« 玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」③ | トップページ | doa LIVEへ☆いざ、『RIDE ON』♪ »

玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」④

(続き)

10.  UNIVERSE

この曲も確かキーボードで(もし、違っていたらすみません)ステージは、ライト暗めから、少しずつ光を増やして…

人はどうして、気持ちを持っているんだろう?何も感じなければ「どうしても 避けられぬ 哀しみ」もないのに…。どうにかしたくても、どうしようもできないそんなことがままある日常の中で、玲里さんの歌は、激しさだけではなく、一方で、とても美しい祈りのような優しさを持って響いてくる曲もあります。この曲は、まさにそう

行く宛てが「憂い」なら

どこまでも優しい歌 聴かせてあげる

君だって 言葉に出来ない思いを 

何かに託して 祈るように奏でているんでしょう

この傷を 無理に塞ぐ事はない 

与えられたもの全てに 意味があるんでしょう?

君と朝日が見たいから 手を繋いだ 

ほら 僕らが望んだら 愛は広がる

なぜ?の理由も答えも必要はない…同じ世界にいて、その声を聴いていたいその音楽を聴いていたいステージから…Eggmanの会場に「愛がまたたく」そんな瞬間を感じる曲でした本当に美しかったまたMCに入ろうとするけど、なかなか言葉が見つからなそうな玲里さん。

玲里さん「今日、始まる前、どれだけのお客さんが来て下さるか?と思っていたら…ステージに出た途端、あんまり沢山のお客さんがいるから…(実は感無量で、1曲めの)『ZERO』で泣きそうになりました(笑)

玲里さん「泣くなら、最後に泣きます(笑)…絶対、泣かない!!!(笑)

自信満々で、強がってみせる玲里さんですが、実は感無量で、この時点でも胸いっぱいすごく感動されている様子これも言葉にされたことで、初めてわかったので、自分には、なんだか意外でした。やはり初ワンマン…初めては、誰にとっても初めて…ですね

11. 十九夜 

玲里さん「十九夜の月って、案外、まんまるに近いんですよね?」吉良さん「そうだね

玲里さん「『静かに揺れる三日月』って出てくるんですが…何を思ってそうしたのか(苦笑)…聴いて下さい『十九夜』

静かに揺れる三日月 今宵こそ二人占め

邪魔をする人はいない 開いてみせて

光はカーブに沿って なめらかな線を描く

歌う横顔を染める 幸せの色

玲里さんは「何を思ってそうしたのか?」とおっしゃりましたが、そりゃあ、三日月のような「カーブ」を描きたかったんだと思いますよ本能的に「開いてみせて」「光はカーブに沿って なめらかな線を描く」…心を開くのだとしても、なんだか、とてもエロティックな感覚にもなる曲(十九日頃の月を“臥待ち月・寝待ち月”って言ったりします

マシュマロの夢の中に 滑り込むのさ

甘い音色に抱かれて 踊ろう

誰にも渡したくない 織り上げた愛

奪われそうになったら この手で!

CDでは、田ノ岡三郎さんのアコーディオンでの演奏を、ライブでは、難波先生のオルガンで田ノ岡さんのアコーディオンも絶品ですが、難波先生のパ、パン…という鍵盤からの手の放し方が、これまた絶妙で吉良さんの足の鈴も鳴って…とても気持ちよく聴かせて頂きました。メロディーだけでなく、ワルツ風のリズムやテンポも、夢見心地になります

「マシュマロの夢」は、優しくてやわらかだけど、とてもしたたか…そこが、自分は大好きで、いいなぁ~と思います

本当に玲里さんの音楽を聴いている間は「目覚めなくていいから…ずっとずっと「オーロラの布」に包まれていたくなります

(ちょっと短いけど…マイペースで続きます

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント@satoko_mylife

« 玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」③ | トップページ | doa LIVEへ☆いざ、『RIDE ON』♪ »

日記」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」③ | トップページ | doa LIVEへ☆いざ、『RIDE ON』♪ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ