« doa『THIS LIFE』を味わう♪④(いっぱい) | トップページ | 九月になれば♪ »

doa『THIS LIFE』を味わう♪⑤(I Sing)

5.I Sing

タイトルから、もう大田さん作詞とわかります歌詞と曲にこめられた想いは、doa3人のものだけど、でも「Sing」という言葉を誰よりも大切にされているSingerがいるそして、全13曲の中で、(自分が)1番美しいと思うイントロから始まりますイントロだけで本当に、涙があふれてくる曲です時間が…特別な瞬間にまで、瞬時に移動する徳永マジックが、魔法の粉のように、ふりかかります

届かないこと 伝わらないこと

今日も歌おう 僕は歌おう

毎年増えるアドレス みんな元気でいてほしいと願う

PC開けば故郷(いなか)の友のブログとつながったり

なんか安心するよね 便利な時代になったよね

でももっと温もりが欲しい 人はもっと感じあっていい

リードは、大田さんと大樹君のダブルリード。本当に飾らない大田さんの言葉…もう、そのまんまだと思いますPCでご覧になっている愛媛のご友人のブログ、他のアーティストさんのブログやHPなど、つぶやかれなくても、きっと、そっとクリックされているはず少しラップ調のリズムに乗せて歌う大田さんも新鮮

あふれる情報、飛び交う言葉…ことばには、もちろん、人を動かす力がある、でも…人を動かすのは表面的な文字だけじゃなくて、その奥にあるお互いを想う気持ちだったりします

届かないこと 伝わらないこと

笑顔だけじゃ読めない気持ち

目を閉じて君を想うよ

今日も歌おう 僕は歌おう

笑顔だけじゃ読めない気持ち」が、世の中にはたくさんある。あの時笑っていた人の笑顔の奥には、どれくらいの悩みや悲しみや、苦しみやそして、努力があったのだろう?「君を想うよ」…「想う」は、やっぱりこっちの字ですね「相手の心を『想う』」…どれだけの想いを隠して、笑ってくれたんだろう?(3人にも、聴く側にも、それぞれそんな人が必ずいるはず)

主旋律のにあるオーケストレーションの美しさ…マエストロ徳ちゃんの力量にも圧倒されます。流れるような弦の音が、キラキラ光る、川面のように本当に滑らかに続いていく。すごいです、本当に切ないくらいに…美しすぎる音楽です

突然逝ってしまった人 もうその声は聞こえない

僕に何ができるだろう 今何が残せるんだろう

どんなに進化したって なくしちゃいけないものがある

最後に信じられるもの あなたは今も信じてますか?

大田さんの歌詞だと思うと、やはり坂井泉水さんのことを、自分は、ふっと思い出してしまいます。突然逝ってしまったアーティストの方々の分まで、歌い続けたいという想いを感じてしまいます。…が、誰の日常にも、“突然逝ってしまった人”がいるはず。

「なくしちゃいけないもの」「最後に信じられるもの」…すぐに答えはでてこないけど、「温もり」につながる何かだと自分は感じていますそれを“THIS LIFE”の中で、見つけていきたいな

届かないこと 伝わらないこと

勇気だけじゃすれ違う気持ち

うん…これもある言葉でも、行動でも、想いが届かなかったとき、勇気を出して何かをしてみても、ダメだったとき、その想い自体が不要なものなんじゃないか?そう思ってしまうことだってある。でも、すれ違っても、想いは消えないぶらりんになった想いを、そっと拾って、歌に載せて届けてくれる…。そんなSingerが、doaには3人もいてくれます

暑い夏汗だくになって 凍える冬マフラーぐるぐる巻いて

手を繋いだ 抱きしめあった それだけでよかった

ここ(Dメロに当たる部分)は、大樹君のあったかいボーカルが輝いています会報で大田さんや徳ちゃんが褒め称えているとおり、「吉本節」が出ています本当にマフラーのようにあったかい…それを存分に輝かせている徳ちゃんの腕前も見事!!!

目を閉じて、耳をすませば、本当に大事なものだけが聞こえてくる

あったかいコーラスの後で…聴く側は、閉じていた目をもう一度、開いて、まっすぐに顔を上げて、明日に向かいたくなるような曲

今日も歌おう 僕は歌おう

優しく、力強く…大切なことを誓ってくれる、3人のSingerに…心からのありがとうを伝えたい曲。

そして…今まで生きてきた、すべてのことに感謝して、聴き続けたい曲

(続く)

なう☆ツイッターのミニ窓(携帯の方、すみません)

« doa『THIS LIFE』を味わう♪④(いっぱい) | トップページ | 九月になれば♪ »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

コメント

さとこさん、こんばんは
さとこさんの言葉に、うん、うんと共感しながら読ませて頂いてます

「THIS LIFE」…これほんとに良過ぎ
私、今までCD聴いて感動した事は、たくさんあるけど、泣いたのは初めてです

いっぱいで涙腺が緩み、その後のI Singでまた涙

アルバム聴き込んでいくぞ〜と今から気合い十分です

>ようこさん、こんばんは☆
本当に、お世辞抜きで、素晴らしいアルバムですよね
自分も「いっぱい」から「I Sing」で本当に泣きます~(涙、涙)
でも、またキリッと顔を上げたくなるから不思議
ツアーまでに万全に整えて行きたいと思っています
今、すごく、ものすごく聴きこみたい…そういう心境です

こんにちは さとこさん♪
「06.I Sing」
曲の温かさだとか 大田さんの詞の世界観とか 歌声だったり
私は曲を聴いていると 懐かしい風景
(夕暮れ時のグランド )
を 思い浮かべてしまいます。

懐かしさ=から 自分の思い出の場所 だったりするのかもしれません


「届かないこと 伝わらないこと 笑顔だけじゃ 読めない気持ち 目を閉じて 君を想うよ 今日も歌おう
僕は歌おう」

ジーンとして。
ウルウルきて。
でも 自然と笑みが でてきて 口ずさんでいます。


大ちゃんの 「手を繋いだ 抱きしめあった それだけでよかった」
の歌声もキュンときます

本当に徳永さんが作られる曲って好きだなぁーって、聴いていて幸せだなーって思いました

>ニコさん、こんばんは☆
温かくて、切なくて、うるうるする曲ですよね
夕暮れのグラウンド、思い出してしまうの、わかります
大田さんの歌詞と世界観は、やっぱり優しいです
大樹君の声は、やっぱり、キュンときます
そして、徳ちゃんの音楽は…やっぱり感動して、そう、しあわせになれる曲ですね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« doa『THIS LIFE』を味わう♪④(いっぱい) | トップページ | 九月になれば♪ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ