« お疲れ☆下北沢 | トップページ | 「ジャルジャルジャン!」② »

「ジャルジャルジャン!」①(追加)

2010年1月11日…1日の3つつく日に行って来ました「ジャルジャルジャン!」in 下北沢

下北沢に行ったのは、学生時代に演劇を観に行ったくらいで、○○年ぶり北沢ホールは、駅からも近い小ホール。通常、演劇をするスペースにも椅子が置かれて、19時開演の回の前に、追加で15時の回ができるほど(こちらはdoaゲストなし)の盛況ぶり。ジャルジャルさんの人気もすごいし、doaも熱かったです。

トークイベントで、ゼンブのレポは、とても無理なので、掻い摘んでいきます

ジャルジャルさんは、吉本興業の2人組みの若手売れっ子芸人さん登場から軽快なトーク向かって右が、福徳秀介さん、左が、後藤淳平さん、どちらも明るい好青年。

「東京は夜の7時」という歌に合わせて、一度、ジャルジャルさんが登場。その後、すぐに、ジャルジャルさんの映像が流れて、そこに「ゲスト:doa」の文字が出ると、思わず「おお~っ」ここから自分もテンション上がっていきました。

最初の1時間は、ジャルジャルさんの時間で、観客からの事前アンケートのネタも入れて、マシンガンのように話して、笑わせて下さいました初めて自分は拝見しましたが、面白かったです。

腕時計がちょうど20:00になったところで、本日のゲスト紹介「3人ボーカルのdoaの皆さんです

上手からメンバー登場。衣装は、doaブログの通りで、UTAGEと似ているけど、大樹君のチェックシャツは緑柄から、オレンジ&黄色になり、インナーは灰色、徳ちゃんのインナーは茶色になり、大田さんのロンT&ジーンズは黒メインのものになりました。

今回、下北沢だったからではないだろうけど、話の流れ上、最初から、○ネタで始まったので、どう反応していいかわからないメンバー&オーディエンスいや、しっかりみんな反応していたけど、そこは割愛しますね

最初に新曲「旅立ちの歌」が披露されました。

徳ちゃん「え~、こんな話(○○か△△か)の後ですが、今日は、成人の日なので、それに合った歌を1曲歌いますまだCDになっていないんですが…聴いて下さい♪『旅立ちの歌』

『旅立ちの歌』(新曲。発売未定)

3本マイクで、徳ちゃん一つ目小僧(もちろん関東では初披露)、大田さんハミングバードで、スタンバイ

3人の声が優しく響いていきます詳しくは書かないけど、本当に耳に残って覚えやすいメロディーなので、初めて聴いても、すぐに2番を口ずさめる感じ成人の日にもぴったりだし、卒業、就職、結婚など、これから、いろんな旅立つ人に向けて歌われていきそうです大きな門出だけじゃなくて、自分の心が決めた出発にもいいと思いますCDで、ライブで、またじっくり聴くのを楽しみにしています

演奏後、中央寄りのやや右(上手)に3人並んで座り、ジャルジャルさんがやや下手(左)で、トークをして下さいました。3人との距離が近かったので、表情がよく見えて、やっぱりドキドキしました

ジャルジャルさんが、doaの3人にあらかじめ、質問のアンケートをとってくれていて、それを元にトークが始まっていきました。

まずは、3人の自己紹介楽器と名前をそれぞれ言った後で、どうやってバンドが結成されたか?

大樹君「(徳永さんに)口説かれました(笑)

徳ちゃんが、3人みんな歌えるバンドを作りたくて、大阪で大樹君と出会って(口説いて)高い声の出る大田さんを誘ったこと、言い出しっぺの徳ちゃんがリーダーであること。

福徳さん「え~徳永さんは、数々のアーティスト…倉木麻衣さんとか…B’zとか…の編曲などを手がけて~」

会場「おお~っ」(拍手)

徳ちゃん「いやいや…」(と謙遜しておじぎする)

福徳さん「編曲って、どんなことするんですか?

徳ちゃん「メロディーを決めるのが作曲で、その後、どの楽器が、どこでどんな音を出すか、いろんな楽器のことを決めるのが編曲です

福徳さん「なるほど…要は、生稲葉さん見ている…っていうことや(笑)」(そうまとめるかぁ~まあ、わかりやすいけど

福徳さん「んで、吉本さんは、GP-2などにも出場したことのある現役レーサー?」

大樹君「はい。Super GTなどにも出ています

DaikiとHirokiの切り替えについて、ライブの時は、ナチュラルな優しい大樹君になるけど、レースの時は、悪が顔を出すようなところがあると…。

大樹君「レースの時は、どうやって相手を蹴落としてやろうかと

福徳さん「その変わる瞬間、見てみたいわ~

福徳さん「…で、大田さんは、やはりいろんなアーティストさんに曲を提供されていて…B’zのサポートも…」

大田さん「いや、僕はあまり曲は作っていないんですが…コーラスとかね」(正直な大田さん

福徳さん「(メモを見直して…)要は、生松本さん見ている…っていうことや(笑)」(…まあ、合っているか

アンケートの中でいくつか(福徳さんがメンバーの答えを読んでくれて、その後、メンバーに振ってくれます)

好きな女の子の仕草

大田さん=「髪をポニーテール(など)に上げる仕草

ほら、こんな感じ…とばかりに、自分の長髪をアップしてみせる大田さん会場、大爆笑

福徳さん「便利や~見たい思うたら、自分ですればいいやん(爆)…僕は、ポニーテールにして、さらにお団子にする仕草がいいかな(笑)」

大樹君=「照れている仕草」(ごく普通の、何か間違ったりして、恥ずかしそうにしている仕草)

福徳さんか、後藤さん「えへっ…って感じですかね?ドタッ…とこけた後の反応とかではなくて?」

大樹君「至ってノーマルな感じです

徳ちゃん=「車輪の小さい自転車を一生懸命こぐ姿」(姿勢を正した感じで一生懸命なのがいいみたいです

福徳さん「それ、三輪車でもいいんじゃ?三輪車でもいいんですか?

徳ちゃん「…まあ、それでもいいけど」(あぶなっ…く、ならないように

今の仕事に就いていなかったら、(昔)なりたかった仕事

徳ちゃん=「お坊さん」(出ましたファンにはおなじみ

徳ちゃん「自分を厳しい状況に追いこむのが好きで…ちょっとMなとこあるんで滝に打たれて修行したい…みたいな」

福徳さん「そんなんで、お坊さんになりたいって言わんといて下さい!!(笑)

不純な動機の罰(?)として、話の流れで「ミッキーマウスの真似ができる」という、徳ちゃんにミッキーの真似をやってもらうことに(会場、拍手

徳ちゃん「ディズニーアンバサダーホテルのエレベーターの所にある、ミッキーなんですけど…」(どうやら、そのミッキーは話すらしい後で友人いわく、確か「何階です」って言ってくれるんじゃなかったかな?と)

3、2、1…

徳ちゃん「(きゅん♪とするような声で、エレベーター前の)…ミッキーだよッ

会場、爆笑かわいい~どうやら、通常パターンもあるらしい。3・2・1…

徳ちゃん「(再び、きゅん♪とする声で、通常パターンの)…ミッキーだよッッ

福徳さん&会場「…同じやん!!!(笑)」(かすかに変えた?でも同じだった

嫌いなTV番組

大樹君=「すぽると!」(ええ~っ会場のdoaファン、騒然(笑)デヴュー曲「火ノ鳥のように」は、「すぽると!」のテーマソングだったんですが

大樹君「『すぽると!』の裏で、僕、F1レポーターやったりするんですが、TV局の方(番組制作の方)が、「『すぽると!』に出ない?」って、散々言いつつ、一切、呼んでくれないので(笑)」(他のレーサーの方は結構呼ばれているらしい)

福徳さん「じゃ、呼んでくれたら、好きになるんですか?

大樹君「呼んでくれたら、好きになります(笑)」(呼んであげて下さい~

大田さん=「音楽番組」(ええ~っと反応する人と、なるほどとうなづく人と)

福徳さん「音楽番組、嫌いなんですか?僕ら、お笑いやっているけど、もし、僕、お笑いか、別の番組かいうたら、お笑い見ますが…なぁ?」

後藤さん「そうやなぁ?」(音楽にこだわりあるからこそ、あえて見ないのかな?あるいは、出る方に関心があるのかな?)

大田さん「あの…最近の歌、わからないんで…わかります?」(世代が…

福徳さん「あ、ついていけないと…徳永さんは、どうですか?ついていけないですか?」

徳ちゃん「う~ん、そうだねぇ~俺もあんまり、最近の歌、わからないかな」(徳ちゃん、作っているのに

福徳さん「パフュームとか、わかります?」

大田さん「パフィーなら」(いやいや、ちゃんと存在は、もちろんわかっていると思いますよ

年齢の話題も出て、すぐに徳ちゃんが「38歳」、大樹君が「僕、29歳」、大田さんが…「×(秘密)」と手で合図をされたのに、いつのまにか「3世代バンド」の話になって…大樹君がぶっちゃけてしまったり後藤さんが何かの話の途中で、ぽろっと「20代、30代、40代となると、やっぱ違いますか?」と暴露しちゃったり…楽しいトークが続いていきます♪

もう1つ追加♪

自分にとって音楽とは

大田さん=「焼酎」

福徳さん「焼酎ですか?

大田さん「うん、まず、酔えるし…」(続き、聴きたかったです

福徳さん「お酒強いんですか?」

大田さん「好きですね、強いですね

福徳さん「吉本さんも強いんですか?」

大樹君「まあ、僕ら、みんな強いですけど…僕なんか、まあ、こんな感じかな?」(足を組んで、ワイングラスの底を持つようにして、くっと上げてくれる大樹君いきなり、どうしたっ似合うような、似合わないような(笑))

徳ちゃん「(それ、うそうそ…)いや、いつも居酒屋から出てくるとき、こんなんですよ。楊枝、口にくわえて…ツーッ、ツーッ」(ガバッと蟹股で、大樹君の真似をしてくれる徳ちゃん似ているんだろうなぁ~

以上、追加しました。

(続く)

« お疲れ☆下北沢 | トップページ | 「ジャルジャルジャン!」② »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

さとこさん 今晩は☆ レポありがとうございますm(__)m
大田さんと大樹くんは 徳ちゃんに口説かれたんですね
好きな女性の仕草 大田さんのポニーテール見てみたいと思いました(笑)
徳ちゃんの答え 変わってますね
嫌いなTV番組 大樹くんと大田さんの答えにビックリでしたが、理由知り納得
是非 HIROKI選手にも 『すぽると!』に出演してほしいですね
私も最近の歌手の方は 顔と名前が一致しない人が多いです
徳ちゃんのミッキーマウス物真似 いつか生で聞きたい
ジャルジャル福徳さんが徳ちゃんと大田さんの音楽経歴を話していた時 稲葉さんと松本さん別々に言っていたのがウケました
続き楽しみです
長文 失礼しました

>サキさん、こんばんは☆
徳ちゃんが大樹君と大田さんを口説いてくれたおかげで、doaができましたさすが徳ちゃんですよねこんなに素敵なボーカルを2人も口説けるなんて(笑)ミュージシャンとしても、人間としても
大田さんのポニーテール、そのまま後ろ向いてほしかったです(笑)前だけだったので徳ちゃんの答えは、少し変わっているけど、自転車を愛用している方には、すごくうれしい答えですねミッキーの真似もあれは、doaファン全員に聞いて頂きたいです
大樹君は、HIROKI選手としてもメディアにもっと出ていいと思うし、DAIKIとHIROKIの両方から攻めてほしいですね
生稲葉さん&生松本さん…には、徳ちゃんと大田さんは、もちろん尊敬も含めつつ、ちょっと苦笑いしていました稲葉さん&松本さんにも、ぜひ、doaのライブを見て頂きたいですそして、いつかどこかで共演があったらなと思います♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お疲れ☆下北沢 | トップページ | 「ジャルジャルジャン!」② »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ