« 自分たちに起こったこと | トップページ | 徳ちゃんソロLIVE『Route109 vol.2』レポ⑦(東京/大阪)♪ »

徳ちゃんソロLIVE『Route109 vol.2』レポ⑥(東京/大阪)

(続き)

徳ちゃん「楽しい時間はあっという間に過ぎ…次の曲が最後の曲になりました

会場「え~?!

徳ちゃん「大丈夫長くやるから(笑)皆さんにかかっているかも(笑)」

徳ちゃん「Route109ということで、自分の道…徳永の道と言っていますが、皆さん、それぞれの道があって…Routeスズキとか、Routeタカハシとか。人それぞれの日々の通学路、通勤路みたいのがあると思うんですよ。今日は、それぞれの道が交わりあった『交差点』みたいなもので…僕、交差点パーティーって呼んでいるんですけどね(笑)今日は、『交差点』なので、皆さん、立ち止まって下さい。よく前進しろとかいうけど、『毎日、そんな進めねぇよ(笑)って、僕なんか思うんですよ。今日、立ち止まる変わりに、明日から、また進めばいいから。その代わり、今日は立ち止まる代わりに、手を振って下さい『手なんか振れねぇよ(笑)恥ずかしくってよ(笑)という方もいらっしゃると思いますが、僕のライブでは、大きく手を振れなんて言いません。こんなんでいいですから(笑)(人差し指と中指を、ちょこちょこと動かす)ブーツの中で、足の指をこういう(=足の指をちょこちょこ動かす)のでもいいです。毎日の中で、カッコイイこと言わなくても、大きなことしなくても、自分なりに手を振ってくれたらなと…。ここにいるよと…。居ていいんだからさ。生まれてきたんだから(→大まかな内容です)

2度目の『交差点』に触れた後で、「手を振って下さい」…と指をちょこちょこ動かす仕草(鼻や耳でもいいとか?)には、思わず微笑んでしまいましたが、自分なりに「ここにいるよ」と言ってほしい。『居ていいんだからさ』『生まれてきたんだから』…という徳ちゃんのMCには、また胸を鷲づかみにされたみたいに、ぐっときました(このギャップがまた魅力ですねぇ…

11.Wave Your Hands (doa)

おもむろに小さな楽器をとりだし、ベルトを肩にかけようとすると…(は、入らない(笑))

徳ちゃん「これ、ちっちぇんだよ(笑)」(徳ちゃんが、でっかいのかも

徳ちゃんがやっとのことでベルトを肩にかけて、担いだ楽器は、マンドリン(おおっ)まさか、マンドリンで、あの曲を?!

徳ちゃんマンドリン、森本君ギター♪

どこかの洒落たランチじゃ物足りない

精魂尽くして色々やるにゃ物足りない

増やせない時間VS使い切れない時間

今日はまだしてません 好きな事

手を振ろう 手を振ろう

今いるその場所から

コツコツやってる君を

きっと誰かが見てる

doaの『Wave Your Hands』この曲を本編ラストに?肩の力を抜いて、すごくリラックスして聴ける曲で、大好きだけど、なんか徳ちゃん、怪しい(笑)…絶対、何か企んでいる目だ(笑)…しかも、この曲、確か…すっごい高声があるのに…あそこも徳ちゃん歌うの?!(→大阪で最初に聴いたとき、こう思いました

青い空にいつか描いた

まっ白な動物達のように

クレイジーな世の中 風にまかせて

もうちょっとフワフワと おーーーーーーーーよ・い・でいこう

いつもは大田さん担当の高音パートを裏声で徳ちゃん…ちゃ、チャレンジャーだ(笑)すごい~!!!(笑)(→本当に素晴らしかったです(笑)→なぜか笑い…いや笑顔♪になりました)

でも人類はそんなバカじゃないはず

のところでは「バカじゃないはずだろ~~~っとライブアレンジで

サビで一緒に手を振って会場が一体になったところに…

徳ちゃん「じゃあ、今度は声を出して下さい僕が歌いますから、その後に…ラララ~

会場「ラララ~

徳ちゃん「…いいっすねぇ~ちょっと…声、大きいですね(すごく、うれしそうな徳ちゃん。確かに会場の声、大きかったです

いい声が出ているのは事実だけど、「ラララ~」を繰り返す中で…

徳ちゃん「後ろの方、ちゃんと声出ています?…出ている?チェックしにいっちゃおうかなぁ~

ざわつく会場…ま、まさかっ…

そういうやいなや…ブルースアレーでは、どこに隠していたのか(笑)後ろから取り出したのは…

…かご(笑)

(まさに四角く編んである籠)それをお買い物かごよろしく、左手のひじに、くねっ…とかけて…会場の中に分け入っていく徳ちゃん…な、なにか配っているマッチ売りの少女か?とあちこちから声が

目黒では、「梅の香り」のかき餅(かきやま)(1部)と「ひなあられ」(2部)を、籠に入れて、配りながら会場一周

後ほど、ブログやツイッターで、ご本人いわく「花咲か爺さん」のイメージだったようで(笑)

籠を持つ徳ちゃん、かわいくてツボでした

大阪では、いきなり、楽屋の方に行ったかと思えば…ヒルパンの階段を降りてきて、その階段に座って、少年のように片足上げるようにして、マンドリン鳴らして、歌ってくれました(→階段が見える会場の構図をうまく生かしたアイデア、よかったですね

ブルースアレーでは、本当にぐるっとテーブル席だけでなく、立見席の方まで。女性だけに配る予定のあられ(笑)を男性にもサービスなんでも「人類みな兄弟」だとか(~MCで「ひなあられ、女性だけに配るつもりが、男にも配ってしまったま、いいか、人類みな兄弟。男も好きよと言っていたら、森本君、どん引きしていましたが(笑))

回っている間に、テーブル席にある「おつまみ」のクラッカー(→何かドリンク頼むと着いてくる)を、ちょっとつまみ食いしたり(笑)自ら、茶目っ気のある演出(いや、ただお腹がすいていただけ?)もよかったです

徳ちゃんが会場を回る間、ずーーーーーーっと、アコギを延々と弾いてくれていた森本君にも拍手

まさかこの曲で、こんなふうに大盛り上がりするとは…というくらいの、すごく楽しい時間を作って下さっていました

歌や演奏での感動はもちろん、会場が盛り上がる、うれしい演出&サービス、本当にありがとうございました

Dvc001961部で頂いた『梅の香り』

(できる限り、公平に配っていた徳ちゃんが素敵でした…2部はもらえなかった(笑)

沸き上がる拍手喝采の中、徳ちゃん&森本君、一旦退場。

(続く)

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント@satoko_mylife

« 自分たちに起こったこと | トップページ | 徳ちゃんソロLIVE『Route109 vol.2』レポ⑦(東京/大阪)♪ »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分たちに起こったこと | トップページ | 徳ちゃんソロLIVE『Route109 vol.2』レポ⑦(東京/大阪)♪ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ