« 「I am a singin' man」大阪4/4レポ④ | トップページ | 「I am a singin' man」大阪4/4レポ⑥♪ »

「I am a singin' man」大阪4/4レポ⑤

大田さんライブ4/4(大阪)の続きです。①②③④から続いていますので、<ネタバレあり>です。ご注意下さい。昼の部と夜の部の内容が混ざっています。

大田さん「ここで、もう1人、ゲストを紹介しましょう。doaのリーダー、徳永暁人君が来てくれました。みんなで『徳ちゃん』って呼んでみましょう」

昼の部。

会場「徳ちゃ~ん

徳ちゃん「は)ぁあ~~い!

大田さん「僕たちdoaは3人なんですが、真ん中の吉本が今日もレースで走っていまして…」(ちゃんとヨッシーがレース中だと伝えてくれる大田さん

徳ちゃん「2人で並んで歌うの久しぶりだよね。今日は、間にワンクッション(吉本君)ないし…なんか照れるよね

大田さん「若干、今日は僕だけ前になっていて

徳ちゃん「そもそも、なんですか?今日は1人で歌うって…。ずるいじゃないですか俺たちのこと、キライになったの?1人で歌いたい…って言ったかと思えば、ゲストで来てくれって…」

会場 (笑)

大田さん「心細くなったんです…」(リーダーの力が必要なんですよ

徳ちゃん「うーん許してあげる」(徳ちゃん

夜の部

会場「徳ちゃぁ~ん

徳ちゃん「あっそびましょーーー」(あの低音で遊んで、遊んで~

大田さん「…(笑)今日は、(徳永君)ギターを持ってきましたよ

徳ちゃん「…ちょっと待って下さいよ。なんで1人なんですか?俺たちのこと、もしかしてキライになったの?

大田さん「…大好きですけど(笑)」(照れる大田さん

徳ちゃん「そんな赤いTシャツ着ちゃって…なんか…2人並ぶとと白で紅白饅頭みたいな…(笑)」

大田さん「ソロライブだと着るんですこのソロライブできたのも、リーダー徳永君の包容力のおかげで…」(ちゃんと徳ちゃんにお礼伝える大田さん、えらい

徳ちゃん「(うんうん、よしよし…いい子、いい子。なでなで)」(うなづきながら、手を大田さんの頭の高さにして、空気をなでなでする仕草。自分の横の空気をなでなでする感じ)

ここで、doaとしてのお知らせ。5/15大阪の野外音楽堂でライブがあること。昼の部は大田さんから、夜の部は徳ちゃんから紹介。昼の部で日がわからなくなって…

大田さん「…何日だっけ?

徳ちゃん「(ささやくように)5月15(じゅうご)そういうときだけリーダー頼って

「女性限定なので、男性の方はごめんなさい…」と大田さん。「女装したら入れるかもしれない?!」と徳ちゃん言っていましたが、却下(笑)

夜の部

徳ちゃん「巧妙に(変装して)やったらダメですかね?(笑)

徳ちゃんか鶴ちゃん「どういう判断で入れるんだろう?

鶴ちゃん「それは…見た目に(笑)」

大田さん「…そういうことはしないで下さいね(笑)以上、doaからのお知らせでした~

大田さん「じゃあ、せっかく徳永君がいるんで、『旅立ちの歌』をしたいと思います

11. 旅立ちの歌

今のdoaの新曲。 徳ちゃんリードで進んでいきますが、大田さん&鶴屋さんのコーラスが入ってきます。(黄色=3人、赤=徳ちゃん、水色=大田さん。違っていたら、すみません)

もしも君がそばに居なければ 今の僕はここに居ない

居れるはずもなかった

ありがとう くり返すよ 言えなかった最後のことば

この歌にのせて 君にとどけ

旅立ちの歌

3人のコーラス力強く…鶴ちゃんのシンバルは、「ありがと()う くり返す()よ…」で入ってきた気がします。

大樹君パートを大田さんがどう歌われるか?『旅立ちの歌』は演奏されると思っていたので、自分の注目は、まず、そこにありました。注目の「君にとどけ」…1番最初の1回目だけ、正直、ちょっとだけ硬かったかな?2回目以降は、自分の心に、本当にさくらの花びらが舞いましたすごく優しくて、美しかった

CDでは、大田さんのコーラスは、本当にdoaにしては控えめに入っているので、ライブでサビにコーラスが力強く入ったことで、CDとは、また別の感じに仕上がっていました。

徳ちゃんのリードをCDでは、くっきり浮かばせて、その仕上がりに3人とも満足していらっしゃると思うけど、今回は、鶴屋さん含め、3人でコーラスの厚みを前面に出して歌って下さいました。CDの仕上がりが基本の完成形だとしても、これはこれでいいです。

1本のたたずむ桜というより、トンネル抜けたら、海岸沿いに、桜並木がバーッと広がった感じでしたラスト「旅立ちの歌~」で目を閉じるように、丁寧に歌い上げようとした徳ちゃんが印象的doaライブでは、どうなるのか?CDと同じく、徳ちゃんにスポット当てて、しっとり、うるうるバージョンか?力強いコーラスワークか?今から、すごく楽しみです

ここで、「お楽しみ抽選会」がありました(MCは夜の部から)

大田さん「もう1コ作ってきたものがあります。バッチを作ってきました!

会場 拍手

徳ちゃん「なんかパラパラ…とした拍手だねぇ~(笑)(→徳ちゃん、正直)もう1回、言ってみぃ…」(徳ちゃん、リーダーになってる(笑))

大田さん「バッチ作ってきました!!!

会場 大拍手 (横で大ウケしている徳ちゃん

大田さん「バッチ、グーですよ(笑)」(やっぱり師匠

各回、限定15個のバッチ。Tシャツと同じく、水色にピンクでと書いてあります。右下に小さく「doa」の文字。チケットの半券が抽選券になっていて、大田さん、徳ちゃん、鶴ちゃん、3人ともひいてくれました。缶バッチは、透明な袋に入っていて、大田さんが、その番号をビニルに書いて下さって、みんなで、当たった方へ回すという。なんとも、和やかな時間。

最初は、これを15回する?と思ったけど、結構、スムーズに回って、ちゃんと当たった方のもとへ渡りましたかわいい缶バッチです…夜の部で、すごくしあわせなことに、自分も頂けました(感謝)これも、もしかしたら、Tシャツと同じく、色が変わるかもしれません(まとめて作るなら、同じかもしれないけど)アットホームな時間も過ぎて、いよいよ佳境へ

(以下、昼と夜のMCごちゃまぜです)

夜:大田さん「チューニングの間、徳永君のおしゃべりでお楽しみ下さい(笑)」(やっぱり、徳ちゃん頼っている?

大田さんが、まず「Open_d」でのチューニング弦を全部、開放してくれます。詳しいこと、わからないんですが、みんな興味津々人間で言えば、余分の力が一切ないような、脱力状態のような開放弦(ジャラ~ン♪)

昼:徳ちゃん「はぁ~っ…て感じですね(笑)」

昼+夜:徳ちゃん「doaのアルバムでは、大概、1曲、僕が作詞・作曲した、暗~いダークサイドの曲が1曲入っていて…誰に何と言われようが続けていきますけどね(笑)…そのLIVEでもインストアでも、ラジオでも演奏したことがない曲を、今日、初めて1曲演奏しようと思います。遊びでも歌ったことないと思う。今日のリハと、今日の(本番)第1回めと、今から(夜の部で)歌うので3回目(笑)」

用意している徳ちゃんのギターの音が、段々、マイナーな…なんだか渋い重厚な音になっていきます。どこかで聞いたことあるような音…そして、徳ちゃんの指には、ギターの弦の上を滑らせるためのボトルネックが…

徳ちゃん「“浮気を許す歌”です。聞いて下さい…

12.

会場の歓声を一瞬にして消すような始まり。歌いだしまで、ゆっくり首をかしげて揺らすように、曲の中に入っていく徳ちゃん。けだるい空気を自ら作っていきます。自分は、この日、2度目の息を呑みました

いつ頃からもう始めてたのですか

きっかけは覚えていますか

たまたま手を出して気付いた時には

とっても気持ち良くなってたという事ですか

暗い…けど、ものすごく美しくて、ものすごく熱くて泣ける曲ですCDで聴いた時、どう反応していいのか戸惑ったこともあったけど、今では大好きな曲です。これは、徳ちゃんにしか書けない、すごく、すごく、すごく……熱くて優しい曲です(涙)

きかせて あなたの嘘

たっぷり笑えるくらいの

すませましょう その一言で

明日早いから

自分はこういう状況に陥ったことがないから、わからないけど…「きかせて」と言える人(歌える徳ちゃん)は強い。聞きたくないことなのに、笑ってすませられないことなのに、つかれた「嘘」自体を『嘘』にしてしまうくらいの、ものすごい愛情包容力のある曲です。

そう…この文章を書きながら、はっとしたのは…「あなたの嘘」を、浮気自体を、すべて『嘘』にしてしまう曲なんじゃないか?と思いました

徳ちゃんの左手にはめられたボトルネックが、ギターの弦を押さえ、滑り、徳ちゃんの右手が弦を弾き、鳴らしていく…鳴らす、鳴らす、鳴らす…演奏もものすごく熱かった

なにかのマネならそろそろ飽きていますか

次を探してたりしますか

具体的な状況はわからないけど、もしかしたら、片方にとっては「なにかのマネ(恋愛ごっこ)」で、でももう片方にとっては、それは抜き差しならないことで。どちらが動ける雲で、どちらに稲妻の雲が迫っているのか、わからないけれど…

音のない稲妻がビルの向こうの何処か遠い場所から

もうすぐここまで追って来る

…ゾクゾクするような歌詞を、何のためらいもなく歌っていく徳ちゃん。音のない稲妻が、何かの悪い予感ではなく、どうか、その人の心の中にある良心の呵責でありますように…そう思ってしまいます。真剣に人を愛せる人なんだろうなぁ…。本当にすごい歌詞ですライブ中は、こんなに客観的に考えていなくて、ただただ、徳ちゃんに圧倒されていました

途中、途中に、徳ちゃんにしか出せない、あのヴォイスを入れてくれます。

wo~wow~

nanana~na・na・na~da・da・da~ha~(→♪にしたい

最後の「雨が降る前に」は…

雨が~雨が~あ・め・が~ふるぅ~まぁ~えぇ~にぃ~ah~ah~ha~

どこまでいくのか?と思うくらいに、自分の世界から一歩も引かなかった徳ちゃんよくぞ、ここまで…いや、本当に見事!!!でしたブラボーです

(昼夜とも、徳永暁人ワールド全開だったけど、昼は初回とあって、まさに開放弦の上を自由に転がっていた徳ちゃん。飛んでました夜は昼よりはコントロールされていたけど、でも一旦、自分の世界に入ったら、最後まで出てこなかったここまでの大熱唱は、本当に、初めて生で見て聴きました

歌い終わって、平然と何事もなかったかのような顔の徳ちゃんまるで「…あぁ、すっきり。気持ちよかったぜ。…あばよ」というような笑顔で去っていきました(笑)鶴ちゃんも一緒に、ゲスト一旦退場

会場 大拍手&あっけにとられつつ

大田さん「はい、徳永君でした~『3』というアルバムに今、歌った『嘘』という曲が入っていますけど、そのCDを聴くとね…徳永君が…どんだけ盛り上がって歌っていったか(笑)(ほんまに…徳永暁人だからね)…わかりますからね、聴いてみて下さい(笑)」

夜の部

大田さん「はい、大熱唱でしたね~(笑)熱くなる人なんです(笑」(今に始まったことじゃないけど…それにしても熱かったね何の遠慮もなくね(笑))

今回のライブの主役は大田さん。ゲストの徳ちゃんが、ここまで盛り上がって…いいの?!と思った方は、多いと思います。自分も一瞬、そう思いました。これまで1曲に1コずつ、大田さんにハートマークが重なっていたのが、ここに来て、その個数と同じくらいの1コの大きなハートマークが徳ちゃんに着くような歌いっぷりと奏でっぷり大田さん、持っていかれちゃう?…嫌になったりしないのかなぁ?

いやいや…いいんです(笑)徳ちゃんは、あれで、あのままで(笑)

徳ちゃんをゲストで呼ぶ以上、完全燃焼していってくれることは(大田さんには)わかっていたはずゲストとは名ばかりのサポートで、大人しく、大田さんをよいしょして帰るような、そんな…中途半端な愛は…徳ちゃんにはない(笑)(うん、そう信じよう

大田さんが主役だから、ホストとして、ゲストはゲスト扱いする余裕があってしかるべき…だと自分は逆に思いましたここで、ひがんだり、すねちゃ、紳ちゃんの…「singin' man」の名がすたります自分の今までの10曲に匹敵するような歌と演奏を、たった2曲でやってのけていくような、そんな熱い徳永暁人さんを、ゲストに真っ向から迎えてこそ、大田紳一郎さん

鶴屋さんが、大田さんと一緒にBON JOVIを創り上げたのは、それは鶴ちゃんのゲストのあり方。鶴ちゃん、本当に素晴らしかったですそして、同じバンドのメンバー&同じボーカルとして、doaのリーダーとして、遠慮なく、真っ向から大田さんに向かっていって、今までライブでやったことのないdoaの曲を、ドーンと歌いのけていってこそ、ゲストの徳永暁人さん(本当に本当に素晴らしかった

…それでいいんじゃないかと思います

(佳境から、さらに続く♪)

« 「I am a singin' man」大阪4/4レポ④ | トップページ | 「I am a singin' man」大阪4/4レポ⑥♪ »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

さとこさんこんばんは☆

いつもLIVEレポありがとうございます
今回のLIVEなんか凄いその場にはいなかったけど、徳ちゃんの凄さが伝わってきました
LIVE行きたいよ~
やばい禁断症状が…(^_^;)

>京子さん、こんばんは☆
徳ちゃん、すごかったし、さすがと言っていいほど素晴らしかったです
鶴ちゃんのゲストも、本当にカッコよかったし、いいゲストだなぁ~と思いました

そして…もちろん、大田さん、本当に本当に素敵だったし、素晴らしかったです泣かせて笑わせて、そして、思いっきり感動させて下さいました

まだ1週間なのに、自分も、もうライブに行きたくなっています
(ライブの様子が少しでも伝わっているといいなと思います)

さとこさん こんばんは

レポありがとう 徳ちゃん登場となると書かずにはいられません 今年初徳ちゃん ほんと格好よかった 昼の部は ほとんどモニターでしか見れなかったけど 夜の部は間近で見れたので 嬉しくて泣きそうでした ゲストに呼んでくれてありがとうって 大田さんに感謝 感謝です

>Naoさん、おはようございます☆
いろいろ楽しかったですね徳ちゃん、うん、確かに、すごくカッコよかったです歌も演奏もすごかった徳ちゃんの出演時間は長いとはいえないけど、でも、Naoさん、お徳感いっぱいだったのはもちろん大田さんも鶴ちゃんも等身大だったと思うし(笑)6月も行けるといいなあ~

うちんとこにも、コメントアリガトウございます

終わってからさとこちゃんに吠えてたけど(ノ`Д´)ノガオー
お陰で、気持ちの整理がつきました(笑)
そうそう、ゲストも真っ向対決ですよね!
そういえば大田さんはそんな徳ちゃんにもう慣れっこみたいで、
「大熱唱でしたねっ」ってサラリと言ってました。
包容力があるのは、むしろ・・・(゚∀゚*)

徳ちゃん、空中ナデナデしてたんですか?
見逃しましたヽ(;´Д`)ノ
みてたらその手のひらの下にテレポートしてしまったかもしれません(≧m≦)ブブ。

>みどりさん、こんばんは☆
こちらこそ、長々としたの読んで下さって、ありがとうございますうれしいです
自分もみどりさんに第一声をお伝えできて、階段踏み外さずにすみました大田さんはもちろん素敵で、素晴らしくて大感動だったけど…徳ちゃんのすごさに圧倒されました(予想をはるかに超えていた)でも真っ向対決、よかった
大田さんのサラリとしたコメント、徳ちゃんの熱さをわかってなので、包容力あるなぁ~と思いました大田さんだからゲストも完全燃焼できたんだと思います
MCの位置は、もしかしたら最後だったかもしれないけど、徳ちゃん、うなづきながら空中なでなでしていました(あの瞬間、下に何人もの“気”が…下に入りたくなりますね次回は、ぜひテレポートで(笑))

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「I am a singin' man」大阪4/4レポ④ | トップページ | 「I am a singin' man」大阪4/4レポ⑥♪ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ