« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

『黒姫の夢遊病』単独戯曲(LIVE)感想+『白日ノ夢』ワンマンへ

5月13日に渋谷REXで行われた『黒姫の夢遊病』単独戯曲(LIVE)に行ってきましたnote

Img_1248bk

リィザ(夢遊歌唱) と ゼル(黒の六弦)

Bk160513_2

1週間前に『白日ノ夢』が動き出したこともあり、白に対して、黒はどんな感じなのだろう?という、期待にあふれた始動ワンマンshine(前売り3000円、当日無料!)

アーティスト写真のイメージでは、とても優雅な雰囲気が漂っていたのですが。。。1曲目から、あっけにとられながらも、予想とは違ったインパクトに魅了されてしまいました(笑)^^;;

幕が開き、中央に眠ったリィザ姫、上手(右)にゼル騎士、そして、目だけが見える仮面をかぶった、ベースとドラムのサポートがいらっしゃいます。(ベースは、白黒ともに、元Gimmick.のJITANくん。ドラムは、黒は新しいKeiさん。白は現在未公表。定着されるか、今後変化があるか?)

まず、驚いたのは…リィザ姫は、素足footcoldsweats01てっきり、ヒールかブーツでも履いてくるかと思いきや、左足にミサンガとペディキュアもしっかり塗ってのご登場heart02

リィザ姫のブログに、「ざん、ざん…」という音のことが書かれていますが、まさに、そんな感じでスタートしました。リィザ姫の生い立ちを唄うような、1曲目の「リィザ」という曲は、右の拳を頭から胸まで振りおろし、足踏みしながら始まっていきます。左右へのモッシュもたくさんあって、会場をどんどん動かしていくステージ。

「あくまのこ」という2曲目も、リィザ姫の生い立ちを唄うような曲。美しく、力強い歌声は、とても伸びやかに広がっていきます。

そのあと、突然、休憩タイム。MCというよりは、ゼル騎士のナレーションと、リィザ姫の紙芝居…じゃない「フリップ」(説明の文字や絵)によって、成り立つ、ほんわかタイムです(^^;;

初日の日は、ゼル騎士の「少し休憩しましょう」というナレーションに対して、リィザ姫の「そうね、少し休憩しましょう」「いちごが好きなの?」「(いちごの絵)」などが出てきました(笑)ちなみに、ロックサミットでは、やはり、ゼル騎士のナレーションで、辺りに変な生き物がいるらしい?ということから「変な生き物って何?!」という文字などcoldsweats01

リィザ姫は、歌は歌われますが、どうやら、話すのはお好きじゃない…いや、たぶんきっと恥ずかしい?らしい(笑)(…でも、突然「マイクが外れました(笑)」とか「もう寝ます(笑)」といって、ふて寝の前に、叫ばれるときもあります(^^;;)→ロックサミットでのハプニング(笑))

3曲目の「いちごパニック」と4曲目の「黒猫姫」catは、カルチャーショックが大きいと思いますが、とても楽しくかわいらしい曲。まさにタイトルのとおりで…(笑)振りもキュートで、いちごを♡で作ったり、猫の手も出てきて、一緒に猫の真似をしたりします。(…意外に楽しいので、恥ずかしがらずに)ここでも、観客を動かすステージ。

そして、5曲目の「純黒のジャッジメント」では、アニソン歌手のように、キメる振りもあり、ちょっと野性味もある、カッコかわいいキュートなお姫さまの様子に、圧倒されっぱなしでした。ゼル騎士も、どの曲かで、バイオリンの弓を取り出して、エレキギターに合わせる演出もあります。

でも、ただ単に笑いやウケだけを狙っているのではないのが、6曲目の「旅立ちの輪舞曲」や7曲目の「夢遊少女」を聴くと、伝わってきます。リィザ姫が頭が痛くなるのは、どうやら、どこかでリィザ姫を呼ぶ『声』がするらしい。。。その声がするのと、リィザ姫が夢遊病になって、徘徊するのとは、何か関係があるらしい。(以下、セットリストはオフィシャルより)

1.リィザ

2.あくまのこ

3.いちごパニック

4.黒猫姫

5.純黒のジャッジメント

6.旅立ちの輪舞曲

7.夢遊少女

早くも『黒の遺産』と呼ばれる『三部作』(3ヶ月連続、LIVE会場限定リリースCD)の発表もあり、リィザ姫とゼル騎士が、どんな旅を続けていかれるのか、とても楽しみですnotes

Kurohime_1st_riiza_2

第1部 「リィザ」

2016年6月18日(土) Release

【収録曲】
1.リィザ
2.夢遊少女

¥1,000 (tax in) /CRLC-0012

※戯曲会場限定販売

Kurohime_2nd_junkoku

第2部 「純黒のジャッジメント」

2016年7月21日(木) Release 予定

【収録曲】
1.純黒のジャッジメント
2.いちごパニック

¥1,000 (tax in)/CRLC-0013
※戯曲会場限定販売

Kurohime_3rd_tabidachi

第3部「旅立ちの輪舞曲」

2016年8月28日(日) Release 予定

【収録曲】
1.旅立ちの輪舞曲
2.あくまのこ                                 

¥1,000 (tax in)/CRLC-0014
※戯曲会場限定販売

『白日ノ夢』との関連性は?

一方で、やはり6月に発売になる、『白日ノ夢』の「事例04‐ナイン‐」(LIVE会場限定リリースCD)と呼ばれる『記憶』との同時進行での動きも気になります。

Crlc0015

「事例04 -ナイン-」

1.事例04 -ナイン-
2.事例02 -お祈り-

二〇十六年 六月十九日(日) 発売

¥1,000(税込) CRLC-0015

特に、「事例04‐ナイン‐」は、どうやら、精神病棟の夜の監視が交代する「9秒間」を指しているらしく…セラくん、チナくんにも何かが起こりそうです。

そんなセラくん、チナくんの『白日ノ夢』の単独面会(無料ワンマンLIVE)は、5月27日大阪hillsパン工場flair

単なるメンヘラとメルヘンに終わらせない…!!という声が聞こえてきそうな気がします。

ぜひ!!!happy01heart04

W160527

 

 

『白日ノ夢』ハジメテの面会(LIVE)感想

5月6日『白日ノ夢』のハジメテの面会(LIVE)に行ってきましたclover

以下、個人的な感想です。(あくまで、個人の見解として)

Topshiro Shiro160506

♪…♪…♪

新しい世界にハジメテ触れるにあたって、期待と不安が入り混じっていましたが、個人としては、まずは、向き合えた喜びが大きかったです。

幕が開いて、両腕を吊るされたようなポーズのセラくんは、チナくんとともに、写真の雰囲気そのままで、ステージにいました。(セラくん中央、チナくん上手→移動もします)

ステージ全体を囲った、リボンのような包帯のセット、ベースとドラムのサポートの方がいて、でも、白い覆い物で、顔は全く見えない感じでした。

真っ向から、観客に向かっていた、おふたりですが、どうやら、セラくんは、想像以上に、深い闇の中にいて、『面会』を重ねるにあたって、少しずつ変化を遂げていくのだろうと思います。

セラくんは、1曲めで、両腕を縛られたような、両手をクロスさせるマイクの使い方をして、そのあと、2曲めからは、両腕がほどけたようにして、自由になっていきました。

セットリストは、セラくん、チナくんのブログに上がっているとおりで、5曲。

激しいけれど、時折、ふっと浮かび上がる美しいメロディーラインには、あぁshineという、少し懐かしい感覚になりました。

その中に「幻日」という曲がありましたflair

「幻日」とは?…思わず調べたら、Phantom Sunという、“3つの太陽”が並んだように見える、大気現象のひとつのようです。検索すると、とても、うつくしい光の環(わ)さえ、見える、三つの太陽の光があります。

「幻日」…ゲンジツ…現実?と思うくらいで、セラくんは、ブログで、こんなことを言っています。

♪僕は決して、“この世界で言うところの”精神病患者ではきっとないはずなのに。 

♪その幻日(the Phantom Sun)が映し出したもの、それは僕が閉鎖病棟(ここ)に来る前に、何度も僕を救ってくれたものだったのだと思う。

おそらく、何らかの理由があって、閉鎖病棟に入ってしまった、セラくんたちですが、何かを求めているようで…それは、そこの病棟の方々には、理解できないもののよう。

かつて、セラくんたちを生かしていたものが、どうやら「幻日」の中にあるらしい。

おそらく、『面会』(LIVE)で、「祈り」を唱える=「詠唱」することで、

♪「狂っていたものが正しく戻り始めている」のかもしれません。

一方、チナくんのブログは、まるで、文字化けしているかのようですが、ところどころに見える「カタカナ」を拾っていくと、なんだか意味を成してきます。

たとえば、5月6日の面会についての記事では、

モット モット シロク ネ

イノリマダマダ トドカナイ

セラ ガ ヒトツニ ナル マデ ハ

ハクジツ ノ ユメ ニ

と読めます。

数式が好きなチナくんみたいですが、セラくんと「ワールドライン」(境界線?)の話をできるのだとしたら、ふたりとも狂っているわけがない。きっと、“狂った”ように扱われているだけで、そこ…では理解されないほどの、美しい、あたたかな世界を、一度、体験しているのだろうと思います。

そして、その世界を、きっと、「幻日」の中に見出しかけているのだろうと。

幻日…ゲンジツ…???

『白日ノ夢』になるものは、きっと、おふたりが重ねる『面会』の中にあって、(…おそらく、観客にも求められていて)、まだ、わからないけれど、きっと、どこかで、何かと出会うような予感がしますfoot

それが、少しずつ、見えてきたらいいなと思っています。

『黒姫の夢遊病』との接点は、あるのか、ないのか?

かつ、今は、全く笑顔のかけらも見えないおふたりですが、その、まなざしの中にあるあたたかさheart02と、人間の体温のある声heart02と、白きギターの響きshineshineを信じて、いつか、包帯や眼帯の傷が癒えて、笑顔が見えてくればいいなと思っていますcloverhappy01heart04

ひとまず、勝手な個人の感想までclover

 

 

『白日ノ夢』と『黒姫の夢遊病』始動へ‼

4月11日に『白日ノ夢』というバンドが、4月18日に『黒姫の夢遊病』というバンドが、世の中に顔を出しました。

しばらく前(昨年末か年明けくらい?)から、謎のバンド<A><B>が、この春に出現することが、V系で、密かな話題になっていました(→Stylish Waveというライブ開催において…)。その辺りから、ある「予感」がなかったわけではないです。

しかし、実際に発表になるまでは、なんの保証もなく…この2組だとわかるまでの時間が、とても長く感じられました。

Topshiro『白日ノ夢』 (→詳細は、オフィシャルへ)

セラくん(詠唱者)と、チナくん(響弦者)

Profile_sera Profile_china

ライブのことを、『面会』というそうです(^^;

初めての『面会』、5月6日池袋EDGE、そして、関西ロックサミットほか、怒涛のスケジュールが続きますclover(…開けてびっくり(^^;))

5月27日には、大阪・ヒルズパン工場にて、『単独面会』(無料ワンマン)

そして、もうひとつは、『黒姫の夢遊病』 (→詳細は、オフィシャルを)

Profile_zeru  Profile_riza

    ゼル(黒の6弦)                   リィザ(夢遊歌唱)

こちらは、ライブを『戯曲』といい、単独戯曲(ワンマン)は、5月13日渋谷REX

前売りは3000円だけれど、当日券は、無料!という(^^;

こちらも、怒涛のスケジュールが続きます。リィザ姫は、すぐ眠くなり、夢遊病で徘徊されるそうで(…だ、大丈夫かな?)、それを守るのが、黒の6弦・ゼル騎士とのこと。

実際に、向き合ってみないとわからない部分も多いとは思いますが、とても楽しみな2組です。

どこかで見たことのある方々の気がしますが…たぶん、錯覚(^^;

いや、でも、一応、小声で、

セラくん=リィザ姫=少年記/コウくん(Vo)

チナくん=少年記/eikiくん(Gt.)

ゼル騎士=少年記/Naoさん(Gt)

と、似ているなぁ~flairと思う方は、多いはず。

無事に始動できることは、向き合えることは、それだけで、決して大げさではなく、大切な「奇跡」に近いことだと思っています。

小声で、Wボーカルの切り替えと、2つのバンドの世界観の切り替えが、とても楽しみheart02です。

5月から始動の2バンドに、ぜひ、注目♪happy01shineshine

百聞は、一見にしかず☆でwink 

 

 

Purple Stone『歌舞伎町バタフライ』リリース♪MV企画「バタフライを捕まえろ」

4月20日に、Purple Stoneの4枚目のシングル『歌舞伎町バタフライ』がリリースされました♪

Topmainps

週刊オリコンインディーズチャート2位shine(2016年5月2日付け)

オリコンロックシングルチャート9位shineタワレコV系チャート5位shine(2016年4月18日~24日)

メジャー含めたオリコンチャート60位。

Ccr021

【A-type】
[CD]

M-1. 歌舞伎町バタフライPlay (試聴はオフィシャルを)
M-2.  RIVERPlay (試聴はオフィシャルを)

品番:CCR-021
価格:¥926+税

Ccr022

【B-type】
[CD]

M-1. 歌舞伎町バタフライ Play(試聴はオフィシャルを)
M-2. パラダイス・ダンス Play(試聴はオフィシャルを)

品番:CCR-022
価格:¥926+税

Topmainps

風麻くん(ベース)、keiyaくん(ボーカル)、GAKくん(ギター&プログラミング)

V系だけど、基盤とされている硬派なロックを、今回も鮮やかなアレンジで、浮かび上がらせるPurple Stoneshine

ますます艶やかに、表情豊かになった、keiyaくんのボーカルを、ガッチリと支えながら、3人が一体となったバランスの魅力が、一層、強くなった仕上がりです。カップリングも絶品の仕上がり。(特に「RIVER」はオススメ)

鮮やかな仕上がりのフルMVには、色とりどりの蝶が舞って、

『Purple Stone緊急プレゼント企画!! 〜バタフライを捕まえろ!〜』

という企画も展開されています。MVに出てくる、蝶の数を数えるというもので、なかなか難問(^^;; 蝶を数えながら、つい何回もMVを見てしまうという(^^;;でも、気合の入った素晴らしい仕上がりのMVなので、ぜひ、チェックです♪

夏に向けて、たくさんのライブも続く中で、きっと、一本一本が、さらなる羽ばたきへの力強い階段になっていくはず。振付動画も公開中で、ぜひ、ナマの魅力の中へ♪happy01heart04

Purple Stone 振り付け動画 【歌舞伎町バタフライ】 (↑) 

Purple Stone 振り付け動画 【RIVER】(↑)

Purple Stone 振り付け動画 【パラダイス・ダンス】(↑)

そして、4thシングルのリリースを記念して、LIVE映像も公開中!!!happy01

1~3の映像(↓)は、梅田Akasoでの「ヴィジュアル・グラフティ」(2016年1月31日)のもの。

一気に公開されたので、まとめておきますcoldsweats01

Purple Stone LIVE SPOT「アドレナリンBANG!」〜4th Single発売記念〜 1/3 (↑)

Purple Stone LIVE SPOT「LIGHT BLUE」〜4th Single発売記念〜 2/3 (↑)

Purple Stone LIVE SPOT「どこか遠くへ」〜4th Single発売記念〜 3/3 (↑)

どれも力作の映像編集、埋もれておくには、惜しいので、LIVEに参加されたことがない方もぜひ、チェック☆です。

そして、ぜひ、ナマの魅力の中へ♪初めてでも、一人参加でも、絶対、楽しめます♪

旬は逃さずに☆winkheart02

 

 

 

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ