« 2.「絵空事」~生きる意味に~ | トップページ | WAR-ED☆初ワンマン『Essence of the Heart』 »

少年記 2ndワンマン『少年、双頭の狐に対峙す』

先日、12月20日に行われた、少年記の2ndワンマン『少年、双頭の狐に対峙す』に行ってきました

場所は池袋Black Hole 自分には2度目の少年記ですPurple Stoneと同じく、新しくできたCRIMZONレーベル、気になっていたバンドで、このワンマンは観たいなと思っていました。(ワンマンまで待つつもりが、11月18日に対バン形式のものあり、ふらっと寄って、よかったので、そこから…

Dsc_0068_2雨の池袋Black Hole

この日は、新作『Bloom -in my withered garden-』を引っさげてのワンマン

Dsc_0065_2⇒このALの仕上がり、本当に素晴らしいです

全曲試聴は、こちら⇒オフィシャル試聴

Ccr003

2nd Mini ALBUM『Bloom -in my withered garden-』
2013.12.18. Release

収録曲
1.bloom beautifully
2.YOUR LIES
3.R&J
4.Dear my Days...
5.枯渇の庭
6.I gonna f××k you

CCR-003
¥1,905 + tax

ワンマンということで、対バン形式とは違って、最初から最後まで、そのバンドの魅力を感じられるので、本当にじっくり堪能させて頂きました

『Bloom-in my withered garden』とシングル『REVIVA』しか、自分は持っていませんが、いや、これが…開封したら、本当に、素晴らしい仕上がりで…(想像以上というより、想像をはるかに超えていたので、びっくりしてしまった

ボーカルのコウさんが、主に作詞、作曲&アレンジ&プロデュースは、全員での少年記。

メンバーは、左から、ギターNaoさんベースさんボーカル・コウさんギターeikiさん

Dsc_0106_2

中でも、やはりコウさんの透明で澄んだ高音と、ハードなデスボイスの間を自在に歌い上げる、歌い方の幅が素晴らしく、しなやかしなやかゆえに、簡単に折れないような強さを持っている気がします。そして、全員で奏であげている、メロディアスな曲と心地よいサウンドは、どの曲も、ずっと聴いていたくなりますかつ、歌詞が深くて、独特の世界観を持っています

加えて、あの容姿(^^;(モデルも兼業でされていらっしゃるそうメンズスパイダーとか

さらに、会場の隅々にまで目を配り、引きつけていくステージング…が、本当に見事でした

『Bloom-in my withered garden』は、儚さ」をテーマとした曲とのこと。中間部のMCで、こんな発言もありました。

コウさん「僕たち少年記は、を大事にしています。そこはメンバー全員、共通しています。ビラを配っていて、暴れバンドしか聴かないから…と言われることもあるのですが、もちろん、僕たちもそういう激しい曲も作りますが、まず、歌を大事にしたい…という気持ちがあって、そこは変わらずにきています

そう言った後で、歌いだされたのは、1stシングルの『REVIVA』

Dsc_0107_2

5バンドの記者会見(Rozetta&CRIMZON)の時にもおっしゃっていましたが、バンドのコンセプトとして「少年時代のはかないキラキラ、わくわくした気持ちと大人になるにつれて、知りたくないもの見たくないものを観ていく気持ち」という、「二つの相反する気持ちをテーマに激しい楽曲、はかないメロディーを展開」(テレビ埼玉・HOT WAVE)して、バンド活動を行っていらっしゃるみたいで、それゆえに「儚さ」や「うつろい」のある繊細なメロディーと、簡単に流されたくないような激しさも合せもっている点が、魅力的だなと思います

かつ、自分が驚いたのは、この曲…REVIVA』を聴く、お客さんの様子。それまで、激しく折り畳みやヘドバンをされていた方々も、皆さん、一斉に水を打ったように静かになって、身じろぎひとつせず、コウさんの『歌』の一言、一音に耳を傾けて聴いていらっしゃったこと

自分は、この『REVIVA』も、バラードというよりは、テンポもよく、美しく歌い上げていらっしゃる曲なので、少し体を揺らすぐらいで聴いていたのですが、それにしても、コウさんの醸し出すオーラと、ステージで全員で奏でる楽曲の完成度が半端なく…確かにじっと耳も目もココロも澄まして、見つめて聴いていたくなるくらいだなぁ~と感じました。

インストアも楽しませて頂き、今年は残すは、12月29日が年納めLIVEそして、来年も怒涛のスケジュールが続いていくようです。

まさに、今、咲き誇るにふさわしいバンドだと思うので、Purple Stoneとの共演も楽しみで仕方がなくたくさんの活動をされていらっしゃるみたいなので、全ては観られなくても、2014年、ぜひ、要注目&大注目していきたいと思っています(少年記としての始動は、2011年9月とのこと。詳細は、オフィシャルを

bloom beautifully SPOT version (フルMVは、会場物販にて)

REVIVA Full version

ちなみに、この少年記と、Purple Stoneとの共演が観られるLIVEは…

2014.01.24(金)OSAKA MUSE
Purple Stone 主催LIVE "進撃の紫vol.1"
OPEN 17:00 START 17:30
ADV(前売り) ¥3,000(D代別) DOOR(当日) ¥3,500(D代別)
CAST Purple Stone / 少年記 / SoniqRush. / FoLLoW / …and more
プレイガイド ローソンチケット (Lコード:54916) 発売中
入場順 ①[Purple Stone手売り] → ②大阪MUSE店頭販売→ ③ライカエジソン/ジールリンク / ピュアサウンド (シャッフル)→ ④プレイガイド→⑤ 各バンド予約

2014.02.24(月)OSAKA MUSE

Rozetta&CRIMZON present's『useless』

OPEN 17:00 START 17:30

ADV ¥3,000(D代 500円別) DOOR ¥3,500(D代 500円別) 発売中

CAST 少年記 / Purple Stone / RevleZ / Belmosaic / Gimmick.

2014.03.06(木) 渋谷REX

Rozetta&CRIMZON present's『useless』

OPEN:17:00 START:17:30

ADV:¥3,000(D代 600円別)DOOR:¥3,500(D代 600円別)発売中

CAST:少年記 / Purple Stone / RevleZ / Belmosaic / Gimmick.

詳細は、オフィシャル

Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ  

« 2.「絵空事」~生きる意味に~ | トップページ | WAR-ED☆初ワンマン『Essence of the Heart』 »

日記」カテゴリの記事

少年記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2.「絵空事」~生きる意味に~ | トップページ | WAR-ED☆初ワンマン『Essence of the Heart』 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ