« ☆Happy Birthday☆大田さん♪ | トップページ | doa初ホール公演☆渋谷C.C.lemonホール⑩ »

B'z☆『C'mon』感想①

皆さん、B'z☆18枚目のアルバム『C'mon』聴いていらっしゃいますか?

素晴らしい完成度で、世の中に現れてきました

いつもと文体が違いますが、少し硬い感じで書いてみたかったのでなに気取っているんだ…と思ったら、知らない人のフリして下さい(苦笑)原稿ではないので、いろいろ並行してトライ

本当は、全曲書いてから、アップするものだと思いますが…時間がどんどん流れていくので、少しずつ書いていきます。(批評家ではないし、素人の感想なので、途中で修正を入れる場合もありますタイトルは、まず浮かんだもので)ネタバレありますので、まだ1回も聴いていない方は、一度、ご自分の耳で聴いてから読まれることを、お勧めします

拙いですが、何かの共感や、自分を含め、ひとつの作品をいろんな角度から考えるきっかけになればと思っています

↓Go for it

B'z☆18枚目のアルバム『C'mon』

~ひとつしかない現実を歩いていく力~

B’zの最新アルバム『C'mon』を聴いていると、つかみ所のない『距離感』や『時間』の中から、『たったひとつの現実』を受け止め、築き上げ、力強く歩いていこうとするエネルギーが感じられる。全13曲から感じられたことを簡潔にまとめてみようと思う。

ジャケットを開くと、CD開封前には見えなかったものが見えてくる。

燃えるような赤に、静かだけど、力強く青いC’monの文字。右下にある白は、ただの余白ではない。広げると、そこには「日の丸」の『白』が見える。ぼろぼろになった旗先は、野に咲く花とともに、朝日の方向にたなびき、はためいている。広げると目に映るのは、黒地の中にある「C'mon」の白文字。荒野に浮かび上がる朝焼けの太陽。そして、朝日の写真をめくるとB’zがいる。

1. C’mon

離れてしまえば ぼやける故郷の灯

でも忘れてるわけじゃない your sign

優しく見つめ 支えてくれた人

大切なものなくしても まだ僕と君がいるなら

もう一度笑いあおう 愛しい人よ

掠れそうな声でいい 聞かせて

止まらない それだけで生まれるチャンス

口笛でも吹きながら

ゆっくりでいい さあ行きましょう C'mon」と呼びかける稲葉さんの歌詞は、どこか別の場所に行こうと呼びかけているのではない。今いる場所から、生きていこうと、この場所から進んでいこうと歌っている。

震災の影響を強く受けたという歌詞は、今の日本にいる人になら、説明がなくてもきっとわかる。もちろん、被災地だけを歌っているわけではない。

なくしてしまった「大切なもの」は、それぞれの心の中にある。それは、人それぞれ違う。でも、ひとつ共通しているのは、この歌を聴いた人は、きっと、この歌を歌えるチカラや可能性を、自らに秘めている。きっと呼び起こせる。B’zは、そう信じているのではないか?

声に出して、誰かの手をとって、離れていてもどこかにいる「愛しい人」のことを思って、歌うチカラを、人は必ず持っている。その力は、「止まらない」ものだ。「それだけで生まれるチャンス」のあるものだ。「今始まる」ものだ。そして、「今も燃えている」ものだ。

もう一度笑いあおう 愛しい人よ」と呼びかけるB’zの音楽は、強くて優しい。それは、どんなに離れた場所でも、遠くにいる人でも、決して決して忘れていない…と差し伸べられた深い愛情そのものだ。

だから、アルバムの冒頭に、この曲がある。恐れず、迷わずに受け止めて、一歩、進んでみようと思わせられる。地の底から奮い立つような、「C'mon」の声とともに。

2.さよなら傷だらけの日々よ

シングルカットされたこの曲は、ジャケットからも、荒野の中で2人が高らかに歌う絵が浮かんでくる。

東日本大震災が起こる前から、すでに発売が決定されていた曲だ。

しかし、震災後、この曲は、B’zがリリース前に思い描いていたものとは、別の意味合いも、合わせ持つようになった。リリースと同時に、背負ってしまった運命がある。

おそらく震災前のリリースでは、自分を傷つけてばかりいた主人公が、そんな日々から、“さよなら”して、次の世界を目指そうという意味合いだったのだろう。ペプシCMのタイアップもあり、突き抜けるような、爽快さを、まず表したかったのではないか?と思う。

気づいてしまったよ ボクを傷つけたのは

このボクだったよ Baby そうさ So sad

鏡で自分ばっか 眺めて恨み節うたうのはやめます

そして出てゆきます

しかし、産み落とされた瞬間に、背負ってしまった『傷』は、決して、自分ひとりの傷ではなく、もっともっと大きな、日本という国の持つ『傷』だった。

アルバムでは、その大きな『傷』のことは、『C'mon』に任せ、この曲は、曲自身の本来の魅力を生かしながら、全体の中で、『C'mon』の後に続く位置づけとなっている。

さよなら傷だらけの日々よ

目指すは次の世界

明日はもうここにはいない

「次の世界」や「ここ」は、やはり場所だけが変わるわけではない。今の自分からの決別と旅立ちをこそ告げている。

ダイナミックな広がりを持つメロディーは、「がんじがらめのこの部屋」から、「次の世界」へと旅立つ風をはらんでいる。

「ありがと悔いだらけの日々よ」…そう言って、「本当に戻るべき場所」へと羽ばたく「ボク」の、「はじめの一歩」となるグライドを支える「まだ見ぬ風」のような曲だ。

(続く)

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)アカウント @satoko_mylife

« ☆Happy Birthday☆大田さん♪ | トップページ | doa初ホール公演☆渋谷C.C.lemonホール⑩ »

日記」カテゴリの記事

B'z(稲葉浩志/松本孝弘)」カテゴリの記事

コメント

long time no seeです。

少し前までは、さとこさんが更新してくださると携帯にお知らせが届いていましたが…

いつも、B'zやdoaの情報をご提供くださりありがとうございます。

今回のB'zのC'monも、赤白青はペプシカラーと疑う余地もなく過ごしておりました。

白はFlagのベースカラーとしか見れていませんでした。
日の丸なんですね!!そうやって見ると、ほつれ具合にも意味がある?かな…

また、いろいろと教えてください。

毎回、空耳でB'z狂な同僚を呆れさせている私です。

>3005さん、こんばんは☆
お久しぶりです♪更新メール登録して下さっていたみたいで、ありがとうございます自分のブログなのに、いまいちやり方がわかっておらず…自分も読者になっています(^^;が、届かないですね、最近(苦笑)(ココログの自動更新サービスみたいです
最近は、ツイッターで、ブログを更新したときに、連絡しています(でも、ツイッターでは、ぶつぶつ…と未だ青春真っ只中のような、幼い悩みや余計なこともつぶやいているので、フォローは無理されずに

B’z『C'mon』お盆で帰省したときも持って行きました
車の中で1回しか聴けなかったけど、またじっくり聴きなおしていきたいと思います
ボロボロになったけど、はためく日の丸だと自分は思います今だから生まれたアルバムだなぁ~と本当に思うので、じっくり聴いていきますね

読んで下さる方がいて下さるのは、とてもうれしいことですまたじわじわテンション上げていきます♪
そろそろ、B’zの…B’zの…夏季講習の時期だと思って(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ☆Happy Birthday☆大田さん♪ | トップページ | doa初ホール公演☆渋谷C.C.lemonホール⑩ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ