« A&D主催「ビジュ★ラバ vol.6」少年記 | トップページ | Purple Stone主催「進撃の紫 vol.1」その② »

Purple Stone主催「進撃の紫 vol.1」その①

遅くなりましたが…1月24日に大阪MUSEで行われたPurple Stone主催「進撃の紫 vol.1」

(長くなるので2つに分けて書きます。途中からワントーンになりますが、ご了承下さい)

初の主催LIVEとあって、メンバーもファンも気合い十分!!!の一日でした。

ファンからのお花やバルーンも紫づくし

Dsc_0264_2 お花もパープル☆

Dsc_0265_2 Dsc_0267_2 バルーンもパープル☆

この日の出演者は、JASSY、Soniq Rush. 少年記、FoLLoW、ゲストのEVE、そして、Purple Stone(…で、合っているかな?)共演者の皆さんには、Purple Stoneのファンから一輪ずつ、薔薇の花が贈られました。ステージに置いて下さっている方々も。

~以下、ブログの調子がよくない(↓)ので、色やアイコンを使わずに、ワントーンで書きます~ 

会場に着くと、ちょうど少年記が始まる寸前♪

同レーベルだからこその緊張感…もあったかもしれませんが、コウくん、怜さん、eikiくん、Naoさん、皆さん、ライブを楽しんでいるのが伝わってきました。確かに最初は、少し硬かったかもしれない会場の空気…でも、みるみるうちに、どんどん柔らかく、熱くなって盛り上げて下さいました♪

この日の少年記セットリストは…

1.YOUR LIES
2.bloom beautifully

-MC-
3.Blast the Pain
4.窃盗

少年記の音楽は、V系といっても、とても聴きやすく、メロディーが美しい。初めての方でも、きっと見応えのあるステージングに惹きつけられたはず。最初の「YOUR LIES」でのeikiくんギターソロ&コウくんとの絡みは、本当に絵になりました。(→写真はメンバーのブログへ)

続けて、FoLLoW

FoLLoWさんを拝見するのは、2回目。ボーカルのMASASHIさんの親しみのあるキュートな笑顔と「Dancing Venus!!」のような、少しPOPな感じも取り入れつつのステージ。プログラミングも特徴があって、どこかディスコ調な部分もある。振りもみんなで楽しむ感じで、Ⅴ系の中でも、きっとPOPさが魅力なのではないかと感じています。

さらに、EVE (先の記事と前後しましたが、この日初めて拝見)

ボーカルの武翔(takeru)さんのリードが光るステージング。上手下手へ観客を動かしつつ、ライブに来ているお客さんを、決して不快な気持ちにさせないように、初めての子でも、最後まで楽しませて帰らせようというのが伝わってきます。「Divergence」に代表されるような、テクノとロックが融合しつつも、こちらも聴きやすく、かつ、実力もあり、親しみやすいバンドだと感じました。

そして、Purple Stone

長くなるので、ここから、次の記事へ。

(続く)

Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ  

« A&D主催「ビジュ★ラバ vol.6」少年記 | トップページ | Purple Stone主催「進撃の紫 vol.1」その② »

日記」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

Purple Stone」カテゴリの記事

少年記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« A&D主催「ビジュ★ラバ vol.6」少年記 | トップページ | Purple Stone主催「進撃の紫 vol.1」その② »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ