« あたたかく♪ | トップページ | もてぎへGO!!! »

doa LIVE Tour-THIS LIFE-東京&金沢☆⑥(ネタバレあり)

doa LIVE Tour-THIS LIFE-東京&金沢の覚書レポ⑥です。

ネタバレありますので、これからの方は、ライブ終了後に読んで下さると幸いです。(①~⑤からの続きです)

♪…♪…♪

大樹君「汗かいているかぁ~びしょびしょになって帰ろうぜ~」(in 金沢)『どしゃぶりPaper Driver』

15. どしゃぶりPaper Driver

会場、一斉の歓声ここから、さらに加速します大樹君は、マラカスを取り出して、2つ一緒に振ってくれます徳ちゃんは白ベース。

忘れてた記憶ほじくり返して

アレをこうして ナニをどうして

徳ちゃんのリード、CDよりも、さらに武骨に響いてきます一語一語をすごくはっきり歌ってくれる。

ネットでゲット 似合わずめげる(ah~ah~

…で、着ていたベストをひらひら…(これこれ…)という感じで見せて、「めげる」で親指をダウン(ダメだったよ)本当にネットでゲットしたのかは、わからないけど…でも、徳ちゃんの日常の中から生まれた歌詞「似・合・わ・ず・め・げ・る」というくらい、くっきり歌詞が浮かぶ歌い方です(→家で歌ってみたら、4回下がりきるのが難しい(苦笑))

CDでは打ち込みのリズムが正確に(もちろん徳ちゃんこだわりの揺らぎの幅みたいなのはあると思うが)先へ先へと進む音が、コンスタントに耳に入ってきて、徳ちゃんリードを待っています。でも、ライブでは、鶴屋さんのドラムも正確だと思うんですが、生のバンドの音と声を、自分の耳は、すごくランダムにキャッチしている(→一緒にキャッチできずにいる

そのせいか、全体がCD以上にゴツゴツして聴こえました。ライブだから当たり前…と思うけど、東京&金沢とも、Aメロの同じ部分で「?」と思ったので、それが何だったのか、次にわかればなと思います。

振り向けばひとりっきり そんな人生生きたくないよ

今飛び乗ればまだ間に合うはず 道しるべはどこかにきっとあ

大田さんの伸びやかなハイトーンここで必要とされる声の天井を、気持ちよくのどで撫でるように確認しながら、ふっと突き抜けていく感じ快感ですね(→これも実は「まだ間に合うはず」でしっかり下がりきる方が、高く上がるより難しいのかも?と家で歌ってみて思いました

半分はBlue どこまでもTrue

…の「どこまでもTrue」で、右手の人差し指で、会場をぐるっと指さしてくれる徳ちゃんこの辺り、余裕のステージングでも、テンションを落とさないように、ものすごくテンパっていた気がします

気合は最後まで十二分で、メンバー全員、さらに加速するくらい

疲れもピークに差し掛かるところ、テンション維持してくれただけですごかったし、パフォーマンス的にも、最高

でも、本当に息つかせず、突っ走る感じでした(余裕がほしい?)自分も、次はもっとサポメンズも観たいです。

僕は恋愛のPaper Driver

臆せず歌いきってくれる徳ちゃんが、ホントに素敵でした

ドゥヤドゥヤ…で、ワイパーを振るようなノリの良さを感じます森本君のギター・ソロ、グッドと両日メモあり

あぁ どしゃぶり もう どしゃぶり

Paper Dirver どうなってもいい

東京では初日の景気づけか、持っていたマラカスまで、勢いよく、左右にほおり投げた大樹君(…金沢ではさすがに投げず。マラカスまで毎回、買わんといかんしな…

16. Bye-Bye デフレーション

鶴屋さん「ワン、ツー

鶴にぃのドラムソロから、「Bye-Bye デフレーション」へ今回、1番盛り上がると予想されていた曲会場のテンションMAX

徳ちゃんは、今度は赤ベース(位置は通常のまま)で、センターにいる大樹君が、会場をまとめます。

サビで入る「パ、パンッ…」に合わせて、自分の顔をビンタする大樹君

四文字熟語のところは、徳ちゃんと大田さんが交互に歌い、それを大樹君が、こっち?そっち?どっち??という感じで指差しています。

戦々恐々 有言実行

千載一遇 不言実行

大樹君「びちょびちょになっているかぁ~doaのライブは皆さんにも歌ってもらいます

間奏を生かして、ステージとのキャッチボール開始

大樹君「Bye Bye Bye デフレーション」(会場、繰り返し♪)

大樹君「Come Come Come インフレーション」(会場、繰り返し♪)

大樹君「よっしゃ、リーダー、一発かましてやってや

徳ちゃん「お待たせしました、男子(めっちゃうれしそうな徳ちゃん)それから…男子並みに声が低い女子

ここでも徳ちゃんとのキャッチボール「ゥオー」という音も入ったりして、低音の魅力たっぷりです

負けじと高音パートも

大田さん「いくぜー男子並みに焼酎に強い女子(…な、なんですか?それ?)」(in 東京)

大田さん「Bye Bye Bye~Bicycle(バイセコー)」(バイシクル=自転車)

なぜか、自転車?!

バイ」つながりでの言葉遊び

ここであなどっちゃいけませんさすが、大田さん、ひっくり返りそうになるくらいの、ものすごい高音まで持っていってくれます

金沢では、「男子並みに戦国武将に詳しい女子」(…な、なんじゃそれ?)となって

大田さん「バイバイ バイリンガルになりたい」×2 (きたっ…どこかで入ると予想したバイリンガル

大田さん「バイバイ バイリンガルになれない」×2

大田さん「バイバイ バイリンガルになりてぇ」×2

高音もすごかったし、大田さんのオラオラ…の野郎調も、すごく新鮮でした

大樹君「(バイリンガル)…がんばって下さい…なんで、そんなオラオラ系なんですか?

この後も大樹君との「ヘイ!」×2の掛け合いがあったり、大樹君の超ロングトーンがあったりしました

大樹君「今度、伸ばすからね♪」…いつの間にそんなロングトーンをと思うくらい、すごかったです(ヨッシー自身、ひっくり返ってましたが

その大樹君のロングトーンをめちゃめちゃうれしそうに拾う徳ちゃん

大樹君「オォ~~~~~~ォ~~~ォ~~~ォ~~~~…

徳ちゃん「さん、はいっ」(…こ、こんなおいしいとこ、持っていくなんて

鶴ちゃん、なだれ込むように…ドラム、イン

会場「Bye Bye Bye デフレーション

本当に不況なんか、ふっ飛ばしたくなるくらいのMAXの熱気が会場を包んでいましたほんっとうに、アツかったです

各楽器が音を伸ばし合う中、最後に何度も「サイコー!ありがとう!」とマイクなしで叫んでくれた徳ちゃんの笑顔ギターをかき鳴らす大田さんマイクを高く上げる大樹君みんなみんな輝いていました

(続く)

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません) @satoko_mylife

« あたたかく♪ | トップページ | もてぎへGO!!! »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

さとこちゃんおはようございます。

あ~早くLIVE行きたいよ~

さとこちゃんのレポでも興奮してしまう~。
LIVE待ちきれないくらい
あと9日楽しみです

さとこさん、おはようございます。
レポ⑤から後の時間は、アドレナリン出過ぎで細かい記憶ないですが、、、Bye-Byeデフレーションのキャッチボール楽しかったです
大田さんの高音には、、、最後までは付いていけず(男子並みに声の低い女子なので
大田さんの、ステキな上向きのノドを、見つめてまいりました

開演前は「Fu~Fu~」って、みんな言うよね!?まさか、言ってる方が少数とかないよね!?とかって心配してたのに無駄な心配でした
手拍子と声とワイパーとキャッチボールと手拍子と。。。ものすごっく楽しませてもらいました

>kyonchan、おはようございます☆
読んじゃったんだ~(^^;)でも実際のライブはこんなもんじゃないから、大丈夫!!!
福岡まであと9日楽しみで仕方がないですね
ものすごいエネルギーで、みんなキラッキラに輝いていると思うから、ゼンブまるごと受け取ってきてね
福岡の様子、聞くのを楽しみにしています

>りつこさん、おはようございます☆
Bye Byeデフレーション、楽しかったですよね
掛け合いのキャッチボールかパートわけなど、今回もあるかな?と思っていたけど、楽しさは開いてみないとわからないものですね
メンバーもお客さんとのやりとり、すごく楽しそうにしてましたね
歌って踊り出したくなる曲だったので、クライマックス近くに入って、大盛り上がりで、すごくうれしかったですライブDVDできないかなあ?と早くも思ってしまいました(実現できるといいのになぁ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あたたかく♪ | トップページ | もてぎへGO!!! »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ