« doa『RIDE ON』ツアー☆東京セットリスト | トップページ | doa『RIDE ON』ツアー☆大阪セットリスト(加筆2/24現在) »

玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」⑤

(続き)

難波先生&吉良さん「じゃ、おいとましましょう(笑)

そうおっしゃって、一旦、お二方もステージ袖へ

玲里さん「玲里トリオの対バンは、玲里ソロです

(「石田とあさくら」のMCはここだったかもアニメつながりで、コナンの話へ

12. 光をつかもう

『名探偵コナン11人目のストライカー』の挿入歌に起用された話、大野克夫先生とのつながりのお話、そして、カラオケバージョンで『光をつかもう』

手をぎゅっと合わせて、ひとりで歌い始める玲里さん…映画のワンシーンを思い出しながら聴かせて頂きました

玲里さん「Jリーグの…カズ選手とコナン君が絡むシーンで流れるんですが…『ぼうや、サッカー好きかい?』『…うん(会場 笑)(⇒コナン君の、この物真似が、ものすごく上手い!!!(笑))

玲里さん「…というシーンなので(笑)そろそろ次のシリーズが出る?のかな。…そうするとDVDになるので(笑)」

心打つ歌を唄い続けたいから 

フィールドで羽ばたくあこがれの星よ 

いつまでも輝いておくれ

短い曲ですが、ほんわかとした映画の1シーンが浮かび、玲里さん自身の両手のタクトに合わせて、Rayliというベル(玲里さん自身)が鳴って次の曲へ

13. 空色のアンブレラ

ステージの上に置いてあった、小さな水色の傘を手に

玲里さん「次の曲の予想がつきそうですが…(笑)」

そういって、傘を広げて、腰に手をやりつつ、歌われますCDでは、ご自身で、ドラムやベースも入れられたという曲

玲里さん「すべて自分で弾いたので…今日はそれをかけて、私は歌うだけ…という(笑)

間奏で、不思議な音色のを吹く玲里さん

空色のアンブレラ 少し先をゆく君

ご機嫌な鼻歌 雨音に溶けていった

水たまり蹴り上げ 少し拗ねたフリして

困り顔の君は 愛してると微笑んだ

空色のアンブレラ いつでも傍にいた

季節が走り去って ひとりぼっちになっても

You're so fine :)

あとから思えば、なんだか、このあたりから、ちょっとミュージカル風?!『雨に唄えば』なんかも聴いてみたいなぁ~と勝手に感じつつかわいい玲里さんの雨靴の音と、楽しげな、幼い頃のはしゃぎ声が聴こえてくるようです

一旦、ステージ袖に入られた玲里さん…しばらくして…難波先生がご登場

難波先生「伴奏者Aです(会場 笑)

そして、出てこられた玲里さんは…

…おおっ

カーキ色っぽいコート風の上着と帽子会場のあちこちから、「おぉっ…」の声が(皆さん、何か始まる予感コスプレとはちょっと違う雰囲気

14. On My Own   (レ・ミゼラブルより。英詞で。衣装替えもして、ミュージカル風に。難波先生伴奏)

玲里さん「多くの人が知っているか、全く知らないかのどちらかだと思いますが…『レ・ミゼラブル』の一曲を(会場 「おおおおぉ~~!!!!!「観た!!!」

玲里さん「音楽やる前に、演劇を志していたこともあって…これがやりたかった(笑)ミュージカル『レ・ミゼラブル』より『On My Own』

ポケットに手を入れ、寒そうにされながら、マイクの前に立つ玲里さん一気にステージは、舞台へ…いや、フランスへ

On my own (ひとりで)  

Pretending he's beside me (彼がわたしのそばにいるかのように)  

All alone I walk with him till morning (ひとりぽっちで、彼と一緒にいるかのように朝まで歩く) 

Without him (彼はいないけれど) 

I feel his arms around me (彼の腕を感じて)

エポニーヌという女性は、マリウスという男性を恋い慕っている。しかし、彼は違う女性…コゼットを愛している。愛しても愛しても、想像だけで、決して叶わぬ恋心を歌った歌。英詞で、一気にほとばしる激しい愛情を歌い上げる玲里さん

I love him,I love him (愛してる、愛してる)

I love him,but only on my own. (愛してる…でも、ひとりなの)

自分は、実は初めて「レ・ミゼラブル」のミュージカルの曲を知ったので、ほとばしる情熱と迫りくる切ないまでのひとつの想いに、圧倒されっぱなしでした曲は知らなかったけど、意味は伝わってきたし「片想い」ゆえのまっすぐさや、激しさや、でも、自分の中だけで終わってしまう空しさや…それでも「I love him」という想いだけは消えることがない、その想いを抱きしめて、ずっと歩きたいような気持ちがひしひし…

難波先生のピアノは、玲里さんのエポニーヌの想いが、たとえ「On my own」でも歩いていけるように、滞ることのない想いの支えになっていらっしゃいました

歌い終わられて…観客、騒然(大喝采ブラボー)

玲里さん…あ、手が震えている(笑)結構、緊張しました(笑)『On my own』…『ひとりぼっち』…でも、もうひとりじゃない。みんながいて下さる

東京タワーclub333でのミニライブ(難波先生と2人で)のPRをされて、ドラムの森さんと吉良さんを呼び戻されて、次の曲へ

(ゆっくり過ぎでも、マイペースで続きます

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント@satoko_mylife

« doa『RIDE ON』ツアー☆東京セットリスト | トップページ | doa『RIDE ON』ツアー☆大阪セットリスト(加筆2/24現在) »

日記」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく読ませていただいてます。
今回も、臨場感たっぷりで、ライブ残念がら行けなかったのに、ライブの模様が目に浮かぶようで、
たっぷり疑似体験できました。
ありがとうございました。

>masaさん、ありがとうございます。ゆっくりすぎ…ですが、このまま続けたいと思っています。
ゆっくりゆっくりで♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« doa『RIDE ON』ツアー☆東京セットリスト | トップページ | doa『RIDE ON』ツアー☆大阪セットリスト(加筆2/24現在) »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ