« アイドリング中♪ | トップページ | 坂崎さん「フォーク村」Opening Actに!!(doa出演) »

doa音霊2010レポ①

doa FCイベントの前に、まずは「音霊」からイってみようかと思います大吉徳売日もあるので、今回、少し簡潔にいきますね

~音霊 doa~「VOICE FROM THE BLUE(2010年7月31日)

昨年は、7月上旬(9日)で、梅雨明けの境目だったのが、今年は、すっかり夏休み風景が違います(笑)まさにビーチ

Caksjrus昨年と同じアングル♪

Caduuaw5_2逆バージョン(反対側)

う~ん、水着着ていないのがおかしいくらいそして、水着ギャルに視線がいかないのもおかしいくらい(笑)

Cajvmn79(←お兄さんたちが歌って(のぞいて×)いた小屋)

Capp56yb

中は横長のステージで、昨年は、オールスタンディングだったのが、今年は、6~7列くらい椅子があり、その後ろがスタンディング。1番後ろには段もあって、砂浜に立てた小屋のライブハウスで、柱もあるけど、ステージはとても見やすかったと思います

doaの前のKさんのアンコールで、KさんとKANさんが一緒にビリー・ジョエルの曲をされました。盛り上がったのですが、ちょっと“じゃんけん”に、てこずりました(1番おいしいフレーズをどちらが弾くか、じゃんけんで決める…となって、勝った方が弾くのか負けた方が弾くのか決めていなかったため、数回やり直し)楽しかったけど、少しだけ時間が押しました

でも、KANさんは、アンコールではアメフトの選手の格好(笑)だったり、LIVE中、ピアノの音が止まったハプニングをKさんが即興で切り抜けていく…など、他のアーティストさんのステージは、やっぱり勉強になること多いです全部見たかったけど、今回、自分は体力と暑さを考えて、出入りして、Kさんとdoaのステージだけフルで拝見しました。以下、doaの部分です。

まずは、3人登場

徳ちゃん…グレーのTシャツ(地味でも風合いがいい落ち着いた感じで似合う)一つ目小僧さんと一緒。

大田さん…白のTシャツ(この形の手=「」が2つ、がっちりタグ組んでいるもの。そこに“HARMONY”の文字。絶対、こだわりの1枚に違いないかっくいー)ハミングバード君と一緒。(→しっかり見えなかったけど、合っているかな?

大樹君…ピンクのTシャツ(初めてステージでピンクを着た姿を見ましたが、カッコかわいい登場と同時にオーラ全開

鶴屋さん…大田さんの後ろにセッティング前の方のドラムは使わずに、オリジナルで。よく見えなかったけれど、ドラムセット+カホン両方使っていらっしゃったような気がします。(違っていたら、すみません

ここから、曲の感想です。新曲についても触れますが、アルバム発売前なので、婉曲に書いても、ネタバレになる可能性あり

1.笑うが勝ちや

1曲めから一気にテンションアップ(5/15大阪の野外音楽堂でのLiveもこの曲からだったそう)昨年のツアーでは本編・最後の曲だったけど、ガツン!と1曲めにやるのもいいです大田さんアコギ、徳ちゃんアコベ、鶴屋さんは、スネア&シンバルの音が聴こえたような気がするのですが、どんなセットだったのか、わからず…(サスペン+スネア+ハイハット+途中で、カホン?)でも、お客さんは、みんなノリノリタオル&おしぼり、振り振り…で、エンジンがかかっていきます

間奏で、童謡「海」が挿入されますコーラス、あったかくて素敵でしたdoaのステージだ

2.Imagime (新曲)

大樹君「新しい曲やります。聴いて下さい“Imagine”」

徳ちゃんの想像力(=妄想癖)の賜物前向きな歌です。

すべてがうまくいくと考えるような、ポジティヴ精神が、楽しく生きていく上で、大事なんだろうな…それこそが、もしかしたら世界を動かしていくのかもしれないな…と感じた曲。同じ人生生きるなら、“いいこと”想像しなきゃすがすがしい曲で、青空が似合います歌詞に出てくる、“あの○○○雲のように~”は、イメージをつなぐ、キラリと光る言葉ですリードは、さわやかなメロディーが似合うボーカリスト

3.サザンライツ

もちろん、徳ちゃんリード地元・神奈川の海の傍で、この曲を歌う徳ちゃん。「久しぶりに地元に帰った~」=昨年と同じく、とても気持ちが入っていて、思い入れを感じます。一つ目小僧さん(5弦アコベ)との駆け引きが段々と見物になってきます徳ちゃんのアコベが、一層、歌い始める…たとえ、白玉勝負であっても…1音1音に魂がこもっていました。

さわやかなハーモニーは、夏の海にぴったりで、大田さん&大樹君&徳ちゃんの3声コーラスが、本当に波のように押し寄せてきました力強いけど、優しい波です

~MC~

大樹君「人間って、こんなに汗かくもんなんですねもう皆さん、ここに立ち続けて、何時間ですか?昨年、呼んで頂いたときは、7月上旬で、泳いでいる人もほとんどいなかったのが、今年は…なんで、俺、水着きていないんやろ?って(笑)リーダーの徳永さん、着いた途端に…隠し撮りしてましたが(笑)

徳ちゃん「…(んなこと)やっていないっ」(…ホントに~?

大樹君「今度、無人島で、Liveするのもいいかなって…そしたら、徳永さんに『お客さん全然いないじゃん』って言われました僕たちの1st アルバムにも『無人島』っていう曲があります

4.無人島 

おお~っめっちゃ、うれしい!!!イントロ鳴っただけで、テンション、アップ初期の徳ちゃん作詞のラブ・ソングリードは、大樹君です甘くてたくましい声が似合う曲

無人島で 二人きりで 君だけに誓って 恋してみたいよ

そうさ あれもいらない これもいらない

本当の世界で 笑ってみようよ

サビの部分だけだとあまあまのラブソングですが、この曲から、もう出てきています。「大人」への境界線「白いネコ」(…だよ本当は)「黒く染まって」「ズタズタ」になって辿り着いた「君」、そして「本当の世界」…徳永暁人ワールドへの入り口ですね

そして、「無人島で~」とガツン!とハモるハーモニー聴かせどころです

今のdoaで聴けて、すごくうれしかったので、ライブで、ぜひ、また歌って頂きたいと思っています

5.いっぱい (新曲)

作詞が大樹君。…ということは、リードはもちろん吉本大樹のラブソングは、あったかいそして、やっぱり、包容力があります裏声になる部分があるんですが、それが、逆にいい効果をあげていると自分は思います。はかない愛情をつないで、つないで…やがて、ぶっ太い愛情になるような、そんな、1つ1つは細やか(繊細)で見えないけれど、でも、すごくたくましい糸を感じる歌です

徳ちゃんのメロディー、大樹君の歌詞、大田さんのギター、そして、3人のハーモニーも愛情に満ちあふれている印象を受けましたきっとアルバムの中でも、少しゴツゴツとした手触りでも、珠玉の1曲になっているはず自然と涙があふれてきますリードvoとともに、澄んだブルースハープが光ります

(続く)

« アイドリング中♪ | トップページ | 坂崎さん「フォーク村」Opening Actに!!(doa出演) »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

聡子さん、こんにちは
音霊レポありがとうございます

もぉリーダー
隠し撮りしてからぁ
(笑)
水着ギャルたくさんいたんでしょうね〜

海で聴く三人のHarmonyは最高でしょうね

>さやさん、こんばんは☆
リーダー、実は…?!(笑)…まあ、観たいものを見て頂きたいと思います海が似合うので
水着ギャルいっぱいでしたでも、女性の目から見ても、いろんな水着があって、それはそれは、色とりどりで楽しかったです。
あの水着かわいいな~とか、思いながら海辺を歩きました。
海辺での3人のハーモニー、最高でした
やっぱり今度は、ビーチで大吉徳売日かな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アイドリング中♪ | トップページ | 坂崎さん「フォーク村」Opening Actに!!(doa出演) »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ