« 玲里さん2ndAL『NEVER LET ME GO』+来年ワンマンゲストに♪ | トップページ | 『West Rock Festival』感想② »

『West Rock Festival』感想①

『West Rock Festival』の簡単な感想です

(スペシャルバンドが聴けなかったので、簡潔に

まず、総合司会は、Sensationのドラムの車谷さんスタイリッシュ&ダンディと呼ばせていただきましょう

トップバッターのWAR-ED(Vocal & Guitar 山下慎司、Guitar嶋津義貴、Bass藤林慶之、 Drums嶋津宗成(⇒嶋津さんお二人はご兄弟みたいで))

リードvoの山下さんのボーカルは、とても明瞭で、みずみずしい歌詞にあふれています見た目は、ちょっとビートルズっぽい感じ黒いスーツに白シャツ+黒ネクタイがトレードマーク。

この日は、Sensationの大賀さんと大楠さんもサポートで入って下さっての豪華版山下さんは、赤と白のギターで。1曲目の「曖昧な関係に終止符を~とか、2曲目の「僕の今日は目を閉じる君の中で~とか、3曲目の「そのとき胸は震えていたけど何もできやしなかった」「歩いていこう~歩いていこう~とか、WAR-EDらしい甘酸っぱい歌詞の世界観が、とてもいいなと思っています

4人ともとても爽やかで、演奏も安定していて、ライブで聴いていて、きゅんきゅんくるので、新しいCDとLIVEが続くこと、今から待たれます(現在、ネットラジオも配信中全国に向けて発信できるといいですねラジオのタイトルも募集中のようです(↓))

■WAR-ED
1・こんなに近くにいても伝えられない
2・DON'T TRY SO HARD
3・光を探して

司会の車谷さん「フレッシュですよね~いいですよね~サラリーマンに見えないところがいいですね(笑)

山下さん「12/28にhillsパン工場でLIVEをします新曲もいろいろ出揃うので、楽しみにして下さい (→演奏の途中のMCでも「最後まで楽しんでいって下さい」とトップバッターとしてのコメントをしっかりされていました)

ここで、手渡されたフライヤーの中に、赤・青のボール(スーパーボールみたいな)があるので、回収BOXに入れて投票してほしいとの案内ありバンドごとのBOXがあって、入れて帰る形式になっていました。(⇒この方法への賛否は両論だったかなぁ?)

続けて、Sensation(ギター大賀好修、ベース麻井寛史、キーボード大楠雄三、ドラム車谷啓介)

車谷さん、大忙しで、ドラムへ大賀さんは、茶色と白の合わさった感じのギター、アコギも準備されています服は、青いシャツで中は黒いインナー。大楠さんは、黒いハットに白いシャツ+黒(?)のネクタイ。車谷さんも白シャツ+黒ネクタイ。麻井さんは、黒シャツに赤ネクタイ。

■Sensation
4・Sensation
5・二重螺

6・Four

伸びやかな4人の演奏が、さすがでした歌詞はないけど…“インストロックバンド”として、雄弁なplayアルバム『Sensation I』のオープニングと2曲目を連続でされた後、大楠さんがマイクをとって、逆さもちで「ヘイ、ヘイ、ヘイ~OKヒア、ウィー、ゴー」そうあおった後で、

大楠さん「次は皆さんのカウントで始めたいと思いますAre you ready」観客「Yeah」大楠さん「1.2...1, 2, 3, Four

アルバムの中でタイトルも4人を象徴するような「Four」

駆け上るように演奏されて、あっという間の3曲(ここで一旦、チェンジ。2回登場されるとは思わなかったので、最初、聴いた時には、3曲で終わりなのかなぁ?と。でも、後で、再度登場されたので、合計5曲

大忙しの車谷さん、再び、司会へ。

車谷さん「…ということで、Sensation 3曲、終わりました(ぜーはー)続けて、これもフレッシュなバンドです

そう言って、紹介された、BLUE TURNS TO GREY (青から灰色へ)というバンド名の3人組。ボーカル、ベース、ギターの3編成。

この日は、キーボード大楠さん、ドラム車谷さん、ギター大賀さん…の強力なサポートをバックに。

自分も初見だったので、どんな感じかなぁ?と思ったのですが、背の高いボーカルの方で、なるほど、ちょっと高音のロックボーカルという感じ「灰になっても今解き放て~」という曲が、印象的でした。でも、歌うスタイルが…かなり稲葉さんを意識していらっしゃるかなぁ…?と左手を空中に置いて、ステージで円を描くステップしたり、箱に足かける姿、指をかざす姿…などは、逆に「誰かと同じふうには見えない」スタイルでされた方がいいと思いました「結成してから昼夜、制作に励んできました。もっともっと曲を作っていい曲を届けられたら…」と、とてもすがすがしい感じでおっしゃっていたので、声の伸び(=伸びているときの音程の安定感)を含めて、オリジナリティに、これから期待したいです

■BLUE TURNS TO GREY
7・月夜の雫
8・Crazy Dreamer
9・Are You Happy
?

(続く)

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント@satoko_mylife

« 玲里さん2ndAL『NEVER LET ME GO』+来年ワンマンゲストに♪ | トップページ | 『West Rock Festival』感想② »

日記」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玲里さん2ndAL『NEVER LET ME GO』+来年ワンマンゲストに♪ | トップページ | 『West Rock Festival』感想② »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ