?らしい(笑)(…でも、突然「マイクが外れました(笑)」とか「もう寝ます(笑)」といって、ふて寝の前に、叫ばれるときもあります(^^;;)→ロックサミットでのハプニング(笑))

3曲目の「いちごパニック」と4曲目の「黒猫姫」は、カルチャーショックが大きいと思いますが、とても楽しくかわいらしい曲。まさにタイトルのとおりで…(笑)振りもキュートで、いちごを♡で作ったり、猫の手も出てきて、一緒に猫の真似をしたりします。(…意外に楽しいので、恥ずかしがらずに)ここでも、観客を動かすステージ。

そして、5曲目の「純黒のジャッジメント」では、アニソン歌手のように、キメる振りもあり、ちょっと野性味もある、カッコかわいいキュートなお姫さまの様子に、圧倒されっぱなしでした。ゼル騎士も、どの曲かで、バイオリンの弓を取り出して、エレキギターに合わせる演出もあります。

でも、ただ単に笑いやウケだけを狙っているのではないのが、6曲目の「旅立ちの輪舞曲」や7曲目の「夢遊少女」を聴くと、伝わってきます。リィザ姫が頭が痛くなるのは、どうやら、どこかでリィザ姫を呼ぶ『声』がするらしい。。。その声がするのと、リィザ姫が夢遊病になって、徘徊するのとは、何か関係があるらしい。(以下、セットリストはオフィシャルより)

1.リィザ

2.あくまのこ

3.いちごパニック

4.黒猫姫

5.純黒のジャッジメント

6.旅立ちの輪舞曲

7.夢遊少女

早くも『黒の遺産』と呼ばれる『三部作』(3ヶ月連続、LIVE会場限定リリースCD)の発表もあり、リィザ姫とゼル騎士が、どんな旅を続けていかれるのか、とても楽しみです

Kurohime_1st_riiza_2

第1部 「リィザ」

2016年6月18日(土) Release

【収録曲】
1.リィザ
2.夢遊少女

¥1,000 (tax in) /CRLC-0012

※戯曲会場限定販売

Kurohime_2nd_junkoku

第2部 「純黒のジャッジメント」

2016年7月21日(木) Release 予定

【収録曲】
1.純黒のジャッジメント
2.いちごパニック

¥1,000 (tax in)/CRLC-0013
※戯曲会場限定販売

Kurohime_3rd_tabidachi

第3部「旅立ちの輪舞曲」

2016年8月28日(日) Release 予定

【収録曲】
1.旅立ちの輪舞曲
2.あくまのこ                                 

¥1,000 (tax in)/CRLC-0014
※戯曲会場限定販売

『白日ノ夢』との関連性は?

一方で、やはり6月に発売になる、『白日ノ夢』の「事例04‐ナイン‐」(LIVE会場限定リリースCD)と呼ばれる『記憶』との同時進行での動きも気になります。

Crlc0015

「事例04 -ナイン-」

1.事例04 -ナイン-
2.事例02 -お祈り-

二〇十六年 六月十九日(日) 発売

¥1,000(税込) CRLC-0015

特に、「事例04‐ナイン‐」は、どうやら、精神病棟の夜の監視が交代する「9秒間」を指しているらしく…セラくん、チナくんにも何かが起こりそうです。

そんなセラくん、チナくんの『白日ノ夢』の単独面会(無料ワンマンLIVE)は、5月27日大阪hillsパン工場

単なるメンヘラとメルヘンに終わらせない…!!という声が聞こえてきそうな気がします。

ぜひ!!!

W160527

 

 

『白日ノ夢』ハジメテの面会(LIVE)感想

5月6日『白日ノ夢』のハジメテの面会(LIVE)に行ってきました

以下、個人的な感想です。(あくまで、個人の見解として)

Topshiro Shiro160506

♪…♪…♪

新しい世界にハジメテ触れるにあたって、期待と不安が入り混じっていましたが、個人としては、まずは、向き合えた喜びが大きかったです。

幕が開いて、両腕を吊るされたようなポーズのセラくんは、チナくんとともに、写真の雰囲気そのままで、ステージにいました。(セラくん中央、チナくん上手→移動もします)

ステージ全体を囲った、リボンのような包帯のセット、ベースとドラムのサポートの方がいて、でも、白い覆い物で、顔は全く見えない感じでした。

真っ向から、観客に向かっていた、おふたりですが、どうやら、セラくんは、想像以上に、深い闇の中にいて、『面会』を重ねるにあたって、少しずつ変化を遂げていくのだろうと思います。

セラくんは、1曲めで、両腕を縛られたような、両手をクロスさせるマイクの使い方をして、そのあと、2曲めからは、両腕がほどけたようにして、自由になっていきました。

セットリストは、セラくん、チナくんのブログに上がっているとおりで、5曲。

激しいけれど、時折、ふっと浮かび上がる美しいメロディーラインには、あぁという、少し懐かしい感覚になりました。

その中に「幻日」という曲がありました

「幻日」とは?…思わず調べたら、Phantom Sunという、“3つの太陽”が並んだように見える、大気現象のひとつのようです。検索すると、とても、うつくしい光の環(わ)さえ、見える、三つの太陽の光があります。

「幻日」…ゲンジツ…現実?と思うくらいで、セラくんは、ブログで、こんなことを言っています。

♪僕は決して、“この世界で言うところの”精神病患者ではきっとないはずなのに。 

♪その幻日(the Phantom Sun)が映し出したもの、それは僕が閉鎖病棟(ここ)に来る前に、何度も僕を救ってくれたものだったのだと思う。

おそらく、何らかの理由があって、閉鎖病棟に入ってしまった、セラくんたちですが、何かを求めているようで…それは、そこの病棟の方々には、理解できないもののよう。

かつて、セラくんたちを生かしていたものが、どうやら「幻日」の中にあるらしい。

おそらく、『面会』(LIVE)で、「祈り」を唱える=「詠唱」することで、

♪「狂っていたものが正しく戻り始めている」のかもしれません。

一方、チナくんのブログは、まるで、文字化けしているかのようですが、ところどころに見える「カタカナ」を拾っていくと、なんだか意味を成してきます。

たとえば、5月6日の面会についての記事では、

モット モット シロク ネ

イノリマダマダ トドカナイ

セラ ガ ヒトツニ ナル マデ ハ

ハクジツ ノ ユメ ニ

と読めます。

数式が好きなチナくんみたいですが、セラくんと「ワールドライン」(境界線?)の話をできるのだとしたら、ふたりとも狂っているわけがない。きっと、“狂った”ように扱われているだけで、そこ…では理解されないほどの、美しい、あたたかな世界を、一度、体験しているのだろうと思います。

そして、その世界を、きっと、「幻日」の中に見出しかけているのだろうと。

幻日…ゲンジツ…???

『白日ノ夢』になるものは、きっと、おふたりが重ねる『面会』の中にあって、(…おそらく、観客にも求められていて)、まだ、わからないけれど、きっと、どこかで、何かと出会うような予感がします

それが、少しずつ、見えてきたらいいなと思っています。

『黒姫の夢遊病』との接点は、あるのか、ないのか?

かつ、今は、全く笑顔のかけらも見えないおふたりですが、その、まなざしの中にあるあたたかさと、人間の体温のある声と、白きギターの響きを信じて、いつか、包帯や眼帯の傷が癒えて、笑顔が見えてくればいいなと思っています

ひとまず、勝手な個人の感想まで

 

 

少年記ラストワンマン「少年、極点へと向かう巡礼の旅、少女と交わした久遠の契り-東京-」②

(続き)

歌い上げるバラードが続いた中盤から、いよいよ後半へとさしかかる。

4人がちょうどステージで、Ⅴ字になるように背中を向けあい、「ガゼルバベル」「YOUR LIES」「LONELINESS PRINCESS」へと『少年記』の楽曲が咲き誇っていく。「ガゼルバベル」でのツインギター、Naoさん、eikiくんそれぞれのギターソロ、「YOUR LIES」でのeikiくんのソロ、コウくんの歌だけでなく、少年記の楽曲は、ベースもギターも歌っている…ときに切ないまでに、あふれる想いを伝えようとして。その歌い上げるメロディーやビートに、コウくんの歌詞が確かな存在感のある“ことば”として乗るのだ。世界を限定するのではなく、世界への壮大な広がりをもって。

一度は君を壊したこの世界を 

もう一度信じられるのなら 

傷さえ、生きている証として 

願って、歩みを止めないで (「ガゼルバベル」)

進むことも 戻ることもできずに 出来ずにただ 泣き崩れて 

それでも髪 撫でられる度に 淡い期待を抱くの (「YOUR LIES」)

あやすように髪撫でられても

あなた、心ここにいないようで...

一人の夜「愛なんてあるのかな...」

私は報われない お姫さま (「LONELYNESS PRINCESS」)

爆発的な「LONELINESS PRINCESS」からは、終盤へ。大阪では1曲めに持ってこられた「BANG ME」が、東京では終盤の口火を切るように、準備される。モッシュやヘドバンやタオルも使って大きな熱気を作り上げる「ライカランナ」そして、本編最後に用意されたのは、代名詞的な「ココロモンスター」。

「最後の曲だ…!!!」

そのコウくんの声とともに、スイッチが入る。

モンスターの爪のような、ちょっとかわいい振付もある曲。手を振ったり、ハートを作ったり、モッシュをしたり、いつものライブではこちらも満面の笑顔になってしまう、楽しくてならない曲…それが、始まったと同時に、本当に、自分の目には、涙があふれてとまらなくなってしまった。

この後のMCで、怜さんが言われたように、歳とか住んでいるところとか、仕事や性別や国籍さえも関係なくて…ただ『少年記』が好きだ!という気持ちだけで、ファンは集まっている。

ただ、『少年記』の楽曲を聴いていたくて、コウくんの唄を聴きたくて、あるいは、一緒に口ずさみたくて、メンバーの演奏する姿を観ていたくて、一緒に呼応して、笑いたくて、一緒にライブを作り、一緒に『少年記』でいたくて…本当に、それがすべてだったのではないかと思う。

「僕」を探して、『ドール』と一緒に旅に出た『少年記』は、今、極点に、最果てに辿りつこうとしている。この曲とともに、極点へ辿りつく。

それを感じると、涙があふれて、あふれて止まらなかった。

ココロモンスター 本当の自分を今 

ココロモンスター 許せたのなら 

昨日までの君を飛び越えて 生まれ変われ 君というモンスター

「その胸に刻め その目に焼きつけろ 

俺たちが 『少年記』だ!!!!!」

極点に達した時の、あの熱と想いは、きっと今も消えていないだろう。AREAのずっとずっと上の方で、雲になって、星になって、留まっているだろう。そんな頂点だった。

メンバーがステージ袖に入るとともに、すぐにアンコールの声が鳴り響く。大きな、大きなコールだった。お決まりの…ではなく、本当に「出てきてほしい、まだ歌ってほしい、演奏してほしい」という、「アンコール」として、大きな声が響き渡っていた。

ネイビーにピンクの『少年記』Tシャツを着たメンバーが現れる。Tシャツには、バンドコンセプトだけが鮮やかなまでのピンクでいっぱいに掲げられている。

DON'T FORGET THE EVANESCENCE OF OUR TUNE.

(俺たちの音楽の儚さを忘れるな)(つかの間の俺たちの音楽の最後の響きまでを忘れるな)

音楽は、時間とともにある芸術だ。

それは当たり前のことだけれど、忘れたくても忘れられない「今」だけが目の前にあった。

コウくんがメンバーに想いを話してもらおう…といって、eikiくん、Naoさん、アルくん、怜さんと順番に話していく。どのメンバーの言葉も胸に響いたが、大阪でも東京でも感極まっていたNaoさん、そして、やはり怜さんの先の言葉が響いていた。

怜さん「年齢や住んでいるところや、仕事や性別や国籍さえも関係なくて…ただ、同じものが(『少年記』が)好きだ!という気持ちだけで、これだけのパワーですよ…これからも、(僕たちを通して)知り合った縁は大切にしてほしいし、その縁のきっかけを作ることができたということは、バンド冥利に尽きるというか、とてもうれしいですね…一緒に夢を見てくれて、夢になってくれて、ありがとう」(⇒記憶で覚えている、大体の感じ)

コウくん「本当に、1671日…ずっと前だけを見て、やってきました。もともとNao以外は、関西出身なんですけど、僕が東京に先に出てきて、バンド活動を始めようとしていたんですけど、そのときに、怜ちゃんやeiki、そして、Naoと出会って(⇒少し内容ずれていたらすみません)…こんな複雑な生い立ちのバンドを、関東でも関西でも、本当にあたたかく迎え入れてくれて…今の事務所に拾ってもらってからは、関西に住んで、遠征で、東京と大阪を何度も往復しました。でも、一度もつらいと思ったことはなくて…『少年記』は関西でも関東でもないから応援しない…というような声は聴いたことがなくて、正直、動員数に悩んだ時期もありましたが、それでも、どこにいても、皆がかけつけてくれて、皆のおかげで、ステージで歌うことができました。皆を含めて『少年記』だと思っています。本当に、一緒にここまで歩んでくれてありがとうございます…!!!」(⇒記憶で覚えている、大体の感じ)

コウくん「せっかく、アンコールを頂いたので、もう少し歌わせて頂こうと思います。聴いて下さい。『離さない』」

アンコールの1曲めは、最後の限定シングル「離さない」(ヴィジュアルグラフティvol.4で配布)

あたたかな、しあわせな男女の想いを描いた曲。まるで、結婚前のあたたかなふたり。

誰かとの幸せ 願った時もあった

だけど今は 確かに言えるよ

お前とこの先も 歩いてゆくたい そう思うから

もう 離さない

楽曲として、シンプルにストレートに心に響く、とても秀逸なあたたかな曲だ。そして、アンコール2曲めに「bloom beautifully」。

東京では全員での合唱という感じにはせず、楽曲の勢いに任せて、お互いがお互いの笑顔を見つめ合い、瞳を見て語りかけあい、そして、コウくんの唄に合わせて、心に響かせる感じだった。この曲で終わりにするはずだったのが、とても、そうはならない流れが生まれていた。

コウくん「まだ帰りたくねぇよ…!!まだ『少年記』の曲を歌いたいよ!!!歌わせてくれるかい?最後のわがままを聞いてくれるかい?俺たちと一緒に歌ってくれるかい?」

本当に、感極まる感じで、お立ち台の上で、マイクを両手で握りしめて、マイクに魂をすべてこめるかのように、叫んでいた、あのコウくんの叫びを忘れない。「本当に、最後の曲だ!」

最後の最後に、もう一度、TOKYOという都会の真ん中に鳴り響くイントロが聴こえてくる。「ココロモンスター」のイントロだ。まさかの2回目だとしても、それだけ『少年記』というバンドにとって、大切な曲であり、この「最果て」に、「極点」に、鳴り響く音楽として選ばれたのだろう。

すべて歌い終わった後で、本当に、お立ち台の上で両膝をついて、泣き崩れていたコウくん。いつもの笑顔が、涙でうるんでいたeikiくんとNaoさん、そして、涙目の中にも、思い切りやり尽くした笑顔があふれていた怜さん。最後は、アルくん含め、メンバー全員が、もう一度、手を振ったり、抱き合ったり、深々とおじぎをして、ステージを後にしていた。

目の前に締まってしまった幕の向こうで、きっと涙がとまらないメンバーがいただろう。何度もアンコールを叫び続けるファンもいたし、叫び続けたかった。

黒字に白の『少年記』と掲げられた幕を忘れない。

『少年記』というバンドの華麗なまでの気高く美しい輝きを、

唄を声を音を、あふれる笑顔と最高のステージを、

そして、いっぱいに受け取った、あたたかな愛情を、

消えることのない、確かな温もりにあふれた、光を忘れない。

 Img_0132Img_0131

…心からの感謝をこめて

 

「少年、極点へと向かう巡礼の旅、少女と交わした久遠の契り-東京-」セットリスト(コウくんのブログより)
-TIMELESS-
1.WEAKNESS_MY BLOOD
2.窃盗
3.Absolute World

-theme of SECRET KISS-
4.SECRET KISS
5.最果てのドール

-幻想と濃霧の街~秒針~-
6.時の色
7.IN THE SUNLIGHT
-theme of STARLIGHT SNOW~降りしきる雪の上で、あの星へ唄う~-
8.STARLIGHT SNOW

-tower of BABEL-
9.ガゼルバベル
10.YOUR LIES
11.LONELINENESS PRINCESS

-
12.BANG ME
13.ライカランナ
14.ココロモンスター

En.
1.離さない
-MC-
2.bloom beautifully

3.ココロモンスター

 

 

 

少年記ラストワンマン「少年、極点へと向かう巡礼の旅、少女と交わした久遠の契り-東京-」①

その瞬間、そのときが来るまで、何度の「今」を重ねただろう。

2016年3月28日高田馬場AREAの幕が開いた、その瞬間の“光”を覚えている。

まだ誰もいないステージにあふれていた光、誰もが「少年記」を待っていた光。

Shounenkitop_h1 

歓声の中に、みなぎる気を全身に浴びながら、eikiくん、怜さん、Naoさん、サポートドラムのアルくんが順に現れる。ステージ中央で、その歓声に応えながら、それぞれの位置に着き、楽器に手をかける。そして、ストールを翻しながら、黒の手袋に、しっかりとマイクを握ったコウくが現れる。

コウくんの右手が斜め頭上に掲げられる。それだけで、知っている観客は、一曲目を察する。立ち込める靄のようなイントロから、次々と拳が天空へと屹立し、やがて、ヘドバンの波しぶきが上がる、赤い海へとなだれ込む。

「少年、極点へと向かう巡礼の旅、少女と交わした久遠の契り-東京-」
高田馬場AREA公演

Fullsizerender_2

一曲目に選ばれたのは、最新シングル「WEAKNESS_MY BLOOD」。そこから「窃盗」を早い位置に持ってきて、さらに「Absolute World」へつなげるという…「少年記」の楽曲を知っている人には、まさに鉄壁のセットリスト。かつ、堂々とした、真っ向から”攻める”序盤だった。まるで、ここから、今この瞬間から「少年記」のすべてが始まるというかのような。

さらに、芳しいまでの「SECRET KISS」で、会場の熱を高め、想いを高めていく。

このひとつ前の大阪ワンマンでは、4曲めに「REVIVA」という、感極まるバラードを入れて来たのに対して、東京では、5曲めの「最果てのドール」まで、一瞬の隙もなく、観客のココロを鷲掴みにして、引っ張っていく流れ。(...まさにグィグィ♪という感じで)

「SECRET KISS」では、この日がバンドマンとして、最後のステージにする覚悟の怜さんのベースソロが披露される。中央でベースを弾く満面の笑顔の怜さんに、たくさんの手が差し延べられる。そして「最果てのドール」では、少年記ボーカル、コウくんの世界観が、余すところなく表現される。

個人的に「最果てのドール」は、本当に好きな曲で、この曲を聴いていると、特に、vo.コウくんの心の旅の軌跡が、手にとるようにリアルに伝わってくる。曲の世界は、あくまで曲の世界だが、歌い手の生き方がにじみ出ている。一体の『ドール』に導かれて、「分けられた自我」の中で、「僕」が「僕」に出会う旅を描いている曲だ。

繰り返し、繰り返し、毎日のようにこの曲を聴いているうちに、思ったことがある。

『少年記』というバンドが、実はひとつの『ドール』であり、たとえば、コウくんというヒトが、「少年記/ボーカル コウ」になる極点(=最果て)までを、導いていったのではないかと。

「1671日」という旅の中で、メンバーはそれぞれ、『少年記』という『ドール』に導かれて、極点(最果て)まで、「少年記/コウ、eiki、怜、Nao」になっていったのではないかと。

その旅が、「極点」へ達しようとしている。

終わりを迎えようとしている…という表現にはしなくない。「極点」へ向かい、達し、やがて、コウくんのブログの表現のように、天へ帰っていくのであろう。『少年記』というバンドを愛した人の心の中だけに、『少年記』は帰っていくのであろう。

群青の朝待ちわびて 

小さな祈り繰り返した 

最果てで眠り続ける 

僕にいつかまた会えるなら

秒針の音がする。

残酷なまでに確実に、時が流れ、時が移り…時が色を変えていく、音がする。

しかし、それは、あたたかな、「今」を彩る音だ。あたたかな、あたたかな体温のある「声」だ。あたたかな温もりのある、「まなざし」であり、「ほほえみ」だ。

時の色 褪せてゆくの 笑い合えた日々もほら 

愛した君の顔さえ 擦れて見えなくなった 

温もりと声の色と 巡る記憶の欠片が 

不確かな僕の鼓動を 支えている

最後の東京と大阪のワンマンで演奏された『TIMELESS』に入っている新曲「時の色」。実は、1stワンマンの最後に、活動休止になる前に演奏した曲だと聞いている。CDに入る曲としては、新曲だが、『少年記』の初期の頃から(廃盤になっている『Akasha』の時から)準備されていた曲だった。

今もここにいるだけで 君が隣にいるようで 

だけど 涙と想いを 預けて 歩き出すから 

震える手で 僕の背を 押してくれた 君を あぁ 

どんな時も 何よりも 愛したこと 

忘れないで...

時が経ち、顔や思い出を忘れてしまう悲しみではなく、ただ「愛したこと」を「忘れないで...」と歌う曲は、ただ“愛している”ということだけを伝えている。永遠に、TIMELESSに“愛している”と...だからこそ、あたたかい。

陽の光がいっぱいに満ちているような、あたたかさの中で「IN THE SUNLIGHT」が歌われる。この曲もまた、あたたかさの中にある、大切な想いを唄っている。帰らぬ人へのただひとつの想い。「生まれ変わっても あなたに会いたい」…それは、“愛している”ということ。

言葉も、情景も、全て残せたらいいのに 

響いて 掠れて 消えゆくの? 

見せたかった 景色と 

ずっと言えなかった言葉 

生まれ変わっても あなたに会いたい

続けて、コウくんの語りが入り、AREAいっぱいに、まるで雪が降り、その星空に舞い上がるように、「STARLIGHT SNOW」が唄い上げられる。この曲もまた、時の流れの中で、二度とは帰らぬ想いと人を歌っている。季節は巡る...それでも、その時は、その人は、決して戻ることはない。だからこそ、この歌が響く。響き続ける。この歌さえ、もう二度と聴けなかったとしても。

あぁ 仕草も 声も 涙も全て

僕の中で生きている

「冬の星空の下 雪が降り積もればいいな」

本当は笑顔が大好きだった

今でも信じてるよ きっと君は星になった

降り積もるよ STARLIGHT SNOW

(続く)

 

 

より以前の記事一覧

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ