玲里さん『クリスマスの告白』リリース♪

そして、同じく11月26日にリリースされた、玲里(れいり)さんの配信シングル『クリスマスの告白』

Rayli1『クリスマスの告白』ジャケット写真

(読売テレビ「キューン!」12月エンディングテーマ)

こちらは、とてもとても、あったかい曲

自分は、玲里さんを聴くと、いつも、ニュートラルな自分に戻れる気がします

(自分の中では、イチオシの女性シンガーソングライター

今は、あまり多くを語らずに、ただ、紹介したい、多くの人に聴いて頂きたい…だけなので、短い記事にしておきます。

来年2月には、新曲『虹のふもと』が、映画『マンゴーと赤い車椅子』(2015年2月7日公開)の挿入歌に決定とのこと。

玲里さんのオフィシャルは、こちら。

ぜし、ぜし、チェック♪チェック♪

次のライブは…

12/30(火) 代官山 晴れたら空に豆まいて
       【松本リョウスケ×吉良知彦《ZABADAK》】
       出演:松本リョウスケ/吉良知彦 ゲスト:玲里/中川真吾
       開場/開演 18:00/18:30 (18:30~出演予定)
       前売り/当日 ¥3,000/¥3,500 (ともに+1drink ¥600)

ますます、来年も、ご活躍を期待しています

PS.超個人的な、ものすごく勝手な感想で、自分は、玲里さんと、先に挙げた、SRASH NOTES GARDENのHatch(はち)くんに、似たものを感じています。いわゆる、実力派の芯のあるシンガーソングライターというか…アーティストというか、ジャンルは違うれど、どちらも、人の心をはっと目覚めさせる何かを持っていらっしゃる方です。ぜし♪

 

玲里さん♪7月&8月恵比寿天窓switch

先月(7月)と今月(8月)に行ってきた、玲里さんのLIVE

どちらも、恵比寿・天窓switchで

まずは、7月30日(水)セットリスト

1 FAKE
2 ラビリンス (自分は初めて聴いた曲)
3 NEVER LET ME GO
4 ロンリー・ロリータ  (新曲)
5 ZERO
6 ドキドキドク
7 JOY

アンコール:HERE TONIGHT (難波弘之さんと)

Dsc_0848_2

そして、8月23日(金)セットリスト

1 FAKE
2 いちご色の人生
3 NEVER LET ME GO
4 サンタ・ロリータ (こちらの題名に
5 虹のふもと  (新曲)
6 ZERO
7 ミザリー (難波弘之さんと)
8 ドキドキドク (難波弘之さんと)

Dsc_11061_2

どちらも3組での対バンだったのですが、7月は、玲里さんは、4組めでトリ、8月は、2組めで次につなげる立場…それぞれのセットリストを楽しむことができました

以下、流れに関係なく、印象に残った曲を(覚書のような感じで)

7月のLIVEで、初めて聴いた情熱の歌が、先日のLIVEでは、題名が定まったようでサンタ・ロリータ」(以下、正しい歌詞の表記はまだわからない&聴き間違えもあるかもしれない…のですが、聴き取れた部分だけ)

あれはたしか 三度目のくちづけ 

同じ穴のムジナ ただ感じていたい

…もう、ここだけで玲里節、炸裂という感じですが。。。「ロンリー・ロリータ 恋は甘くない」「サンタ・ロリータ 赤く 深く 堕ちる…と本当に、見事に堕とされる感じになります乾いたアコギの激しい音が、本当に心地よくて…ドキドキ…これ、男性の皆さんが聴かれたら、ちょっと、ヤバいですよ~8月のLIVEでは、ブルーデニムのワンピ赤いぺたんこの靴…ファッションセンスも、いつも素敵な玲里さんです(必ず、どこかにスパイスが効いているところがいいですね

7月のLIVEで、もう1つ印象に残った曲は「ラビリンス」(その時点では仮題とおっしゃっていました)

そして、思いがけなく、玲里さんの幼稚園時代の初恋の方が…

…デヴィッド・ボウイだと判明(笑)

その映画のタイトルの影響もあるようですこちらは、しっとりとした曲(表記ミス&聴き間違いあるかも…今は、ご勘弁

君のため ひそやかに積み重ねよう

ひそやかな水面(みなも)の構図

せめて君の影になりたい

…やっぱり、堕とされますねぇ~早く歌詞カード見ながら、浸りたいです

そして、8月のLIVEでの新曲は「虹のふもと」

 (印象に残った部分のみなので、表記&歌詞間違い&つながっていなかったら、すみません

ねぇ がんばらなくていい

触れずに抱きしめてくれたから

言葉がきれいすぎて…想いはいろどりすぎて…

こんな感じで、とても優しい曲でしたとても、ほっとさせられながら、初めて生まれてくる音と声を、こちらの身体の中に、沁みこませて頂いた感じです

玲里さん「初めてのアルペジオでした今後ともよろしくお願いします

そして、どちらのLIVEでも、特に心に響いたのは、2nd AL『NEVER LET ME GO』のタイトル曲「NEVER LET ME GO」

この曲は…いつも、聴く瞬間によって、本当にいろんなことを感じさせてもらえる曲です

玲里さんの声も、曲も、本当に、いつも大きな感情のゆらぎの中にいる…そして、その中から生まれ出る、純粋なまでの優しさと、恐ろしいまでの正直なエゴの間で、揺れ動く人間の感情を吐露して、浮かび上がらせてくれます感情の機微というよりも、ダイナミックな、うねりとなって、音楽がココロに響いてくる…そして、いつも、ふらふら、ちまちました自分の心をまっすぐにしてくれる…そんな、不思議な効果があります(⇒処方箋は、個人によって異なります…が、たまにメイド服も似合う、名医でもあります

いや、震撼させられるくらい、キュートなシンガーソングライターさんです

少しずつ、新曲が披露されていくと…じわじわと、また新しい世界が広がっていく予感も感じつつあせらず、納得のいく曲が、たくさん生まれますように

わくわくしながら、ゆっくり楽しみにしています

Img_20130825_222119_2

かつ、どちらのLIVEも、サポートで入って下さった、難波弘之氏(大先生)のキーボードは、いわずもがな素晴らしく「譜面もってないよ~とか「あれ?そうでしたっけ?とか、いつもお茶目な面も見せて下さいながらも、圧巻の演奏もう、ピアノから、海も草原も…夜空も風も、星も、雲も…ゼンブ一気にあふれ出る感じ

山下達郎さんの全国ツアーが、27日からスタート

難波氏「初日は○プランのセットリストでいきます(笑)」…とのこと

そんな慌ただしい中でも、9月も玲里さんとの共演が2回

9/9(月) 代官山 晴れたら空に豆まいて【キドキラカタンレイリ】
      吉良知彦/鬼怒無月/日比谷カタン/
      玲里トリオ〈玲里(vo,pf,ag)×吉良知彦(g)×難波弘之(key)〉

9/23(月・祝) 吉祥寺 ROCK JOINT GB
         玲里バンド〈玲里(vo,g,key)×松本慎二(b)×森信行(ds)〉

9/26(木) 渋谷 THE ROOM 【THE HIT'S!? 2nd 投げ銭ライヴ@THE ROOM】
       池田憲一(b/a.k.a.ROOT SOUL)×森信行(ds)×難波弘之(organ)
       ゲスト:YUHKI(flh)、玲里

段々と近づいてくる、秋まっさかりの音に向けて…ぜし

Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ  

玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」⑨♪

(続き)

~アンコール~

出演者の皆さん、それぞれグッズの「玲里Tシャツ」を着て(男性陣の皆さんは、白。玲里さんは、オレンジアビーロードのようなデザインだけど、横断歩道ではなく、鍵盤の上を左側に向かって歩いている玲里さんのシルエット

Img_20130323_214804_3

難波先生「Tシャツが日本一、似合わない男…(ご自分のことを…いやいや、そんなことないですよ

吉良さん「(徳ちゃんを見て)…Tシャツ『も』似合う男。。。(何気に視線が厳しい(笑))

徳ちゃん「…打ち上げが怖い(笑)

出演者全員がそろってのアンコール

まずは、よく玲里さんLIVEの最後に演奏される「JOY」

22. JOY  (バンド&ゲスト全員で。玲里さん、アコギ、徳ちゃん、アコギ&コーラス)

儚い夢でも 見れるだけいいのかもね

ひたすら信じたものが

無くなるわけじゃないから

心が 君を求めてる

哀しみもこの涙も つきないから歌うの

心が 君に向かってる

鮮やかな喜びを 覚えたなら

明日は 輝く

(lalala~

玲里さんアコギ、難波先生キーボード、吉良さんアコギ、徳ちゃんアコギ、松本さんベース、森さんドラム全員で…最後は、「lalala~」で必ず手拍子が入る曲本当に喜びに満ちた玲里さんが、この日は、ぴょんぴょんうさぎのようにその場で跳ねて、回りながらの「lalala~

こちらも満面の笑顔で歌って、手を叩くことができました(サポートメンバー&ゲスト、袖へと退場)

玲里さん「ひとりで始めたので、最後はひとりで歌おうと思います…でも、みんな(お客さん)がいて下さるので帰りにチラシの中に(手書きの)年賀状が入っているので、捨てないで下さい(笑)じゃあ、22:30完全撤収なので…本当にありがとうございました

そう言って、最後は、アコギでひとりで歌い始められる玲里さん

23. HERE TONIGHT

信じることで 救われるのか?

昨日の罪を背負い

煌めく夜に 笑っていいよ

優しすぎるの いつだって君は

I'm just here for you tonight

涙がでるほど ぎゅっと

抱きしめるんだよ

ひとりで歌われたはずの玲里さん

でも「I'm just here for you tonightの部分で、サポートメンバーの皆さん&ゲストの徳ちゃんも一緒に歌いながら、再び全員現れるという(心憎すぎる~

完全に、それは打ち合わせなしだったんでしょう。一瞬で、玲里さんのココロの弦が、大きくはじかれて。。。こみ上げるものを抑えきれない姿がありました

I'm just here for you tonight

喜びの歌を そっと 君にあげる

涙ぐみながらも、最後まで歌われる玲里さんを、本当に会場全体のあたたかなまなざしと愛情が「ぎゅっと抱きしめ」て、その愛情をさらに「ぎゅっと抱きしめ」て歌われる、そんな「HERE TONIGHT」…Eggmanに集われた皆さんの愛情が、ぎゅっと詰まった感無量の「HERE TONIGHT」でした

玲里さん「泣かされた~(涙)(笑)

最後の最後に泣きながらも、沢山の愛情に包まれて、沢山の愛情とともに、一緒に歌えたことが、玲里さんにとっての最高の初ワンマンRayli Songs Night」だったんじゃないか…そう感じた、熱い熱い、濃い愛情に満ち溢れたLIVEでした

これからも、たくさんの喜びや愛情とともに、哀しみや憎しみや切なさもいっぱい感じながら、闇を光に変えていけるような、玲里さんらしい歌を、たくさん歌って頂きたいなと思っています

Img_20130323_210550_4

玲里さんの音楽に出会えた、感謝をこめて

(長々とした文章を、最後まで読んで下さって、本当にありがとうございました歌詞は、必要な部分だけ『引用』させて頂きました。録音などはしておらず、メモだけなので、MCの細かい部分は、多少アレンジしていますが、初ワンマンLIVEの雰囲気が伝われば幸いです

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント@satoko_mylife

玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」⑧

(続き)

19. 天国へのカウントダウン 

再び、ピアノ前に座る玲里さん。クライマックスに近づいて、アルバムの中でも、特にダイナミックな変化をとげる曲が続いていきます

僕の目の前で泣いていた 

君ひとり救えなかった

それでもまだ信じてる いつかまた逢えるって

天国へのカウントダウン

限られた時間の中で

思いだけ先走って 思い出に後ろ髪引かれ

君が恋しいよ

途中で、ドラムの森さんが、マレットを持って、シンバルをやわらかにクレッシェンドされたり、バーチャイムを入れて、「シャラララ~ッ」と鳴らされたりして、ココロの高鳴りを存分に歌う玲里さんを支えられます「生きる意味って何だ?」と問いかけながらも、日々続いていく「君」への思いだけを信じて生きていくしかない「僕」。毎日が「天国へのカウントダウン」…それは悲壮感ではなくて、むしろ「いつかまた逢える」…という、叶わない希望に満ちた歌。。。せつないけれど、そのせつなさを、あふれる音楽の光に変えて歌う玲里さんが、とても凛として輝いていらっしゃいました

玲里さん「終盤になってきました。さぁ、ついにこの曲を。。。にぎにぎ

そういって、再びスタンバイもうこの曲しかないなと思ったのは、アルバムの中でも、「ライブになったらどんなふうに化けるのか」楽しみでしょうがなかった曲です

20. ペシミストの夜明け

誰か教えてくれ どこで掛け違えたか

傾いた部屋で まっすぐいられない

ああ まだ僕は 声をなくしたまま

ああ まだ遠い 夜明け前の闇を見つめて

ゆったりとした曲調から、一瞬にして、再び心の闇へと落としてくれる玲里さん

鏡の中では 影を持たぬ ただひとりのLady

身体を譲れと 高く低く 繰り返して笑うよ

右から2番 左から5番

どんな姿 お望みでしょうか

ライトも真っ赤になり、中間部の葛藤の部分を経て、「鏡」の中で、どんな自分になればいいのか、もがき苦しんだペシミスト(悲観的な人)夜明がやってきます「理想の顔は つぎはぎだらけ…『歌詞』は、あくまで『歌詞の世界』で成り立っていると思いますが、それでも、きっと玲里さん自身も、いろんな葛藤の中にいた一人だったのかもしれない

間奏での難波先生のキーボードが炸裂し吉良さんのソロはエレキギターで、そのもがき苦しむ魂を歌い上げられます心の悲鳴にも聴こえる狂おしいソロは、やがて、穏やかな朝の光に迎えられ、ひとりのあるがままの「僕」になっていく「影を持たぬ ただひとりのLady」が、意志ある「僕」へと統合されていく

ああ 時が来たよ 僕は自由になる

ああ 恐れないで せまる光と影たたえよう

そして僕は_

玲里さんの後ろにいらっしゃる、4人のコーラスが、最も強く響いて…『音楽の魂』とともに、この場へと、そのペシミストの魂を、しっかりと根付かせて下さっているかのようでした

玲里さん「3年前に高田馬場でLIVEしたときは、お客さんが本当にゼロだったんですが…今はこんなにお客さんがいて下さる。…うれしい。やってきて、よかった。来てくれて、ありがとう

…このMCは、本当に、聞くこちらが、もう、うるっ(涙)となって。。。そんなこと初めて聴きました~(単に、自分が玲里さんのことをまだ知らないだけなんですが)今、思い出しても涙が出てきます(うるうるっ

玲里さん「いよいよ最後の曲になってしまいましたが…(観客 「え~っ」)

玲里さん「次の曲、長くやるので、大丈夫ですよ(笑)

そういって、本編の最後に歌って下さった曲は、とても賑やかな曲

21. HAPPY ORIGINAL DAY

一進後退の日々を

僕から願い下げしてみたい

でも...生き急ぐのは趣味じゃない

僕は君じゃないし

逃げてばっかじゃ悔しいし

ものすごい才能があふれている玲里さんですが、きっとそんな玲里さんだって、「一進後退」…いや「一進一退」で、もがいてもがいてでも、やっぱり喜びを持って音楽をされて、進んでこられたのだろう…と感じられる曲

I'll never cry for these ordinary days

何もなくたってキラキラ

幕を上げて ピンライトであてて

いま 静かな革命 起こして!

きっと、近道はなくて…「玲里の道も一歩からに違いない

難波先生のキーボード・ソロ、森さんのドラム・ソロ、松本さんのベース・ソロと続き、ゆかいに楽しく「Na~na~na~を繰り返して、 決して泣かないまま…にっこにこの笑顔で、まさに「HAPPY ORIGINAL DAY」な初ワンマンLIVEの本編を締めくくる玲里さん

巧みに構成された「ペシミストの夜明け」からの「HAPPY ORIGINAL DAY」へのつながりに…本当に指先からも、最高の笑顔がこぼれているかのようでした

(ラスト、アンコールへと続く)

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント@satoko_mylife

玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」⑦(徳ちゃんゲスト続き)

(続き)

1曲終わって、次の曲に向けて、何気にマイクの位置を「高く」直す、徳ちゃん観客の視線が、徳ちゃん登場から一気にそちらに移っている

吉良さん「いいなぁ~

玲里さん「初の嫉妬が。。。(笑)

難波先生「背も高くて男前で…ベースもギターもピアノも弾けて…歌も歌えて…

徳ちゃん「…あとの飲み会が怖い(苦笑)…あの、僕、難波先生って、呼んでいるんですけど、本当に先生なんです僕の大学時代の恩師で…(うれしそうに、難波先生の方を向いて話す徳ちゃん)(初めて知られた方々 おお~っ

難波先生「就職の面倒も見ましたね(笑)」

徳ちゃん「そうなんですよ~(笑)(doaというバンドの話や、NHKスクールライブショーの審査員もしている話になって…

徳ちゃん「ちびまる子ちゃんの裏で、やっています(笑)えらそうな顔して、(高校生に話しているんですが)何言ってんだ…って感じでよかったらご覧になって下さい

ゲストとの2曲めは、玲里さんのCDでも、徳ちゃんがベースを弾いている「FRIDAY MORNING」何気ない日常の愛情を歌った歌です

玲里さんは、今度はアコギで白い音符マークの赤いストラップが、白いブラウスに映えます

17.FRIDAY MORNING

見慣れたような 空とビルも

あたたかく見えて

当たり前とか ありきたりに

感謝してる

逃れられない 

そんな時には 笑うことを選ぶよ

おはよう ありがとう

光にキスして

おはよう 今日の日を愛で始めよう

Friday morning

Love is  on the wing

Friday morning

Love is everywhere

間奏で、口笛を入れられる玲里さん徳ちゃんのベースは、玲里さんの歌を生かしながら、今度は穏やかな風となって、葉っぱや小枝を揺らすかのよう

木漏れ日のような玲里さんの声が、ただそこにある今日の日を愛することへの感謝となって、降り注いでいきますまだ雪の残る東京、でも、透き通る晴れやかな、Friday morningから始まったこの日...しがらみの鳥かごから顔を出し、弦を弾くその指先に乗せられて、自由に羽ばたいていく、ココロの鳥が見えたでしょうか?

続けて、もう1曲、ALの中で、徳ちゃんと共演されている「メルシー」

CDでは、フランスのカフェで弾くような、田ノ岡三郎さんのアコーディオンが光りますが、ライブでは、難波大先生玲里さんは、ウクレレを出して、徳ちゃんはアコギに持ち替えて、前に出て弾きながら、一緒に歌われます

18.メルシー

La la la la la la la la la

本当の愛があれば 

いつか届くはずさ

本当の愛があれば

いつか芽吹くはずさ

Merci 僕うれしいよ

Merci 僕うれしいよ

君の花が咲いた

君の花が咲いた

玲里さんは、よく「メルシー」という言葉を好んで使っていらっしゃいます(ツイッターでも、ライブのMCなどでも)という言葉も、時々、使われる…フシギと似合われる一人称

男性っぽさというよりは、少し自分を謙遜したような、でも、しっかりと自分を持っている…玲里さんが使われると、そんなイメージがします千変万化する玲里さんの声が、この歌では、とても素直でかわいらしいので、そこに、徳ちゃんの低音ボイスが入ると…絶妙のコーラスとなって…一瞬、パパと娘。。。いや、そうではなくて…徳ちゃんの低音が、しっかりとした土壌となって、玲里さんの花の芽を本当に、すくすくと芽吹かせてくれているようでした

全員でのコーラス、間奏は、難波先生のキーボードソロ(ピアニカもあったかも)そして、ラストは、竿ものたちが、かき鳴らす、かき鳴らす玲里さん、吉良さん、徳ちゃん…弦の大合唱とともに、本当に楽しそうな「イェーイ」となって、こちらが胸いっぱいの花束を受け取るような感覚になりました

玲里さん「ゲスト徳永暁人~

徳ちゃん

さわやか、にっこにこスマイルで、超~イイ感じで、徳ちゃん、一旦、退場~(好印象残しつつ…

デカイ人物がいなくなったので…

吉良さん「あー、視界が開けた(笑)」(すごく、せいせいした感じで

吉良さん「2m越えていたんじゃないですかね…いると狭い、狭い(観客 爆笑

難波先生「スカイツリーよりは、低かったかもしれないですね(観客 爆笑さすが難波先生

吉良さん「ダイオウイカぐらいですかね(観客 大爆笑

難波先生「ダイオウイカぐらいかもしれませんね(ゲストの姿は消えても、どこまでも続く、お2人の徳ちゃんいじり実に愛情たっぷり

カーテンの後ろに、どこまで聴こえていたかはわかりませんが…お2人の徹底した、いじりっぷり「なるほど(笑)こうするのか…まだまだ勉強不足だわ~(笑)」という感じに見えた玲里さんでした(笑)

(続く)

(ゆっくり、ゆっくり

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント@satoko_mylife

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ