« doaツアーまで2週間!!!アナタの街へ♪ | トップページ | 大田紳一郎さんソロ『Singin'man's NIGHT』5/25⑦ »

大田紳一郎さんソロ『Singin'man's NIGHT』5/25⑥

(続き)

続けて、doaの曲から

7.愛は太陽のように誰にでもふりそそぐ 

あのね、最近よく思うんだ

すべてに理由があって決まるって

時には人が望まない形でも

もうここまで来たって思うか

まだここまでって思うか

出会い別れくり返し僕らは強くなれたのか?

独特の世界観を持つ、大田さん作詞の曲。大田さんのソロライブでは、高い確率で入ってくる。いろんな人生の「苦味」をわかっている大田さんだからこそ、出てくる歌詞。黄色からへのライトの転換が鮮やか高久さんのフィドルが、今度は、細かくではなく、大きなオールのような舵取りで入ってきます

愛は太陽のように誰にでもふりそそぐ

そうだろう Dear my friends

次のページめくろう

泣いたり 迷ったり 逃げ出したりしても

痛いほど生きてる証

強く、しっかりと「次のページめくろうと歌う大田さん聴く瞬間によって、さまざまな想いがこみ上げる曲ですが、5月のライブでは、自分は、新しいミュージシャン(鶴澤さん)との共演が重なって聴こえたり、これから先も、きっといろんな新しい仲間との共演があるのではないか?と勝手に感じました深読みかもしれませんが、もし、ライブごとにメンバーが変わったとしても、音楽を通して、ずっと続いていく光みたいなものは、変わらないんじゃないかなぁ?と。「ラララ~」の会場全体の力強い歌声とハーモニー、そして、周囲を固めるミュージシャンたちの堂々とした演奏っぷりが印象に残った曲とても凛々しかっです

8.I Sing

一転して、メロディアスな「I Sing」この曲は、本当に何度聴いても『楽曲』として素晴らしいなぁ~と思いますかつ、CDでも入っているバイオリンの音を120%生かしてのライブ・バージョン (待ってました)ライトはカラフルにいろんな色を使って 

毎年増えるアドレス みんな元気でいてほしいと願う

PC開けば故郷(いなか)の友のブログとつながったり

なんか安心するよね 便利な時代になったよね

でももっと温もりが欲しい 人はもっと感じあっていい

鶴屋さんのドラムのサスペンダー・シンバルの金属音、スネアドラムのハッキリとした皮やリムの音(…細かい飾り音符もさりげなく入れている、おしゃれな鶴ねぇ…いや鶴にぃ)、確かな麻井さんのベース音とともに、高久さんの"弦を弾いていく音"が聴こえてくる(…弓を滑らせるのではなく、弦の上で、ポンポン♪と跳ねて、ステップ踏む感じ)そして、サビで一気に流れる力強いメロディーに、またひとつのメロディーが重なる

届かないこと 伝わらないこと

笑顔だけじゃ 読めない気持ち

目を閉じて 君を想うよ

今日も歌おう 僕は歌おう

「Singin'と言いながら歌う大田さんの声が、ステージの中央から、力強くまっすぐに響くとしたら、その周囲を綺麗な『♪さん』たちが、羽が生えたように、ひらひら巡っている大楠さんの「ah~」というコーラスも、ちゃんと聴こえてくる

特にバイオリン起用の醍醐味が、十二分に伝わる一曲に仕上がっていました広がりと深みとあたたかさ、そして力強さがあって、最高だった(涙)アツイ想いがこみ上げてこずにはいられなかった曲

(アツイ終盤へ、続く)

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント@satoko_mylife

« doaツアーまで2週間!!!アナタの街へ♪ | トップページ | 大田紳一郎さんソロ『Singin'man's NIGHT』5/25⑦ »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« doaツアーまで2週間!!!アナタの街へ♪ | トップページ | 大田紳一郎さんソロ『Singin'man's NIGHT』5/25⑦ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ