« DY SHOW☆1日&2日にするんか? | トップページ | 「マイミライ」のアナタとあなた »

『doaのグッデイ☆サンデー』3/14第49回の2

(続き)

大田さん「doaのおおくりしています、『グッデイ☆サンデー』1曲目は、僕たちdoaの3月17日、え~今週水曜日発売のニューシングル『旅立ちの歌』でした」

~BGM♪春らんまん~

大田さん「はい、今日はですね、3月14日、え~」

徳ちゃん「あ、そうだ!

大田さん「ね!世間は、ホワイトデーという日ですけど。ね、ラジオネームしょうさんからメッセージなんですけど」

大樹君「はい」

しょうさん「片思いの彼女がいます

大樹君「うん」

しょうさん「家電量販店に勤務しています。携帯の窓口にいます

大樹君「うん」

しょうさん「何回も相談に行きました

徳ちゃん「あぁ~

しょうさん「笑顔の可愛い、綺麗な人です

徳ちゃん&大樹君「うん」

しょうさん「手が触れて、ドキッとしました話も仕事中なので、自由にできません。どうしたらいいですか?

徳ちゃん「わかるこれ、すげーわかるわ(笑)」(一気にテンション、アップ

大樹君「わぁ!いいな~いいな、いいなぁ~」(素直な

大田さん「ねぇ」(3人とも一緒や(笑)

徳ちゃん「もう、それ、電気屋さんの携帯コーナーとかね

大田さん「う~ん

徳ちゃん「わかるあと、ほら、ラーメン屋さんとかね、よく行くお店に…そ~なんかね、そのきれいな…人とか…いっちゃ…行っちゃいますよ僕なんかももぉ」(ホントに素直な徳ちゃん

大田さん「これ…どうしたらいいんですかね?この…しょうさんは?」

大樹君「これは、どうしたらいいですかね?徳永さん」(しっかり徳ちゃんに回す大樹君

徳ちゃん「携帯の操作方法かなんか、こう、いちいち聞きにいくとか、どうですか?

大田さん「あぁ

徳ちゃん「なんかこう『返信ができないんですけど…』とか」

大樹君「わかったわかった赤外線をね自分のオーナー情報を出してですね…

大田さん「はい(笑)

大樹君「これ出して『これ~赤外線で送るの、どうしたらいいんですかね?』とかね」(…え?

徳ちゃん「はは!」

大樹君「画面を見せながら

大田さん「なるほど

大樹君「『ちょっと、これ~どうやって…?携帯試しにちょっと、さしてみて』」

徳ちゃん「なるほどね。で、お姉さんのこう…」

大樹君「『え?え?…私の?』みたいな。こう…『あ、あぁ~送っちゃった…』みたいな…」(だ、大樹君っ

徳ちゃん「ひどいっすね~ズル賢いっすね~この男はもう…」(初めて大樹君を“この男”呼ばわりする徳ちゃん。確かに

大樹君「はは!

大田さん「そういう…こう、ちょっとこう、姑息(こそく)な手段が通用するのか?」(赤外線を“姑息な手段”という大田さん。確かに

徳ちゃん「はぁ」

大田さん「それとも!あの~ね、こう、なんちゅうの?こう、男らしく…え~ビシッ!と言うのか」(ビシッとなんちゅうの?

徳ちゃん「男らしく…機種変しまくるとかね

大田さん&大樹君「ははははは!」

徳ちゃん「もう毎週、機種変しますね、この人

大樹君「男らしくないですよ

徳ちゃん「覚えられるんじゃないですか?絶対。ねぇ

大田さん「う~ん、これはちょっとね、ちょっとがんばってもらいたいと思いますけど。この気持ちは僕たちも…」

徳ちゃん「いろいろ、でも会話したらいいですよね

大田さん「うん…わかる」

大樹君「あまりにも、声をかけれないのに、しょっちゅう行ってると多分、怪しまれるんで

大田さん「そうなんですよね」

大樹君「勝負は早い方がいいと思いますね」(さすが

大田さん「そうですね、はい」(大田さんも?

大樹君「ガツ~ンと!」

大田さん「うん、早めに…いってもらいたい

大樹君「…いっちゃって下さい」(…そうですか

大田さん「はい、次。ラジオネームにしごんさん。おはようございます

徳ちゃん&大樹君「おはようございます」

にしごんさん「駅に置いてあった小さい釣り手帳

大田さん「釣り手帳ってのが、駅にあるんですって

徳ちゃん「ほぉ」

にしごんさん「こんなのあるんだ~と手に取ると、かわいい地図とイラストで、釣り場と魚たちの紹介

徳ちゃん「ほぉ」

~BGM♪Wave Your Hands~

にしごんさん「一生釣りのすることなどないと思っていた私ですが、この手帳を見てなんだか楽しそうだな…と思ってます大田さんが釣りを始めたきっかけはなんですか?釣りの魅力も教えて下さい」(いい質問ですね

大田さん「と、いうことなんですけど、え~僕、大田は、釣りが趣味

徳ちゃん「うん」

大田さん「ねぇ…現在はですね、ブラックバスの釣りを…が、大好きで、やってますけど。もうね、考えてみたら僕も、愛媛のね、宇和島の、宇和海で育ちましたからね沿岸で。あの…気がついたら、やっぱりね、ちっちゃい頃から釣りしてたんですよ」

大樹君「あ~そうなんですか…」

大田さん「はい。あの~イカダとか防波堤にね、ホントよく行ってたの

徳ちゃん「ふ~ん」

大田さん「それをね。東京に僕、出たんですけどね。東京出てね、やっぱ東京って釣りのイメージ全くないじゃないですか?」

徳ちゃん「ないですよねぇ」

大田さん「ねぇ!釣りのことはすっかり忘れてたんですけど」

徳ちゃん「うん」

大田さん「ある時ですね、僕のえ~、バンドのディレクターさんがですね

徳ちゃん「あ、前やってたバンドのね

大田さん「そうね。…大好きで、釣りが

徳ちゃん「ほぉほぉほぉ」

大田さん「バスが!…で、その人と会って、釣りに連れてってもらって。千葉の印旛沼ってとこ行ったんですけど、そこで第一投目に投げたルアーでバスが釣れたんですよ

徳ちゃん「あ!ビギナーズラックというやつですか?」

大田さん「そうなんですよねぇ

徳ちゃん「ほぉ!」

大田さん「そっから、どっぷりハマってしまいましたけど」

徳ちゃん「あぁ!」

大田さん「あの~やっぱね、釣りっていうのはね、あの~僕、思うんですけどね、人間もね、やっぱ自然の一部だと思うんですよ

徳ちゃん「はぁはぁ」

大田さん「思いません?

徳ちゃん「はいはい」

大田さん「だから釣りとかっていうのは、自然に遊んでもらってるんですよ、僕たちは」(おお~っ

徳ちゃん「うんうん」

大田さん「うん、大自然に。でっかいものを」

徳ちゃん「なるほど、うん

大田さん「だから、え~そういう自然のパワーを一番もらえる…と思うんですよ」

徳ちゃん「ほぉ!」

大田さん「まぁ、徳永君もキャンプとか行ってサルと戦ったりしますよね?」(サルと戦うの?徳ちゃん

徳ちゃん「へへへ!まぁ、時にね!はい

大田さん「はい。そういう時に、やっぱり自然のパワーを思い知るでしょ

徳ちゃん「そうですね~。ま、だからあれですよね。自然とこう~触れ合う機会として」

大田さん「はいはい」

徳ちゃん「釣れる、釣れないじゃないんだね?」(おお~っ

大田さん「そうです!」

徳ちゃん「要はね。そういうことですよ」(大人な2人

大田さん「はい。そういうのをね、あの~ちょっとね、やってみてもらったら、ちょっと楽しさがね、分かると思います」

徳ちゃん「そうですね」

大田さん「あと、自然のね、いろんなこと発見できますからね

徳ちゃん「愛媛はだってね、いっぱい釣れるでしょ。いいポイントいっぱいあるんじゃないですか?」

大田さん「釣れるんですよ、これが。釣り天国ですよ愛媛は。はい。やってもらいたいと思いますけど。え~今日の2曲目いきたいと思うんですけど」

徳ちゃん「はい」

大田さん「え~前からかけたいな…と思ってたアーティストなんですけど…ジャクソン・ブラウン」(きました

徳ちゃん「あぁ、いいっすね」

大田さん「はい、ウエストコーストのね。大御所ですね」

徳ちゃん「そうですね~」

大田さん「つい先日に、僕ら大阪住んでますけど、大阪にですね、ジャクソン・ブラウンとシェリル・クロウが

徳ちゃん「はい」

大田さん「ねぇ!一緒にLIVEをしましたが」

徳ちゃん「観て来ましたよぉ~」(夢の共演に萌えそうな徳ちゃん

大田さん「観てきました?」

徳ちゃん「観てきましたよぉ~ジャクソン・ブラウンっつったら、あの~、イーグルスの『Take It Easy』の…」

大田さん「そうなんですよ」

徳ちゃん「作曲…ね、した方なんですけども」

大田さん「そうなんですよ~」

徳ちゃん「まぁ、自分でもシンガーソングライターとしてね。大御所で。これねぇ」

大田さん「はい」

徳ちゃん「シェリルとね」

大田さん&大樹君「はい」

徳ちゃん「二人のLIVEなんだけど」

大田さん「はい」

徳ちゃん「要は基本的に2部構成なわけよ俺、一緒に歌うのかな…と思ったんだけど、全然、対バンってやつ?いわいる

大田さん「あ!そうなんだ!」

徳ちゃん「アマチュアバンドでいうと」

大田さん「はいはい」

徳ちゃん「対バン形式で、1曲だけ、途中でね、こうダブって、全員バンドが出てきて、お互いのバンドが出てきて『Take It Easy』を2人で歌う

大樹君「おぉ!」

徳ちゃん「めちゃめちゃカッコイイ!!コーラスのお姉さん達もいて、みんなパーカッションとか持って全員で。もう、鳥肌もんでしたよ」(徳ちゃんの説明が鳥肌ものだ(笑))

大田さん「聴いただけでちょっと僕、鳥肌たってくるんですけど

徳ちゃん「すごい…

大田さん「わぁ…いいなぁ…観たかった…

徳ちゃん「でもね、キーがね、一音下がってた

大樹君「あはははは!」

徳ちゃん「なんでか、わかんないけど、うん」

大田さん「でもそれは、シェリル・クロウのことも考えて…」

徳ちゃん「多分ね!それとハモリを考えたんじゃないかな?

大田さん「うん…へぇ~!」

徳ちゃん「いやぁ…すごいよかったですよ」(すっごく充実した感じの徳ちゃん)

大田さん「で、そのね。ジャクソン・ブラウンの今日は曲をかけたいと思いますけど。これ邦題『青春の日々』という邦題なんですけど、Jackson Browneで『These Days』」

「These Days」by Jackson Browne ON AIR

(続く)

PS.携帯ショップの片想いへのアドバイス、釣りの話、音楽の話、なんだか充実している回。新曲リリース間際、そして、ホワイトデーだからかな?

« DY SHOW☆1日&2日にするんか? | トップページ | 「マイミライ」のアナタとあなた »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DY SHOW☆1日&2日にするんか? | トップページ | 「マイミライ」のアナタとあなた »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ