« 1.「BLAME」(罪)~消えない想い~ | トップページ | 少年記 2ndワンマン『少年、双頭の狐に対峙す』 »

2.「絵空事」~生きる意味に~

2. 絵空事

『NEXUS』2曲目に入っている「絵空事…そこにあるのは「消えない想い」の変奏ともいえる想い。こじ開けるように、そっと閉ざされた心の扉が開かれていく…

一人部屋を 暗くしている 孤独は嫌なのに

何故だろうかな? 君といる時 たまに見えなくなる

硝子越し ただ見つめていれば 壊しはしないけど

誰かに壊されてしまう くらいなら

もっと近く その声 聞かせてよ

目に見えないこの距離が 邪魔で仕方ない

傷付けない為だけの壁ならば要らない 今すぐ会いに行く

しっとりと歌い上げるkeiyaくんの声は、どこか自分の“激しさ”を押さえつけるような“優しさ”で、最初は覆われている。しかし、歌詞(=風麻くん原案、作詞作曲はすべて「Purple Stone」名義)の根底にある、誰にも負けない“まっすぐな想い”は、痛々しいくらいに純粋で、夢ではなく、リアルな『生』に向かって浮かび上がる。ひとつひとつ、自分の中の新しい扉をこじ開けるように。…そう、Purple Stone「絵空事」は、うつろな現実の先にある、まっすぐで強い愛情に満ちた『未来』を手さぐりで模索している。

"Don't leave me alone..."なんてセリフは 重い女だね

そんなこと言って いつも強がって 寂しさ隠してる

絵空事 いつも夢現(ゆめうつ)つ

レールを外れた 終着も見えない

もっと近く その肌 触れさせてよ

孤独の雨で悴(かじか)む 手を温めたい

生きてく意味が必要ならば 僕を君が生きる意味にさせて

「生きてく意味」を求めているのは、君」だけじゃない。君が生きる意味にさせて」と願う「僕」は、ラストで「君が生きる意味に…」…きっと、成りにいこうとしている。歌詞の僕」自身も「生きる意味」を探している。

何も言わず傍にいる それでいいと思ってた

居場所になれてるのなら

肩支えて寄り添えるような、そんな安らぎの「居場所」であればいい…そう思いながらも、もっと大きな「生きる意味」になりたい。居場所から、さらに大きく羽ばたきだす想いがある。

そこには、なれるだろうか?という疑問符やためらいは、きっと必要ない…『絵空事』の太く強い響きは、自らを信じ、必ず君が生きる意味」になってみせる…そんな「僕」自身の未来を、君」への未来を、今はまだ闇の底にいる「僕」の中から、こじ開けていく…

…歌詞に描かれた恋愛のイメージ、人とのつながりを、それぞれが自由に感じ、浮かび上がらせつつ…(ラジオでもメンバーが話していたように)…ライブ会場で聴くと、ステージ観客フロアーの両方から、ますます、きっと「その声」は強く大きく、聴こえてきそうだ。

もっと近く その声 聞かせてよ

目に見えないこの距離が 邪魔で仕方ない

傷付けない為だけの壁ならば要らない 今すぐ会いに行く

君が生きる意味に…

そんな“未来”へと開かれていく音が聴こえる。絵空事」から、未来”をともに引き寄せる、強く優しい魂に満ちた声が聴こえる。

(*歌詞は必要に応じて…と思いましたが、この曲の引用をしようとしたら、どこも削りようがなく…すみません

Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ  

« 1.「BLAME」(罪)~消えない想い~ | トップページ | 少年記 2ndワンマン『少年、双頭の狐に対峙す』 »

日記」カテゴリの記事

Purple Stone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1.「BLAME」(罪)~消えない想い~ | トップページ | 少年記 2ndワンマン『少年、双頭の狐に対峙す』 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ