« 祝☆doa 7th AL『RIDE ON』リリース!!! | トップページ | 玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」④ »

玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」③

(続き)

PVにあるような、ドキドキドクな振りもあるので、途中で横に置いた“Rayliボール泡立て器を再びもって、一礼して袖へ難波先生と吉良さんのみが残った中、静かな波の音が聴こえ、今度は、いやわらかなブラウスを着た、玲里さん登場ふりふりは、今度はなかった気がする黒のミニスカートで吉良さんがマンドリンを準備されて、波の音の中で、ある思い出の扉が開いていきます(トリオでの演奏)

7. 思い出ポケット

昨日の空の色 夢みたいだった 

見せてあげたいもの 沢山あるんだ

音の波間のゆりかごに揺れるように、アコギとともに歌いだす玲里さん遠い記憶の中にある、鮮やかな「匂い」伝えそびれたこと ひとつずつ沈めて」そうやって、行ったり来たりする僕の時間だけがある

じゃあまた明日ね 

あれから僕は 待ちぼうけ 

ひとりぼっちの朝 

いつか慣れてしまうのかな

細やかな吉良さんのマンドリンが、“そうやって進むはず”だった、僕だけの時間を紡ぎだす幾度も幾度も、時の波間を揺れて…僕は、大切に僕だけの時間を、ポケットの中にしまう

陽にやけた壁を 少しきしむ階段を 

海までの道を 少し錆びた自転車を

よく似てきた声を 凛々しくなった横顔を

いまは僕の中 深い場所で生きてる

キラキラと光る波のように美しい玲里さんの歌声は…まるで海底へ沈む貝殻を愛おしむように…もう一度、新しい「明日」に向かって、その思い出を浮かび上がらせていきますよく似てきた声」「凛々しくなった横顔」を、遠く近く、僕自身の中で、深く感じながら…。

玲里さん「今日、MCで言う原稿を考えようかと思ったんですが…やめました(笑)」

吉良さん「そのほうがいいよ(笑)…僕も20年くらい前にそんなことが…あ!そうだ、ここだ(笑)ここで、初めてライブやったときだ…その時以来じゃありませんよ(笑)」(そうおっしゃりながら、次の曲の準備で、足に鈴をつけられる

先日、WOWOWでの放送があったことも挟みながら…続けて、トリオでの味が存分に出る、この曲

8. ミザリー

秋がきたら思ったこと 

変な熱にうなされたな 

まだ夜はこれからなのに 暗い

一瞬にして、“闇”に落としてくれる「ミザリー」寄席がお好きな玲里さん休日に観賞しに行った一人二役からヒントを得たことは、よくおっしゃっていますが、自分の中にいるもう一人の自分かも?…ということも

「大好きさ 大好きさ」 僕は君が嫌い

「行かないで 行かないで」 瞳泳いだまま

相反する声に導かれる「Miss Misery」「Mr.Misery…果たして“ふたり”は、ただの“みじめで愚痴っぽい人物”だろうか?しなやかに上下(かみしも)に切り替わる、玲里さんのひとつの背中は、まるで、黒子がついた人形浄瑠璃のよう闇を従えて歌う玲里さんの声と表情が、とても演劇的で…毎日どこか演じて生きている、自分たちの「闇」の隙間を見せられるようで…最後の微笑には、毎回、ゾクッとさせられ、うれしくなります

~ここで、最初のオーディションに応募した時のMC

あるオーディションの応募のチラシを見て、「あ!これ、応募してみよう~ッと思ってされた玲里さんですが、デモを持っていく度に…ひとりよがり」だと指摘を受けたとのこと。

オーディション応募先のある方「…人に聞かせるとか、誰かの共感を得ようなんて、思っていないでしょ?(笑)」

そう言われたこともあったそうで「じゃあ、1週間に1回デモ作ってこれるよね?

…と言われて、そうなったら…もう、意地ですね(笑)」

玲里さん「憎しみをこめて作った曲です(笑)」(…)

玲里さん「…でも、その曲のデモを持っていったら『あ、あんた、いいじゃん!となって、今に至るという(笑)今となっては、思い出の曲ですじゃあ、その曲を明るく、楽しく(笑)」

「どの曲を演奏されるのかと思ったら、なんと、1st ALの名刺代わりになっていたような「FAKE」

さらりと言ってのける「憎しみをこめて作った曲です(笑)」の一言に、あっけにとられながらも、今まで全く知らなかった、玲里さんの見せない努力のほんのわずかな一面を見た思いがしました

9. FAKE

玲里さんは、ピアノ(キーボード)で

君は全部がフェイク 天使のふりした悪魔 

欲しいものの為なら 人を泣かせてもいい 

you're the one to blame

玲里さんの中にある、trigger(引き金)」は、自分たちの中にある「トゲ」でもある。それをしっかりと感じながら歌って下さる姿に、不思議な“安心感”を感じます責められるべきは、誰か?だよ…と言われつつも「僕は知ってるよ 君が抱えている空しさも」と歌って下さる鏡のような玲里さんの歌を聴いて、浮かびあがるのは、むしろ自分たち自身の感情や心…だから、その急変する激しさに大きくうなづいてしまいます

「ah~ah~」と撫でられるような声に浸りながら、「優しい言葉には~」の難波先生の「ピュルピュル…」というキーボードに…玲里さんのそばにある、別の安心感を感じながら

玲里さん「…楽しい?(笑)(…

そういって、ごくりと、MYペットボトルのお水を飲まれる姿に、また、えんじぇるデビルな一面を感じつつ…次の曲はしっとりと、2nd ALからこの曲を

(続く)

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント@satoko_mylife

« 祝☆doa 7th AL『RIDE ON』リリース!!! | トップページ | 玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」④ »

日記」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

まるでその場にいるかのように感じられる臨場感。素晴らしいです。ありがとうございます。

>masaさん、こちらこそ、ありがとうございます♪ゆっくりですが、続いていきます♪
ゆっくりなので、ゆっくりのんびり…でいて下さるとうれしいです(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祝☆doa 7th AL『RIDE ON』リリース!!! | トップページ | 玲里さん初ワンマン「Rayli Songs Night」④ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ