« Purple Stone主催「進撃の紫 vol.1」その② | トップページ | 増田さん音楽制作セミナー☆MTMS(2回目)感想 »

Rozetta & CRIMZON present's 『useless』★少年記★3/6渋谷REX

3月6日に、渋谷REXで行われた、Rozetta & CRIMZON present's 『useless』に行ってきました♪

この日は、Purple Stone(パープルストーン)、Gimmick.(ギミック)、Belmosaic(ベルモザイク)、RevleZ(レブレス)、少年記(しょうねんき)の5バンドが集結してのレーベルイベント。

P1080792

東京で、この5バンドが揃うのは初めて。各バンド、この日限定の特典がもらえるということもあって、会場は満員のお客さん。かつ、初めてのお客さんや、この5バンドに注目されているであろう、関係者らしき方々も。

5バンドすべて観たかったのですが、自分は、この日は、3バンドめのBelmosaicから拝見しました。新曲を披露するBelmosaic、そして、4バンドめのRevleZもパワーアップされたステージを披露。その後、トリが少年記でした。

主催のチケットの先行発売、フライヤーも新しくなり、うれしい発表もある…ということで、ファンの期待が高まる中での出番。

現れたメンバーは、今までと同じ衣装だけれど、Newフライヤーの撮影もあったからか、少し髪型も変わっています。(この時点では自分もまだフライヤーを見ていない)上手ギターのeikiくん、下手ギターのNaoさん、ベース怜さんが登場して…スタンバイ。

そして、ボーカル、コウくん!!!

登場と同時に、歓声とどよめきが…^^;;それもそのはず、いつの間にか長くなった髪型を観たのは、初めて。かつ、さらに美しい!!!(中世の騎士のイメージとか♡)

P1080799 New フライヤー☆

ボーカル、コウくん(左上)、上手ギター、eikiくん(右上)、下手ギター、Naoさん(左下)、ベース、怜さん(右下)

この日のセットリストは、

1.もう話すことも、逢うこともないあなたへ  

2.YOUR LIES   

-MC-  

3. R&J  

4. 窃盗  

5.bloom beautifully

-アンコール- 

*ボーリングとクララタイム(「クララタイム」の呼び名はメンバーブログより)

*Absolute World 

ステージ上に現れた途端に、パッと明るくなるオーラを纏って、左手で、高々と天井にキスを捧げる騎士(ナイト)がいる。

メロディアスなサビを持った、美しく儚いイントロから、駆け出す白馬とドラゴンに乗って、装着したギターとベース、ドラムを奏で始める戦士たちがいる。

鞭打つようなビートに乗って、みるみるうちに…「虚空」が、鮮やかな、“少年記いろ”に染まっていく。

1曲めの「もう話すことも、逢うこともないあなたへ」は、You Tubeでの無料配信曲。

美しい主旋律と副旋律が織りなす、想いのタぺストリーが生まれるまでの葛藤を、ギターソロとドラム、デスボイスに託しながら、ヘドバンを繰り返すメンバーたちの根っこは、実は、とてもピュアでクラシカルだ。透明な歌声と旋律とビートに、酔わせながらも、決して酔いしれない、クールで熱い4人のココロが歌い、奏で出す。

1.もう話すことも、逢うこともないあなたへ 

listen♪ 

2.YOUR LIES 

2曲めの「YOUR LIES」は、2nd mini AL『Bloom-in my withered garden-』に収録。

Ccr003 最近のライブでは、よく演奏されている曲。切なく美しい心の闇を女性視線で描きながらも、淡い期待と愛情を求める素直な心が吐露されている。激しくも優しい雨のような歌声が、いつも会場に、みずみずしいうるおいを与えている。

進むことも 戻ることも 出来ずにただ 泣き崩れて 

それでも髪 撫でられる度に 淡い期待を抱くの

言葉にならない 心の中

優しい記憶だけ残してゆくの?

破れた膜 沈んだ無垢の空

ヨゴレタ私なんて 無くなればいい

eikiくんのギターソロになり、そこにスポットを与えるように、観客が両手を広げて、咲いてみせる。何人ものマリアのような光が花が、美しい虹のように咲いて、ソロを守る。(他の曲で、Naoさんのソロの時には、Naoさんに)そして、コウくんがeikiくんの後ろから、支えるように左手をかける。

-MC-

コウくん「え~今日は、レーベルの主催イベントで、光栄にもトリを務めさせて頂きます」

listen♪

この後も、3.「R&J」 4.「窃盗」 5.「bloom beatifully」が続いていく中で、会場中に響いたであろうMC。(どこでだったか記憶が曖昧なので、ここで書いておきます)

コウくん「今日出演している、Rozetta&CRIMZONというレーベルは、大阪を拠点として、発信しています。が、僕たち『少年記』は、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、もともとは東京を中心として活動していました。今回、レーベルに所属させて頂くというお話を頂き、何度もお話させて頂く中で、ここ、僕たち少年記にとっての『ホーム東京』は、ライブの回数は絶対に減らしたくないと。もちろん、大阪でも名古屋でも、いろんなところでライブをしますが、どんなに移動が大変でも、東京のライブの本数だけは、倍になっても、絶対に減らしたくない!!!という気持ちがありました。…だから、ここ、ホーム東京で、俺たちが、どれだけヤれるか、もっと見せつけてやろうじゃないか!!!」

珍しく長くマジメなMCで、ご本人も「…しゃべっちゃった(笑)」とメンバーの顔見て、照れていらっしゃいましたが、本当に熱い告白をされたかのよう。少年記のライブ自体が、この日は、本当に素晴らしかったですが、MCでも、言いたいことが言えた感じで、いい表情でした。(観客にも、関係者の方々にも伝わったはず。かつ関東にいる者としては、本当にうれしいこと。「ホーム東京」については、他のライブでも言及されていますが、ここまで熱かったのは2ndワンマン以来では?)

コウくんだけでなく、メンバー全員の歌や演奏のステージングが、言葉にしてしまうと同じように聴こえますが、本当にいつも以上に素晴らしく、eikiくんやNaoさんや怜さん、そして、ドラムのKeiさんも、自分たちの演奏が届いているな、伝わっているな…というのが実感できていたんじゃないかと思います。何度か行っている中でも、お客さんの一体感も非常にあって、お互いがすごくいい状態なのが、会場の空気の中で、ビシバシと伝わってきました。一緒になって楽しむお客さんがいるからこそ、ライブになるんだ、お互いが生かしあう場がライブなんだ…ということを、改めて感じつつ…。

何度も「TOKYO!!」と叫ぶ姿には、もちろん、東京も大阪も、西も東も北も南も、ゼンブひっくるめて、俺たちの音楽の中に、引きこんでやる!!そして、一緒に、今以上の美しい光景を織りなして見せる!!…見せたい景色と場所まで、引っ張っていってやる!!…という、強い意志がいつも見えます。

もちろん、意志だけで、どうにかなるものではない。でも、意志のないところに道は開けない。

今まで沢山のライブを精力的にされてきて、この後も、怒涛のライブが続くであろう1年。

5月のNewシングル「GAZELLEBABEL(ガゼルバベル)」のタイトルも、この日、初めて発表。

P1080808

コウくん「『ガゼルバベル』の意味は…また少しずつ話していくので、待っていて下さい♡」

そして、6月8日の主催発表!!の後で…9月7日に、3rdワンマンの開催が決まったことも発表!!!(どちらも高田馬場AREA)

ステージのメンバーも、ファンのみんなも、笑顔が本当にいっぱいになっていました♡♡♡

最後に、アンコールでは、メンバー念願の「ボーリング」と「クララタイム」(^^;まで。

なんのこっちゃ?と思えば、「ボーリング」は、ステージから玉を投げるふりに呼応して、観客がピンになって、前から順番に、後ろまで、サーッとしゃがむもの。関係者の方々もみんなしゃがんで下さっていました。そして、「クララタイム」とは、もともとは、なかなか乗ってくれないお客さんを立たせるものだったようですが、ハイジになった(?)コウくんの一言で、みんなが一斉に立ち上がるもの。一斉に立ちあがったところで、アンコールの「Absolute World」。

描く光景に よぎる情景に

見せつけてみろ Absolute World 

伝えたくて 悲しみさえ ぼくの腕をすり抜けてゆく

いつか見てた虚空をその色に染めて

留まる事 踏み出す事 飛び交う言葉の雨を見た

手を取るなら 背を押すなら 僕がここに

理想は毎回がそうあるべきだとして、ライブ全体を通して、「本当に、文句なしによかった!!!」と言えることは、観客にとっても出演者にとっても、ある意味、奇跡に近いこと。大概、ちょっと惜しいこともあったけれど、それがライブだ…と思って過ぎるものですが、この日は、本当に、絶対的な輝きをもったステージでした。「僕がここに」で、ためらわずに、胸に手を当て、ステージを指すコウくん。

ライブ中に、何度も「ありがとうございます♡」とささやきながら、歌う姿も久しぶりのこと。

オーラ半端なく、絶好調だった4人(サポート含め5人)の輝きに、本当に感謝したい一夜でした。

絶対的な世界観を持ちながら、この"セカイ"の中で、輝く音楽、生きるライブを、これからも待っています☆

「Absolute World」

  listen♪

5月Newシングル「GAZELLEBABEL」リリース!!

6月8日 レコ発主催 (高田馬場AREA) 

9月7日 3rdワンマン(高田馬場AREA)

怒涛のスケジュールは、オフィシャルHPへ♪

Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ  

« Purple Stone主催「進撃の紫 vol.1」その② | トップページ | 増田さん音楽制作セミナー☆MTMS(2回目)感想 »

日記」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

少年記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Purple Stone主催「進撃の紫 vol.1」その② | トップページ | 増田さん音楽制作セミナー☆MTMS(2回目)感想 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ