« doa☆3way street☆東京セトリ(自由学園 明日館) | トップページ | バレンタインって、いつだろう? »

doa☆3way street☆東京レポ編(自由学園 明日館)

東京レポ編です

どのライブの感想を書くときでも、応援したい気持ちと、自己表現のひとつとして、書いていけたらなと思っています

doa「3way street」東京(西池袋)自由学園・明日館

2019年2月6日

重要文化財の「みょうにちかん」は、まるで、教会の雰囲気

doa3人が登場して、徳ちゃんが、ピアノの前に座ると…

「起立!」と、ヨッシー(会場、どよめき)そのまま「礼!着席!」で、スタンバイ

1曲目のピアノのイントロが鳴った途端、季節が、もう3月になっていきそうな感じがしました

1.旅立ちの歌     徳ちゃんピアノ)

  懐かしい名曲の「旅立ちの歌」ジャルジャルさん出演のMVや、リスナーからの写真をもとに作られた「もう一つの旅立ちの歌」もありました。自分も大好きな曲のひとつです

 もしも君がそばにいなければ 今の僕はここに居ない 

  居れるはずもなかった

  ありがとう くり返すよ 言えなかった最後のことば 

  この歌にのせて 君にとどけ

  旅立ちの歌

2.LOCK MONKEY ROCK!!    (徳ちゃんピアノ)

 続けて、ちょっとアブナイ、おサルさんの歌 熱血ヨッシーボーカル、大田さんの上ハモ、徳ちゃんピアノバージョンで。(歌詞はあえて控えます(笑)気になった方は検索♪)

3. Wave Your Hands

 久しぶりに聴いた感じがする、手を振る歌あったかい曲です

 手を振ろう 手を振ろう 今いるその場所から

  コツコツやってる君を きっと誰かが見てる

4. Imagine

 爽快な青空を抜ける、飛行機雲が見えてきそうな歌これも、doa流のポジティヴ・ラブソング不安な気持ちが、最後は、絶対、大丈夫!という感じになっていきます

 「いつも週末まぐらいしか会えないよな でも今週末は仕事だなぁ。」

  「大丈夫」って送ってくんなって  それ余計に気になんだって

  ”とりえあえず君の居る世界 俺なりに守るから”…なんて言われてみたいですねぇ

  “Let's Imagine Let's Imagine 全部うまくいくこと”が好きです

   未来は描いていくものヘタクソな絵でも

5.エンヤコラ

 この曲も、ヨッシーの包容力あるボーカル&歌詞あってこそ応援歌というより、これも深い、大きな意味でのラブソングに聴こえます大田さんの上ハモ、徳ちゃんの下ハモどちらも絶妙すぎる

 エンヤコラ エンヤコラ 君が望む方へと

   Wherever You Want   

   Wherever You Want 突き進めばいい

6.坂道

 「懐かしい曲を歌おうと思います。1st ALより…1st ALのタイトルわかる人」(なぜか、少ししか手が上がらない皆さんシャイなだけ?すぐ思い出せないだけ?焦るヨッシー

 「た、たのむよ~Open_d(オープンディー)といいます(笑)…みんな知らんのなら、新曲やな(笑)」(会場笑)

 終わりのない坂道はきっとないから 

     君が僕に甘えれるように 強くなる

 これも、ヨッシーの歌詞なんだなぁ(この~といいたくなるくらいめっちゃタフな優男なんで、こんな歌詞書けるねん。。計算ないところがズルい

7.終わらないYESTERDAY   (徳ちゃんピアノ)

 大田さんリードの名曲中の名曲もうこの曲は、酸いも甘いも知っているであろう、オトナな大田さんの人生ソング珍しい徳ちゃんピアノバージョン。大田さんの声質と優しい歌い方が生きる曲

 忘れるから生きられる キレイにはなれないよ それでいい

  そのときの自分を好きでいられるように

 day after day 動き出す街

  そして最後に笑っていたいと願う 

     あの光をつかみたいと この手を伸ばしている

~日本地図を塗ろうコーナー~

   リーダー徳ちゃんと一斉じゃんけんして勝ち残った人が、地図を塗れるコーナー。

  東京は、何度も来ているので、すでに真っ黒だけど、8回目も塗り塗り

~それぞれのリード曲を歌います(くじ引き)コーナー~

  チケットの半券の番号で、3人選出。それぞれが持ったBOXから、ひとつ引くと、そこに、それぞれのリード曲が書かれていて、それを3人が歌うというもの。

8. 季節が変わる頃またここで会おう  (大田さん、リード曲)

9. SMILE  (ヨッシー、リード曲)

10. 365のダイヤモンド (徳ちゃん、リード曲)

  それぞれのリード曲を、しっとりと、あたたかく、かつ、キラキラしたものも秘めながら、歌って下さいました切ない気持ちや、人を優しく想う気持ちが伝わってきて、あぁ、やっぱりdoaの楽曲と3人は、素晴らしいなぁと感じました

  ⇒なんと、9.10は、偶然、ご夫婦が当選。そして、結婚式で「365のダイヤモンド」を流されたという。神様か天使が引き寄せたかのようなくじ引きのめぐりあわせ 始まる前の、徳ちゃんのMCがカッコよすぎて(笑)、思わず、笑ってしまう大田さん…に釣られて笑う会場(マジメなMCだけど、カッコよすぎ、徳ちゃん・・・365日がダイヤモンドのたとえ

~doaンプ紹介~

 トランプに、doaのメンバーのイラストが入っていて、やがて、47都道府県を制覇するころには揃う…はず?!

~ご当地ソングコーナー~お客さんからキーワードを挙げてもらい、大田さんが歌詞を決めて、即興で徳ちゃんがメロディーを作って、3人で歌う。今回は、「池袋」の歌。

   「サンシャイン60 イケフクロー 母校 母校 イケブクロウ」(徳ちゃんの母校の音大が池袋にある

11.真冬の花    (徳ちゃんピアノ)

  ヨッシーリードで、今回、アコースティックver.のCD「Acoustic FREAK vol.3」に、「エンヤコラ」と一緒に入っている。これも、しっとりとした名曲。

 真冬の花よ 儚き夢よ 

  咲いては散り 雪のように掴んでは消えた

  時の流れに身を任せても

  忘れようと思うほど募る思い

  (…心に響いてきますね大田さん作詞、徳ちゃん作曲、ヨッシーリードでのバラードの真骨頂という感じ。「儚き夢よ」の後のピアノの三連符での降り方、感動ですちゃちゃちゃ×2

12. はるかぜ  (徳ちゃんピアノ)

  doaには、春を感じる曲が意外に多い?のだけれど、その中でも、春といえば…この曲イントロでもう泣けるくらいの、桜の木のように、儚くせつないけど、力強いバラード

  はるかぜが 追い抜いてゆく 

   せつなさを包み込むように

   季節が巡って 街の色がどんなに変わっても

   あの頃の気持ちは変わらない

13. 春一番に

  これも、1st AL「Open_d」より。暖かな風が吹いてきて、嫌なことをすべて、吹き飛ばして、大好きな人が迎えにきてくれそうな曲

  WOW なんだっていいや もうどんなんだっていいや

   そう君と僕ならばNo...limit! 果てしない世界が待ってる 

   だから迎えに行くよ 春一番に

14. オンリーユー

  大田さんリードの年とっても好きな人が傍にいれば、それで十分!かな?という感じの曲

  オンリーユー ちゃんと帰るくせに 

   オンリーユー 帰る場所はひとつ

   オンリーユー おまえしかいないよ~ オンリーユー

15.Everybody 今この時を輝いて

 doa3人のリードでの、最新AL「ISLAND」の最後の曲前向きなメロディーが、ポジティヴな未来へと連れて行ってくれそうな曲です

 いつまでもいつまでも トキメク気持ちを 

   そう難しく考えない Ah Ah Ah Ah

   ちょっとずつちょっとずつ魔法が 解けても

      夢見る心止めないで Ah Ah Ah Ah

 Everybody 今この時を輝いて 

      Everybody 全力で笑おう One More Time

      Woo One More Time

 

~アンコール~

en1.Bye-Bye デフレーション

  久しぶりに聴いて、セトリに入れるのをすっかり忘れましたが、なんとか思い出しました

  甘い笑顔で誘う あなたに振り回される 

   先が見えない わからない

   でもハマってるにちがいない

  Bye-Bye-Bye デフレーション 心のデフレーション

   More More More リノベーション

   Hey! Hey! 踊り出せ!

   徳ちゃんと大田さんの掛け合いや、みんなで、手拍子を「パパン‼‼」と入れるところが気持ちよかったです「有言実行」「不言実行」そして、いつかまた、「ユウゲンテイ実行」

~その後、みんなで新曲(いつか生まれる)に入れる掛け声を録音

  「Hey!!」と「Yeah!!」を録りましたが、練習がいらないほど、大きなパリッとした声で、3人とも「すげぇ‼!」と満足そうでした

en2. CALIFORNIA SUNSET

  最後は、doaにしかできない、がっちりとした、3声ハーモニーが美しく、力強い曲。カリフォルニアの夕焼けの海が見えて、波の響きが聞こえるようです途中からは、明るい明日へと、自分自身で進めそうな曲調になっていきます

 波の音に耳をすまして 大空に舞う鳥を見た

  後悔も誓いも忘れよう 思い出が色を変えてゆく

 そして自分がここにいる 誰のせいでもなくここにいる

  確かに僕は望んで来た 望んでここにたどり着いた

  CALIFORNIA SUNSET   泣けるほど SUNSET

    CALIFORNIA SUNSET  LET'S GET STARTED

   ひとつのライブが終わるということは、次のライブへのスタート地点に立つということ。今日が終わるということは、今日が昨日になり、明日が今日になるということ。

当たり前のようでいて、doaや、全国から集まるdoaファンの友人たちに出会えているのは、奇跡に近いこと

徳ちゃん、大田さん、ヨッシー、本当にありがとうございました

また、doaに、doaを通して知り合った仲間に出会い、向き合えますように感謝をこめて

« doa☆3way street☆東京セトリ(自由学園 明日館) | トップページ | バレンタインって、いつだろう? »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« doa☆3way street☆東京セトリ(自由学園 明日館) | トップページ | バレンタインって、いつだろう? »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ