« 徳ちゃんソロ「Route109 vol.1」東京10/19☆その4 | トップページ | 徳ちゃんソロ「Route109 vol.1」東京10/19☆その6 »

徳ちゃんソロ「Route109 vol.1」東京10/19☆その5

(続き)

(1部続き)

5.永遠 (ZARD、セルフカバー)

お水を持って、ぐいと飲む徳ちゃん。飲んだ後で、グランドピアノへ移動。今年、ZARDのメモリアルライブがあり、参加させて頂いたこと。ZARDにも曲を提供してきたが、その中でも“思い入れのある曲”を演奏したいと。マイクを手で調節して、目を閉じて、鍵盤の上に指を置く。

まるで、どこかの海の底にあるピアノから音の波が、細かいしぶきを上げて激しく湧き出る感じ指先からの情熱を、体全体で激しく鳴らすかのように、イントロを弾く徳ちゃん青いライトが照らす中、メロディーというより、本当にそこにあるのは“音楽”時折、ちょっと苦しそうな感じで、頭を逸らす。ここだけで、もう汗が飛び散る激しいイントロ

朱い果実を見たら 私のことを思い出してください

あなたの決心が固まったら・・・

きらきらとガラスの粉(かけら)になって

このまま消えてしまいましょう 誰も知らない楽園(くに)へ

メロディーに入ると、突然、その激しさが身を潜める。マイクに口を添えるようにして、淡々と歌う徳ちゃんの声は、静かで深い。そして、とても艶やかだ。右足でペダルを踏み、和音に乗って、ゆっくり階段を降りていく感じ。増崎さんのギターが、そっと徳ちゃんの演奏と歌を支えていく。間奏で、再び、激しく波打つ情熱

「君と僕との間に 永遠は見えるのかな」

どこまでも続く坂道

あの日から淋しかった 想像以上に… Just fallin' of the Rain

ここでも「the(ダ」の響きが耳に残る。テーブル席の上に置かれた、キャンドルの炎が揺れている。暗がりの中で、浮かび上がる徳ちゃん揺れる炎が重なっていく。音楽も演奏する姿そのものも、ただただ感動的だった(涙でにじむくらい

初めて聴いた、徳ちゃん自身の声での『永遠』は、深海の底で、ゆらゆら揺れながら咲く炎の花びらみたいだった。深くて激しくて、そして、静かでどこかあたたかな、美しい永遠だった

♪…♪…♪

(2部)

初めて聴いた1部のインパクトが自分には大きかったですが、2部も、さらに深まるような、本当に素晴らしい名演でした

徳ちゃん「ピアノ弾いちゃおうかな~

と、ちょっとかわいらしい言葉を残して、また、あの情熱のほとばしりへと圧巻の名演アーティスト徳ちゃん…ぜひ、再演をいつか希望したいですそして、演奏だけでなく、できれば、映像を残して頂きたいです

徳ちゃん「はい、ZARDの『永遠』を聴いて頂きました…」(1部。2部は以下の増崎さんのMCへ)

増崎さん「徳永暁人!…いいね!ルックスもよくて、ピアノも弾けて、歌も歌えて、ギターも弾けて…(笑)」(2部で、褒めちぎる増崎さん

徳ちゃん「そんなこと言って、後で、楽屋でどれだけダメ出しされるか(笑)

DIMENSIONのライブの時、若かりし頃、サポートをしてれた徳ちゃんの話

増崎さん「あの頃、どこ行くかわからない感じで(笑」(…今も時々?)

徳ちゃん「それって…夜の話?」(…徳ちゃん、どんな思い出が(笑)

広島でライブ前に、東京23区を言っていくクイズ(ゲーム?)をしたらしい。最後の1区を、徳ちゃんだけわからなかったところ…ライブ中、1番盛り上がっていたところで、ぼそっと耳元で「…大田区(笑)」とささやいた増崎さん。徳ちゃん、もう「うわーーーっ!!!(笑)」ってなって、ベースをかき鳴らしまくりだったと(笑)

徳ちゃん「…あの時の大田区がなかったら、今の自分はなかった(笑)」

お、大田区ですか(笑)会場、ハイトーンボイスとの運命的な出会いを思い描いたはず。やっぱり運命ですねぇ

2部では、ここで、増崎さんが、doaのライブを見て、ミュージシャンから、アーティストへと成長を遂げた徳ちゃんに感動したお話

増崎さん「どうも徳ちゃんの場合は、女性のファンが多いから(笑)男性ファンも、もっともっと増やした方がいい

徳ちゃん「男子!!!」(会場 男性客「はーい」)

徳ちゃん「頑張ります!

(続く)

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント @satoko_mylife

« 徳ちゃんソロ「Route109 vol.1」東京10/19☆その4 | トップページ | 徳ちゃんソロ「Route109 vol.1」東京10/19☆その6 »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

聡子ちゃんこんばんは☆

徳ちゃんの『永遠』私も感動しました。
この曲好きで、昔カラオケでよく歌ってました。そろ頃は徳ちゃんの存在もしらなくて、いい曲だなと思って聞いてました。
それが今となって徳ちゃんの、しかもピアノ演奏で聞けるなんて♪鳥肌立ちました(//∇//)
東京ではテーブル席でキャンドルが揺れてたなんて、素敵だったでしょうねー(^^)

もう一度聞きたいですね!

>kyonchan、こんばんは☆
徳ちゃんの『永遠』素晴らしかったですね
自分もB’z『SURVIVE』~『永遠』リリースの頃くらいに、徳ちゃんのお名前を始めて知りました。
漢字もローマ字書きも、なぜかとても印象に残って、どんな方なんだろうなぁ?と思って、『SURVIVE』や『永遠』聴いていたら、ほぼ同世代と知って、こんな素晴らしい曲ばかり…と、ますますどんな方か知りたくなりました(笑)

徳ちゃんのピアノは、本当に芸術というか、音楽でした
びっくりさせられっぱなしですもっともっと広い会場で、たくさんの観客の前で、またグランドピアノで弾いて歌って頂きたいです(もちろんベースも
テーブル席のキャンドルは、小さなグラスみたいな器に入っていて、それが本当に揺れて、徳ちゃんと重なってきました。あの暗がりと灯りが、またよかったですまた演奏して歌って頂きたいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 徳ちゃんソロ「Route109 vol.1」東京10/19☆その4 | トップページ | 徳ちゃんソロ「Route109 vol.1」東京10/19☆その6 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ