« Purple Stone主催「進撃の紫 vol.1」その① | トップページ | Rozetta & CRIMZON present's 『useless』★少年記★3/6渋谷REX »

Purple Stone主催「進撃の紫 vol.1」その②

(続き)

そして、Purple Stone

沢山のファンのコールとともに、ドラム・サポートのアルくん、ベース・風麻くん、ギター・GAKくんが1人ずつ登場。その後、ボーカル・keiyaくん、登場!!!

初の主催とあって、メンバー全員から、本当にいつも以上の気合を感じました。待ちに待った主催ライブを、絶対、成功させる!!!というプライドにも似た想いが伝わってくる。同時に、本当に、この瞬間が、うれしくてならない!!!という、こみ上げる想いを、最初から爆発させているメンバーたち。

Purple Stoneのセットリストは、

1. Scar
2. Dark In[s]anity

MC~

3. Hysteric Lady(新曲)
~MC~

4. 絵空事

-Interlude- (インストゥルメント)

5. FORGERY
6. BLAME 

~アンコール~

7.願い  

という流れでした。

メンバー直伝による振付動画まで、この日の数日前にアップされ、観客も、特にパースター(Purple Stoneのファン)は、ココロの準備が万端☆

皆で、メンバーを盛り上げようと、最初のコールから、ものすごく大きな声で、メンバーを呼び続けます。両腕をタテに打ち合わせるようにしてのお出迎え。そして、熱く手を振り上げたり、ヘドバンや折り畳みをしたり…ファン同士、来られない人の名前を「絆創膏」に貼って、気持ちを届けたり…ハードなⅤ系ロックだけれど、そんな熱くて純粋な一面を持った、オーディエンスが多いのも特徴。駆け出しだけれど、一緒に、大きな夢を現実にしていきたい…!!!という想いが、どのライブでも必ず伝わってきます。

1曲めの「Scar」は会場限定CDになっています。メロディアスな曲調、歌詞とkeiyaくんのボーカルを生かしながら、Purple Stoneの曲の中でも、GAKくんのギター・ソロがはっきりと聴ける曲。

2曲めの「Dark In[s]anity」も、攻め曲。でも、ただの暴れ曲というよりは、あくまで、歌を聴かせながら、攻める曲のひとつだと自分は思っています。

3曲めの新曲「Hysteric Lady」に入る前に

keiyaくん「今日は、主催ライブ…新曲披露があってもいいんじゃない?と思って、用意しました」

そう言って始まったのは、どこかダンサブルで、「ココロを開いて一緒に踊らないか?」とでもいいたげな感じの曲。(→歌詞、全く覚えていないので、あくまで、そんな雰囲気ということで…(^^;;))両手を広げて、笑顔で、観客を誘いながら、「そんな顔していないで、こっちへおいでよ♪」とでも言いたげなkeiyaくん♪

keiyaくんのボーカルは、やはりロックが原点にある。そのまっすぐな瞳の先に見据えている、大きな夢に向かって、飾らない想いをまっすぐに伝えていくのが、何よりの魅力だと思います。

声もまたしかり☆

驚くほどのハイトーンや聴いたこともないデスボイス…という感じではないかもしれないけれど、ぬくもりを持った人間となりが伝わってくる声です。

艶やかな中にも、何より、大きな愛情を秘めた声人に対する、音楽に対する、そして、苦しくても生きることに対する、愛情を秘めた声。

この人の声は、誰かに愛されるために、みんなに愛されるために放たれているんじゃないかと聴くたびに感じます。そんなたくましい包容力が、まだまだこれから存分に、歌われていくはず。

keiyaくん「今日、集まってくれたみんな、そして、会場に来れなくても応援してくれているみんなのために、心をこめて歌います」

4曲めの優しく、たくましいバラード風の「絵空事」は、恋愛の歌とはいえ、決して、絵空事に終わらせられない、Purple Stoneと観客の熱い想いを、しっかりとひとつに結びつけながら、歌い上げられます。

もっと近く その肌 触れさせてよ

孤独の雨で悴(かじか)む 手を温めたい

生きてく意味が必要ならば 僕を君が生きる意味にさせ

生きる意味があるということは、今日を生きられるということ。そして、明日へと生きていけるということ。そんな人たちが目の前に、どこかにいてくれるということは、しあわせであるということ。

keiyaくんだけでなく、風麻くん、GAKくんもこの日のPlayの熱さは半端なく、どの曲も攻めてくれました。特にライブ初披露となった「FORGERY」では、威嚇して暴れるような、熱いメンバーのPlayが見られました。GAKくんは、ターンを続けて2回もしたり、背中を反らしたり、中央だけでなく、床に座って弾いたり…しまいにはお水を吹いたり…。風麻くんも中央に来たり、GAKくんとのポジションチェンジがあったり…万遍なく、会場全体を盛り上げてくれました。

何より、3人がステージ中央で、一緒になって弾きながら歌う瞬間…本当に3人の笑顔が、今とこれからに向かって、進撃し始めていることを感じます。

本編最後は、『NEXUS』の最初に入っている「BLAME」

タオルを取り出して、ぐるぐる回したり、拳を振り上げたり、上手下手への移動もあったり、会場がひとつの渦になって、ステージとともに大きなうねりをもって、「消えない想い」とともにクライマックスへ。そして…

keiyaくん「皆さん、アンコールありがとうございます!!!時間がないので、すぐ出てきちゃった(笑)」

最後のkeiyaくんのMC

keiyaくん「今日こんなふうにライブができるのは、さっきも言ったけれど、裏で支えてくれているスタッフや本当に沢山の人のおかげだと思っています。来れなかった人たちを含め、何よりここにいてくれている皆さんのおかげで僕らライブができています。本当に僕ら、もっと大きくなりたいと思っているんで。僕ら本当に、Zepp ツアーやって(…まずはそこまで行く必要があるけれど)、それで満足するようなバンドじゃなくて、スタジアムでライブするようなバンドになりたい!と、ほんっっっきで、思っているんで!!皆さん!着いてきてくれますか~?!」

胸が熱くなるMCに、武道館&スタジアムへの夢を、現実に変えていくしかない…!!!と感じたのは、メンバー、ファンも同じだと思います。

keiyaくん「最後は、この曲がふさわしいだろうと…僕らの想い、皆さんの想い…Purple Stoneの想いをすべてこめた、この曲を歌いたいと思います。聴いて下さい…『願い』」

『願い』が、導いていく「進撃の紫」の、まさに最初の一歩を踏み出したところ。

願いよ 僕を導いてくれ この先の道が間違いでも  (I don't care with it)

不完全な僕が何処まで いけるのかそこで見ていてくれ

I'll show you my answer

…輝く笑顔と飛び散る汗のその先を観たい!!! 花道を駆け抜ける雄姿を観たい!!!

まっすぐな想いのままに、ためらわずに進んでほしい。

その想いを伝えるだけの歌を、曲を、音楽を、ど真ん中に届けてほしい。

たくさんの仲間に支えられて、ステージで完全燃焼するメンバーを感じながら、

これからの「進撃」をこそ、熱く願い、応援したいと思った、Purple Stone主催ライブでした♪

Dsc_0435_2

出会えた感謝をこめて♪

Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ  

« Purple Stone主催「進撃の紫 vol.1」その① | トップページ | Rozetta & CRIMZON present's 『useless』★少年記★3/6渋谷REX »

日記」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

Purple Stone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Purple Stone主催「進撃の紫 vol.1」その① | トップページ | Rozetta & CRIMZON present's 『useless』★少年記★3/6渋谷REX »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ