« 桜とタワレコ&映画「明日に架ける愛」主題歌♪ | トップページ | 浅岡さんLIVE「空の果て」3/24感想② »

浅岡さんLIVE「空の果て」3/24感想①

遅くなりましたが、3月24日の浅岡雄也さんライブの感想です(大田さんライブももちろん、5月までじっくり)

浅岡さんのLIVEを観るのは、初めてField Of View時代のさわやかに澄んだ甘酸っぱい声は、もちろん耳にしていますが、ZARDや徳ちゃんライブ、Twitterなど、この1~2年で急に自分の視界にも

自分の場合、今回は、ゲスト(徳ちゃん&綿貫さん)とバンドメンバー(GIZA精鋭)に魅かれて…というのはもちろん、迷った挙句、最後の最後であきらめきれず、やはり、1回限りのLIVEそのものを観たいと。(一期一会」の言葉も大きかったですが

浅岡さんだけを聴くなら、他のチャンスもあるだろう…徳ちゃんや綿貫さんも、それぞれの機会はおそらくある…でも、このメンバーが一同に介する今回のタイミングで、今、観てみたいと思いました。逆に言えば、このメンバーで行かなくて、いつイク

ライブの後、2週間オフなし(大田さんライブのみオフ)だったので、さすがに細かい記憶は飛んでしまっています自分が感じた印象をざっくり…と(あくまで個人の印象&感想ですが、初めての視点で、楽しんで頂けたら幸いです)

『浅岡雄也Live Tour2012〜空の果て〜』

2012年3月24日(土)大阪hillsパン工場

ゲスト:綿貫正顕 / 徳永暁人(from doa)

BAND:森本隆寛(G)麻井寛史(B)鶴屋裕一(Dr)大楠雄蔵(key)岡崎雪(cho) 

1.ウタノチカラ

季節の変わり知らせるように

花びら風に舞う道

約束したわけでもないのに

輝きを散らしてゆく

オープニングから、ぐっ…と浅岡ワールドに引き込む空気が音楽に漂っていました「季節」の「き」を聴いただけで、不覚にも、思わず息を呑んでしまった…

今僕は「正しいです」と胸を張れるのだろうか

強くなりたいと願っていた ウタノチカラは救いだった

不器用な旅が終わるまで ずっと歌い続けるよ

全歌詞「ウタノチカラ」

出だしから「ウタウタイ」であることを、こんなにも強く宣言されるとは思わず、正直、ちょっと意外でしたもっとポップな始まりでイクのか?と思っていたので…一本の『芯』が最初からしっかりと見える…いい始まりじゃないですかアサオカさん

浅岡さん「ようこそ、いらっしゃいました

黒っぽいスーツに細かい水玉のシャツ、ネクタイは24日は紺色っぽい感じ(だったと思うけど、白だったかも?)胸にグッズの缶バッチ2コつけて

2.ウタハトビラヲアケテユク

「ウタノチカラ」と同じく、「ウタ」が世界を広げていくきっかけであり、ウタにこそ、「チカラ」があると信じる、浅岡さんのスタンスのようなものが感じられる

「全ての出来事 終わりは 在ると判っても どうしても また夢みるよ」

「信じよう 何度でも 立ち上がれ 声をあげて」

その言葉どおり、「ウタ」によって、「トビラ」を1枚開けて下さる“ウタウタイ”さんが、ここにもひとりキラキラ光る音の波が、浅岡さんの声の地平に広がっていく地下一階にある小さなライブハウス(hillsパン工場)が一瞬にして、青空が広がる草原になっていきました

浅岡さん「Thank you

3.キミハヒカリデボクハカゲデ

「光」と「影」の表裏一体のような、「キミ」と「ボク」…お互いが必要とし、必要とされる存在であることを歌っていらっしゃった気がします。(歌詞など確認できず、違っていたら、すみません)“愛したい 愛せない”そんな裏腹な想いを歌う、ダークな浅岡さんの影が、段々見えてきた曲。初聴きでしたが、よかった

浅岡さん「今回、2回しかないから、ここで出していかないと…たいっへん(大変)ですよ、わたしは(笑)(;;;´Д`)ゝ」

4.True way

最新AL『キミガセカイヲカエテユク』の中で、個人的には1番好きな曲。アコギでのメロディーが立体的というか、積み重なる音の先に、明るい未来が見えてきそうで、すごくいいバンド全体の音がキラキラと輝いている。「不確かな未来」で、タンバリンを持っている岡崎さんのコーラスが「~ミライ」とエコーみたいに入ってきますメロディーが「明るい」と感じるのは、歌詞にも、しっかりとした「影」が入っているから…だと思う。

キレイなフリの 飾り付け 近くに寄れば 汚れてる

笑顔の奥に隠した 歪(ひず)みを見抜くんだ

重ね重ねた毎日を 無駄にする覚悟 wow

此処から踏み出した 標(しるし) あるなら

just True way

「選べる 何でも それ Freedom ひとつだけしか 出来ないけどね」というフレーズにも、自由というのは、何でもできるようでいて、ただひとつしかできない…無限の光の中にある自分の影(=存在)は、ひとつなんだ…とでもいうような、浅岡さんのブレのない芯が感じられます。

「カッコいい!」(会場) 

浅岡さん「違う、違う…『カッコよすぎるぅぅぅ~~~ヽ(*≧ε≦*)φ』だろ?」(ダメ出し1回目

浅岡さん「え~(笑)不惑のオジサン、がんばっております(◎´∀`)ノ」

5.メビフォエバ

Maybe foreverの略語であり、浅岡さんの造語。これも、最初、PVで聴いたときは、自分にはすぐになじまない曲かなぁ?と思ったんですが(…すみません)でも、なぜか気になる歌詞も所々

ライブで、ファンの皆さんが、両手をゆらゆらと振るのも、ここで振るのかと、ちょっとなじまなかったり、でも、やっぱり、少し揺らしてみたり(^^;でも、やっぱり最後まで手を揺らせなかったり…そんなこんなで、いい意味で(あくまでいい意味で)ハマるのが怖いなぁ~(笑)と思いつつ、少し距離を置いて聴いた歌。甘すぎるようで、実は、じっくり聴くほど強い歌

PVでは、カウベルやサスペンダー・シンバルの音が、すごく心地よい鶴屋さんのドラムで聴けて、感激(シンバルいい音だった)森本君は、レスポールでガンガンに♪(なんだかんだで、行ったからには楽しんだ

(メビフォエバ、True way↑)

浅岡さん「え~汗で、塩分が…(苦笑)着替えなら、Tシャツも売っていますからねヘ(゚∀゚ヘ)」

「カッコいいよ!」(会場、再びコール♪)

浅岡さん「違う、違う…(やや身悶えするように)『カッコよすぎるうぅぅぅ~~~!!!(笑)ヽ(*≧ε≦*)φ」(ダメ出し2回目

どうやら、今回、そう言われるのが目標だったとか

(できるだけ、さくっとイクつもりです。さくっと…PV2コも入れつつ?紹介まで)

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント@satoko_mylife

« 桜とタワレコ&映画「明日に架ける愛」主題歌♪ | トップページ | 浅岡さんLIVE「空の果て」3/24感想② »

日記」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜とタワレコ&映画「明日に架ける愛」主題歌♪ | トップページ | 浅岡さんLIVE「空の果て」3/24感想② »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ