« 心のどこかに | トップページ | 『Purple Stone』始動!!! »

玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」⑧

(続き)

19. 天国へのカウントダウン 

再び、ピアノ前に座る玲里さん。クライマックスに近づいて、アルバムの中でも、特にダイナミックな変化をとげる曲が続いていきます

僕の目の前で泣いていた 

君ひとり救えなかった

それでもまだ信じてる いつかまた逢えるって

天国へのカウントダウン

限られた時間の中で

思いだけ先走って 思い出に後ろ髪引かれ

君が恋しいよ

途中で、ドラムの森さんが、マレットを持って、シンバルをやわらかにクレッシェンドされたり、バーチャイムを入れて、「シャラララ~ッ」と鳴らされたりして、ココロの高鳴りを存分に歌う玲里さんを支えられます「生きる意味って何だ?」と問いかけながらも、日々続いていく「君」への思いだけを信じて生きていくしかない「僕」。毎日が「天国へのカウントダウン」…それは悲壮感ではなくて、むしろ「いつかまた逢える」…という、叶わない希望に満ちた歌。。。せつないけれど、そのせつなさを、あふれる音楽の光に変えて歌う玲里さんが、とても凛として輝いていらっしゃいました

玲里さん「終盤になってきました。さぁ、ついにこの曲を。。。にぎにぎ

そういって、再びスタンバイもうこの曲しかないなと思ったのは、アルバムの中でも、「ライブになったらどんなふうに化けるのか」楽しみでしょうがなかった曲です

20. ペシミストの夜明け

誰か教えてくれ どこで掛け違えたか

傾いた部屋で まっすぐいられない

ああ まだ僕は 声をなくしたまま

ああ まだ遠い 夜明け前の闇を見つめて

ゆったりとした曲調から、一瞬にして、再び心の闇へと落としてくれる玲里さん

鏡の中では 影を持たぬ ただひとりのLady

身体を譲れと 高く低く 繰り返して笑うよ

右から2番 左から5番

どんな姿 お望みでしょうか

ライトも真っ赤になり、中間部の葛藤の部分を経て、「鏡」の中で、どんな自分になればいいのか、もがき苦しんだペシミスト(悲観的な人)夜明がやってきます「理想の顔は つぎはぎだらけ…『歌詞』は、あくまで『歌詞の世界』で成り立っていると思いますが、それでも、きっと玲里さん自身も、いろんな葛藤の中にいた一人だったのかもしれない

間奏での難波先生のキーボードが炸裂し吉良さんのソロはエレキギターで、そのもがき苦しむ魂を歌い上げられます心の悲鳴にも聴こえる狂おしいソロは、やがて、穏やかな朝の光に迎えられ、ひとりのあるがままの「僕」になっていく「影を持たぬ ただひとりのLady」が、意志ある「僕」へと統合されていく

ああ 時が来たよ 僕は自由になる

ああ 恐れないで せまる光と影たたえよう

そして僕は_

玲里さんの後ろにいらっしゃる、4人のコーラスが、最も強く響いて…『音楽の魂』とともに、この場へと、そのペシミストの魂を、しっかりと根付かせて下さっているかのようでした

玲里さん「3年前に高田馬場でLIVEしたときは、お客さんが本当にゼロだったんですが…今はこんなにお客さんがいて下さる。…うれしい。やってきて、よかった。来てくれて、ありがとう

…このMCは、本当に、聞くこちらが、もう、うるっ(涙)となって。。。そんなこと初めて聴きました~(単に、自分が玲里さんのことをまだ知らないだけなんですが)今、思い出しても涙が出てきます(うるうるっ

玲里さん「いよいよ最後の曲になってしまいましたが…(観客 「え~っ」)

玲里さん「次の曲、長くやるので、大丈夫ですよ(笑)

そういって、本編の最後に歌って下さった曲は、とても賑やかな曲

21. HAPPY ORIGINAL DAY

一進後退の日々を

僕から願い下げしてみたい

でも...生き急ぐのは趣味じゃない

僕は君じゃないし

逃げてばっかじゃ悔しいし

ものすごい才能があふれている玲里さんですが、きっとそんな玲里さんだって、「一進後退」…いや「一進一退」で、もがいてもがいてでも、やっぱり喜びを持って音楽をされて、進んでこられたのだろう…と感じられる曲

I'll never cry for these ordinary days

何もなくたってキラキラ

幕を上げて ピンライトであてて

いま 静かな革命 起こして!

きっと、近道はなくて…「玲里の道も一歩からに違いない

難波先生のキーボード・ソロ、森さんのドラム・ソロ、松本さんのベース・ソロと続き、ゆかいに楽しく「Na~na~na~を繰り返して、 決して泣かないまま…にっこにこの笑顔で、まさに「HAPPY ORIGINAL DAY」な初ワンマンLIVEの本編を締めくくる玲里さん

巧みに構成された「ペシミストの夜明け」からの「HAPPY ORIGINAL DAY」へのつながりに…本当に指先からも、最高の笑顔がこぼれているかのようでした

(ラスト、アンコールへと続く)

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント@satoko_mylife

« 心のどこかに | トップページ | 『Purple Stone』始動!!! »

日記」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

玲里」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心のどこかに | トップページ | 『Purple Stone』始動!!! »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ