« メリークリスマス☆for You♪ | トップページ | 歌宴‐UTAGE-② »

歌宴‐UTAGE‐①

関西ぴあ主催のdoa招待ライブ「歌宴」に行って来ました

50組100名での招待制ライブFM大阪の枠が10組20名増えたけど、招待されないと行けない…ということで、本当に激戦でした2000人以上の応募があって、倍率は33倍だったということ、急遽、参加できたことにホントにホントに感謝しています(レポ、いきます

歌宴‐UTAGE‐

クリスマスイヴイヴの12月23日。大阪市内の某所で、開演前に当選した方の本人確認があり(ぴあには書いてなかったのですが)OKだとスタンプを押して頂いて、整理番号順に中に入ります。自分はペア枠で、番号的には後ろの方だったけど、それでも120~150名(少しだけ多めに用意されたみたい?)普通のライブを考えたら、後ろなんてものじゃないです全員の顔がステージから見えたと思います

結婚式などの2次会や打ち上げで使われるようなところで、入り口に小さな看板。中に入ると『FRONTIER』のポスターに書かれた3人のサインとメッセージ。このポスターは撮影がダメだったので、メモしてきました(おいおい)ライブは、自分が心から楽しむことが第一だけど、今回は最初から「伝える」気持ち全開でいこうと。

Caifch2t『FRONTIER』ポスターの砂丘の大きく広がる空に、黒いマジックで(便宜上、色分けします)

ぴあ関西版Presents

doa LIVE歌宴(大田さんの字で美しく

Merry X'mas イヴイヴ (徳ちゃんの字で勢いあって太め

2009/12/23 (大樹君の字で細めだけど新鮮

Shinichiro Ohta/Daiki Yoshimoto/Akihito Tokunaga(3人のサイン)

砂丘を歩く小さい3人の上にそれぞれの文字の吹き出しで

「いっぱい歌うでー!Are You Ready?」(大田さん)

「いらっしゃいませ~♪」(大樹君)

「楽しんでってネ!」(徳ちゃん)

と書いてありました。先頭を行く徳ちゃんの先に、おそらく大田さんのイラストで、ライブ会場の建物の絵も書いてありました。

ステージが1番奥にあって、その前に40名+(真ん中通路)+40名くらいが座れる椅子その座席より手前に木でできたバーのカウンターがあって、カウンターの前には少しソファーもありました。最初に1000円で、1フード(軽食パック)と1ドリンクのチケットを購入して、それをバーテンダーさんのいるカウンターで交換。

3人がプロデュースしたカクテルについては、先に書いたので、ここでは省略しますね

1人のバーテンダーさんが目の前で1人1人に作って下さいました。100人以上いるので、グラスではなくて透明なカップ。コーラのLサイズくらいで、結構な量がありました

カクテルの味見をして、軽食パックを少し食べようかな?と思ったら…何の前触れもなく、いきなりメンバー&サポメン登場

慌ててみんなスタンバイ前の80名ほどは着席して、あとの40名くらいは、立って聴きました。自分は、今回は立っていたけど、ちょうど座られた人の後ろくらいだったので、視界が開けてものすごく良好…ステージの上でメンバー3人は椅子に座って歌うので、視線の高さが立っている自分とほとんど同じ。遮るものもないし、一直線に見えるので、逆に緊張でも、やっぱり素直にうれしかったです(3人はずっと座って歌ってくれました)

3人の衣装は…doaブログ参照だけど、わかりにくいので…(自分の目から見えたのは…)

大田さんは、グレーのロンTに、落ち着いた色合いのジーンズ(ベルボトムだったみたい)ロンTには、前に何かデザインが入っていたけど、自分からは暗いし、よく見えなかったいつもと変わらず、ほっと安心できる…けど、カッコいい大田さんです(最初から笑顔)大田さんは、いつもあんまりアクセサリーはされないです。でも、それがカッコイイ

大樹君は、チェック(白+グリーン)のシャツに、中は黒のインナー。3人の中では一番明るい青のジーンズ、シルバーのネックレスとファッションリングとブレスレット&オレンジの時計で、さっぱりした短髪やっぱりおしゃれ(絵になる

徳ちゃんは、珍しく黒っぽい皮ジャン(濃い茶色だったみたい)に中は、グレーのインナー、ネックレスもしていたと思います。下は大樹君よりは落ち着いた色で、大田さんよりは明るいジーンズ。なんだか、ちょっとセクシー&ワイルドの徳ちゃん(いい感じや

後ろに森本君と鶴屋さんもスタンバイ。ハミングバードと一つ目小僧が、それぞれ大田さん、徳ちゃんに抱えられて…doaのルーツの1つ、この曲からスタート

1.「HELPLESS」

インディーズ時代のアルバム『deadstock』から。

北オンタリオに1つの町があり、そこには、夢と安らぎと思い出と絶望が(→ニール・ヤングの「HELPLESS」は、doaのdeadstockの歌詞と2行目が違うんですどうしてなんだろう?)

それでも僕には行くべき場所がある。僕の変化のすべてがそこにある。

Blue,blue windows behind the stars/Yellow moon on the rise/Big birds flying across the sky

大樹君の乾いた感じの声が、歌の世界を広げてくれて、ツリーが灯る会場の暗がりに、星や月の明かりが見えるよう。広い空を横切っていく鳥たちの羽音が聴こえる感じ。

徳ちゃんや大田さんも、最初からどっぷりと歌の世界に入ってくれていました。自分には開けた砂漠のような場所の夜空が浮かびました。

2.「I'll be there」

続けてすぐ2曲目。徳ちゃんのアコギベースのアレンジが印象的「一つ目小僧」の音がよく聴こえます一言でいえば…「木の音」がするチューニングのことはよくわからないけど、ツアーの時は赤ベースだったのが、アコギになると印象が随分、違います。ポンポン…と一つ目小僧の弦を弾き、叩く感じの音も入って、随分、ウエスタンな印象を受けました徳ちゃん、やってくれるなあ…アコーステックでも、やっぱりチャレンジャーなベーシストです

歌い方もツアーの時は、2曲目からじ~んと心に染み入って、たっぷり聴かせ泣けるくらいの曲に仕上がっていたのが、もともと原点はこうだったんじゃないか?というくらい、前向きで勇気が沸く感じに仕上がっていました。テンポもツアーより、ぐっと早めあくまでも自分の印象だけど、黒っぽい皮ジャンの効果(?)もあってか、徳ちゃんがカウボーイハットかぶって、この曲歌ってもおかしくないかな?というのが、今回の印象。

大田さんのハミングバードはつまびやかに響いて、大樹君→大田さんへと移る「Ah~」→「Ah~」のコーラスも、FRONTIERのポスターの砂の上をザクッ、ザクッ…と1段ずつ上がる感じに聴こえました。HELPLESSからの流れもあって、なんだか曲そのものが力強かった

大樹君「皆さん、本日はようこそ、おいで下さいました。え~我々、doaと申します

本当に初めての方もいらっしゃるので、doaの名前の由来を紹介

大樹君「僕、吉本大樹d大田紳一郎o、…んで、徳永暁人aで、doaなんですが、なんで大田さんだけ名前じゃないかと言ったら、紳一郎のsって、扱いにくいんですよねdas(ダスッ)とか…(大田さんの方を見て)ホント扱いにくい(笑)

会場「…(笑)」(それって名前だけじゃないんだ(笑))

今回のライブが「関西ぴあ」さんと「FM大阪」さんの主催で行なわれたこと、招待制で約33倍の倍率だったことに触れて…

大樹君「ここにいらっしゃる方は、まあ、来れたんですが、来られなかった人も多くて…なんでも2000人近くの応募があった(3000人は間違いすみません)…って聞いたんですけど。33倍って…すごいですよね。本当にありがとうございます

徳ちゃん「ねぇ(すごいよね)…ありがとうございます

みんなどこから来ているか確認する大樹君。「大阪…関西じゃない人」の挙手を求めるところで、挙手したのは、会場の5分の2くらい。

大樹君か徳ちゃん「おおっ結構…」

5分の3くらいは関西の方だったみたいです本州じゃない方は約1名くらいでした。

大樹君「おお~っ。すごいですね、いかに『関西ぴあ』さんの影響力がすごいかということで…これからも、どうかよろしくお願いしまっせ~」(露骨に手のひら合わせて、すりすりする大樹君

会場「…(笑)」

大樹君「…で僕ら…えっと僕、あと9ヶ月くらいの間は、29歳なんですけど。その間、僕らは20代30代40代のバンドで。(大田さん見て)お父さんと子どもみたいな…」

会場「ええ~っ(言いすぎ~)」(大ブーイングでも全然怒った顔していない大田さん

大樹君「ちょっと言いすぎかまあ、おっさんバンドって言われています。じゃ、歌、いきますか

(続く)

« メリークリスマス☆for You♪ | トップページ | 歌宴‐UTAGE-② »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

さとこさん、こんばんは
倍率33倍だったんですか
凄いですねぇ…
ぶっちゃけ関西住みの自分が行きたかったのが本音です
カクテル飲みたかったなぁ

未成年ですけど(笑)

さとこさんおはようございます

いつも詳しいレポありがとうございます。
さとこさんの行けなかった人に少しでも詳しく伝えたいって言う優しい気持ち、充分伝わってきます。本当にいつもありがたいです。感謝感謝

33倍もの難関だったんですね
来年は是非ファンクラブ会員限定で何かあるといいですね

あ~doa LIVE行きたいよ~
それまで一日一日頑張るぞぉ

>ちかさん、こんにちは☆
ものすごい倍率だったみたいです多分、33倍は単純に100名に対して3300人くらいだと思うから、50組だとしたら、66倍?(→合っているのか??)
関西の方は、やっぱり一番行きたかっただろうと思うので申し訳ない次回は、ぜひ大きい会場でして頂きたいですね

20歳以上の年齢制限があったのかどうかはわからないのですが…見たところ皆さん20歳以上でその部分はもしかしたら、抽選じゃなくて、年齢を書く欄があったとしたら20歳以上で選ばれたのかもしれません(本当はそうじゃなきゃいけないしなあ
だとしたら、やっぱり最初に断りがあるべきで、本人確認や年齢については、応募の段階で、もう少し詳しい説明があってほしかったと思っています

後になって、doaが訴えられても困るし
ちかさんが、20歳になるころにもう一度カクテルつきのライブがあってほしいですね

>京子さん、こんにちは☆
長くなってしまうけど、やはり詳しい方がいいと思うので、何度か見直しながら書いていますどんなに書いても全部にはならないから、なるべくわかりやすく書けたらと思います

年明けから、きっとすぐまた動いてくれそうな予感がするので、期待して待ちたいですね
FC限定でみんなが参加できるイベントがあったらいいですね♪
お互い今日もふぁいと!です☆

こんにちは
レポありがとうございます本当凄い倍率にビックリです。やはり神様はいつもきっちり丁寧にレポ下さる、さとこちゃんが行くべきだと当ててくれたんですね。今回は得に…です
読ませて頂きながらその場が想像で楽しく、ワクワクしちゃいきます
大田さんの優しい雰囲気、大樹君のお茶目な顔、徳ちゃんのセクシーなたたずまい…伝わります。続き〜も楽しみに待ちますね

さとこさんレポ読ませてもらいました

凄い倍率のなか行かれたさとこさんは凄いんだと
(数学苦手なので。。。この数字をみてもあまりピンッときません苦笑)


お酒がでてくるのだからやっぱりdoaは“大人なバンド”なのですね
私みたいな年齢層はやっぱり珍しい?
わかっていたことですが(笑)吉本さんの言う『おっさんバンド』。。。

たしかにぃ笑 


でもでも
素敵な人たちだなっていつも尊敬しています


あと、昨日はメールしておきながらケーキに玉砕状態でごめんなさい

今余ったケーキをわんちゃんにあげていたところです(チーズケーキなので犬)

でも私てきには苺のシンプルなケーキが食べたかったりして

兄と2人でクリスマスケーキを食べれてよかったです

さとこさんはケーキ食べましたか?

聡子さん、こんばんは。
歌宴レポありがとうございます♪

『お父さんと子供』(笑)
大田さんの優しい笑顔が浮かびました
倍率凄かったんですね。
素敵な時間を過ごされて本当に良かったですね。
詳しく書いて頂きありがとうございます

さとこさん、こんばんは(゚▽゚)/
レポありがとうございます
ああ、HELPLESSね〜私、ずっとそれを生で聴きたかったんですよ
って、大樹にーさま。。。本当にそこまで言ったのか!?(´Д`)
大田さんは優しいすぎ( ̄▽ ̄;)

>ガンバさん、こんばんは☆
倍率、2000人で33倍でした…間違えちゃった(^^;)(汗)
計算は…やめよう(笑)自分を行かせてくれたのは、友人だから、まず声かけてくれた友人に第一にお礼を言いたいです。
会場で初めてお会いできた方たちにも♪
焦らず、書いていきますね☆o(^^)o

>ジュリアさん、こんにちは☆
クリスマスは、お兄さんとケーキ食べられたんですね
いいな、いいな~優しいお兄ちゃんですね
おすそわけもらったワンちゃんもおいしかったことでしょう
今年はクリスマスは食べないままに過ぎてしまいましたでも甘いものが好きで、チョコレートは毎日のようにつまんでしまうので、糖分は当分、それくらいにしておこうと(しーんとならないで下さいね

>さやさん、こんにちは☆
倍率、本当にびっくりでしたその分、一層、しっかり聴かなきゃって思ってしまいました。
お父さんって言われても、全然怒った顔しない大田さん優しい笑顔、きっと浮かぶと思います
できるだけ伝わるように、マイペースで書いていきますね

>Hildaさん、こんにちは☆
HELPLESS、いいですよね気だるい感じと、大樹君のリードと3人のハーモニーと
大田さんにだから、大樹君も安心して、そう言えるのかもしれないですね相変わらずの3人の信頼関係?(笑)を最初から感じました年内は忙しくて、とても忘年会できないけど、新年会したいですね

こんばんは さとこさん。
ライブレポありがとうございます

「歌宴」凄い倍率だったんですね驚きました

いつもライブレポを読ませてもらっていると、ライブに自分も参加しているような感覚になります


文章や表現とか全てdoaに対する優しい想いが伝わってきます


次のレポも楽しみに待っています

>ネイビーブレスレットさん、こんにちは☆
ありがとうございますすごい倍率でした
仕事がまだバタバタで、レポ一気に書けないんですが、時間を作って書いています明日はオフなのでもう少し進められたらいいなあ~楽しんで書きます

レポお疲れ様ですm(__)m
会場にあったポスターの事まで書いてくれたんですね
ライブの一曲目 まさか『deadstock』からの曲だと思わずビックリしました
I'll be there 機会あればアコースティックバージョン聴いてみたいです
大樹くんの『大人と子供』発言 ちょっと笑ってしまいました

>サキさん、こんばんは☆
遅くなって、すみませんやっと落ち着いてPCに向かっています
ポスター「これ、みんなに見せたい~!!」と思ってしまいましたどんな豪華な看板よりもいいんじゃないかと思います
いきなり『deadstock』の「HELPLESS」から来て、3人が「招待」であろうと、通常のお金が発生するライブであろうと、どんなライブでも真剣に向き合っていることが感じられました
なんというか…えっ?と思う曲もあるけど、すごく筋の通ったセットリストだと思いました。
「I'll be there」アコギ&アコベだとテンポアップして、徳ちゃんも自分の声で力強く引っ張っていこうとしているような気がしました。もちろんツアー&CDの完成されたフルバンドの演奏、泣けるくらいに素晴らしかったと思います
大樹君にとって、2人の兄さんは、時に同志、時に兄さん、時にお父さん、時に自分がかわいがる(?)ことのできる弟…と状況に応じて変化するのかもしれないですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メリークリスマス☆for You♪ | トップページ | 歌宴‐UTAGE-② »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ