« 2016年12月 | トップページ

「甘い暴力」始動へ☆

12月18日新横浜New side beachから始動した「甘い暴力」。

「白日ノ夢」「黒姫の夢遊病」が合体したバンドで、「スウィート・バイオレンス・ロック」というジャンルを掲げ、動き出しました。

Img_5755

ボーカル:咲(サキ)くん、上手ギター:文(アヤ)くん、下手ギター:義(ヨシ)くん、ドラム:啓(ケイ)くん。

1月29日の大阪RUIDOでの始動ショーケースワンマンを経て、明日、2月5日渋谷REXでの始動ショーケースワンマンに向かおうとしています。

現在の音源は、昨年のVISUAL GRAFFITIでの入場特典の無料配布音源「嘘キス」(フリーペーパーGab.にも一部添付)と、

0th SINGLE「溺愛シット」(デキアイシット) 

1.溺愛シット
2.本能
                                 
 

2016年12月18日(日)発売
¥1,000(税込) CRLC-0023                            

イヴ会場にて販売中flair

そして、現在、ライブで披露されている4曲を、3月14日にリリース予定。

0th EP「君、依存、タトゥー」 

1.君、依存、タトゥー
2.笑顔でいるってめんどくさい
3.ファッションメンヘラ
4.夜乙女
                              

2017年3月14日(火)発売flair
¥1,500(税込) CRLC-0024                                 
 

ライヴ会場にて販売。

どちらも、現在は、ライブ会場限定のリリースになっています。

スィート・バイオレンス・ロックという、少し聞き慣れない言葉の示すものは?

いろいろな不安や戸惑いの中、何を信じて、どう生きていけばいいか、生きることを、つい、こじらせてしまう現代の中で、「病んでしまったお姫さまたちへ」届けられるものは、なんなのだろう?

きっとそれは、ガラスの靴でもなく、かぼちゃの馬車でもなく、カゼ薬でも、毒薬でもなく。

恋愛というカタチのないものでさえ、ドラマや雑誌の中に、流行と理想のモデルを探してしまう昨今。まして、教科書にも載っていない、「生きていく筋書き」を、自分で描き切れなくて、SNSの中を必死に指で探して、病んでしまうお姫さまたちが、現代にはたくさんいる。いや、本当は、お姫さまたちだけではないのだろう。

そんなお姫さまたちに必要なものは、きっと、ガラスの靴を届けに来てくれる王子さまではなく、勘違いの恋愛に浸らせてくれるだけの……でもなく。

飛び散る汗と、熱い音と声の渦の中に、一緒に振り付けを踊るようなメロディーと歌詞が溶け込んだ甘く激しい夢の先に、向き合う「世界」が魅せてくれるものなのではないだろうか?

切ないこと、うまくいかないことが多い毎日に、つい、思ってはいけないことを考えてしまうような感情も、生きて、もがいているひとつの証であって、決して、感情を押し殺して、あきらめてしまえばいいというものではない、、、のかもしれない。

今、生きている現実の世界をこそ、信じていける「何か」を、目の前のくもった世界を一皮むいて、新しい「何か」を見せてくれるような、そんなライブを期待したい。(…と思っています。)

「何か」が、夢や希望だけでなく、むき出しのドロドロした感情や本能だったとしても、それでも、きっと、それが、矛盾をはらんだ人間を、どこかで信じ愛したいという、『甘い暴力』の片鱗がちりばめられたものであることを祈ってclover

甘い暴力 始動記念ショーケースワンマンライヴ「甘い暴力」
2017年1月29日(日)OSAKA RUIDO
2017年2月5日(日)SHIBUYA REX
CAST 甘い暴力
OPEN 17:00 START 17:30
ADV ¥2,410 (D代別) DOOR ¥2,410 (D代別)

 

 

« 2016年12月 | トップページ

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ