« 歌宴‐UTAGE‐① | トップページ | 年の瀬 »

歌宴‐UTAGE-②

3.「TAKE IT EASY」

続けて、アルバム『FRONTIER』の世界が広がっていきます。ツアーが終わったのが10/25だから、約2ヶ月ぶりに聴いた生の歌声。思わず、手を挙げたくなるのだけど、招待ライブということもあってか、着席されている方の割合の方が多いからか、最初から6曲目くらいまでは、皆さん大人しめ温かい手拍子が続いていきます。

早いよう 1年2年また過ぎて行く

の歌詞に実感がわく年の瀬。何回聴いてもきれいにハモる、

I'm on my way(イ~

の3声コーラス、大好きですすごくすごく、あったかい

4.「DANCE WITH LIFE~強がりのがんばりーマン~」

徳ちゃんの一つ目小僧が、この曲でも大活躍最初にベース・ソロがあり、大樹君が、親指で徳ちゃんをフューチャーする仕草そういうのいい~真ん中ボーカリストらしい♪

徳ちゃんは、肩を少しすくめたりしながら、自分が生み出すリズムと音に身体全体で乗ってくれます。響く、響く大田さんのギターとの絡みもいい~

大樹君は、小さなハーモニカサイズの金属のシェーカー(マラカスだけど、金属のものを普通「シェーカー」って言います)をシャッ、シャッ♪と振ったり、タンバリンを鳴らしたりして、リズムを取りながら歌ってくれました(どの曲がタンバリンでどの曲がシェーカーだったかまでは今は定かでなく…

大樹君「12月23日ということで…クリスマス前のイブイブ…皆さん、ここにいていいんですか?」(いや、皆ここに来たかったんです

会場「(いいのいいの~みんな本当に来たかったの~)」

(倍率「33倍」のMCは、もしかしたらここだったかも「お父さんと息子」のMCはさっきの位置で合っているはず

大樹君「じゃあ、そんなね、クリスマスイブイブに…

5.「心のリズム飛び散るバタフライ」

やっぱり聴きたいdoaバラードヒットしたから…ではなくて、本当にしっとりとした名曲です。イントロで会場の空気がふわっと落ち着かせられます。寒い夜に後ろから、あったかいコートをかけてもらえる感じ(おいおい)でも、本当にイントロで温度が変わるんです

徳ちゃんは、しっかり歌うトーンを定めて、一つ目小僧をゆっくり指で弾いています。大樹君は徳ちゃんのリードと大田さんのギターを聴きながら、今回はそんなに下ばかり見ないで、自分の歌いだしを待ってくれています。大田さんは、ハミングバードを一番いい音で奏でて下さっています。響く、響く今回もバラード2曲でのギター、本当に美しかったバタフライが羽ばたいていくような、メロディアスな間奏に、またじわっと涙が出そうになりました(感涙)

6.「365のダイヤモンド」

今の季節にぴったりな1曲。1番の伴奏は大田さんのギターのみ徳ちゃんのソロボーカルで始まります。

徳ちゃんは1番を歌う間、一つ目小僧の上に、両手をかけて、全くベースを弾かない状態で、歌ってくれます。無造作に一つ目小僧の上に置かれた両腕(両手)に、なぜか目が行ってしまうベースを弾かないだけなのに、その隙間に妙に色気を醸し出してしまう、徳ちゃん…もって生まれたものがあります

2番以降、バンドが入って、大樹君&大田さんのコーラスも入ってきます多分、この曲で…初めて?だったかな?(後でもっと入る曲もあったと思うけど、違ったらすみません)森本君の横にあるベル(鈴)が、シャン♪シャン♪と間奏で1~2度入ってきたように思います。ペダルを踏むと鈴が上がって、鳴る仕組みになっていました。

輝いて 365のダイヤモンド

これからも坂を登ったり降りたりしよう

全部ギュッとにぎりしめたまま

ツアーの時のように目を閉じて、最後は、指揮者のように音を手で集めてくれる徳ちゃん雪と星が同時に夜空に舞って輝くような、不思議な感覚です。最後に徳ちゃんヴォイスで…「どうもありがとう

(続く)

« 歌宴‐UTAGE‐① | トップページ | 年の瀬 »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

聡子さん、こんにちは。
歌宴ライブ♪
レポ を読んでるだけでライブの場景、雰囲気が伝わってきます。

アコースティックライブならではの、温かい音が心に染み入ってきますね

こんにちは
丁寧なレポありがとうございます
目を閉じると会場にいる気分

「I'm on my way」

「TAKE IT EASY」元々大好きな曲なんですが
こちらにお邪魔させてもらうようになってから
このワードがとても心に響いて聴こえるようになりました。

ええ言葉やなぁ

さとこさんこんにちは

今日は片付けやら何やらで、やっと一息付けてさとこさんのレポを見ています
さとこさんのレポでLIVEに行ったような気分になります。ありがとう

一つ目小僧クンでの演奏早く聞いてみたいな~

徳ちゃんの365のダイヤモンドの時、腕を一つ目小僧クンの上に置いて歌う姿、浮かんできます。徳ちゃんの腕 セクシーですよね多分私もその場にいたら、徳ちゃんの腕にジィ~っと見とれちゃうと思います。

doa LIVE行きたい病が発症です(^^)

>さやさん、こんにちは☆
doaはフルバンドでも、アコーステッィクでもいけるからいいですよね
こちらもどちらのスタイルでも聴いていきたいです
徳ちゃんには赤ベースも一つ目小僧も、大田さんには、ハミングバードもレスポールも弾き続けてほしいなあ~

>きのさん、こんにちは☆
「TAKE IT EASY」つらいときや嫌なことなどがあってもイントロから明るい気持ちになりますね
ラジオで曲を初めて聴いて、"I'm on my way"と出てきたときは、衝撃でした歌詞カード見て、笑顔になりました自分も大好きな言葉です。B'zの「Magnolia」と「the loose」にも出てきます。ええ言葉やなあ~と思っています

>京子さん、こんにちは☆
赤ベースが徳ちゃんの右腕なら、一つ目小僧はこれから左腕になっていくかもしれないですね音響やマイクのせいもあるのかもしれないけど、結構、大きな音が出ていたと思います。響きました

徳ちゃんの腕もだし、大樹君や大田さんも腕はセクシーかなあ~と思いますそんなにまじまじ見たわけではないけど大田さんは、ロンTが多いので、冬になるとわからなくなるんだけど、徳ちゃんや大樹君は、冬でもひじから先を出していることが多いですよね

doa LIVE行きたいですよねまずは来年、新曲キャンペーンから始動してくれるといいなあ~と思っています

TAKE IT EASY <早いよう 1年2年 また過ぎて行く〉
この時期 耳がいたい歌詞
でもサビのコーラス爽やかで好きです
DACE WITH LIFE〜 三人それぞれ 見せる 聴かせる部分あったんですね
心のリズム〜 と365のダイヤモンド ツアーでも聴いたバラード2曲 アコースティック もっと素敵だったんでしょうね
来年 一つ目小僧を弾く徳ちゃん見たいなぁ

>サキさん、こんばんは☆
アコーステッィクの魅力、たっぷりでした来年、赤ベースの徳ちゃんも。一つ目小僧を演奏する徳ちゃんも、どちらもたくさん観たいですね
爽やかなコーラス、上・真ん中・下のハモリが最高ですね

こんばんは さとこさん☆ レポありがとうございます

「歌宴」ではアルバム「FRONTIER」から沢山歌われたんですね

クリスマスライブなので勝手に選曲はバラードなのかな?と思っていました
私は「DANCE WITH LIFE〜強がりのがんばリーマン〜」が大好きです
ライブで聞いてみたいベスト3に入ります

今また聴きたくなってきました

>ネイビーブレスレットさん、こんばんは☆
思った以上に『FRONTIER』な夜でした今年は、やっぱりこのアルバムがdoaの活動の証で、すごく大きな意味のあるアルバムになったと思います
「DANCE WITH LIFE~強がりのがんばりーマン~」ネイビーブレスレットさん、ずっと前からお好きだとおっしゃっていましたよねやっぱりカッコよかったですぜひ、生であのグルーヴ、味わって頂きたいです一緒に聴けたらいいなあ~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌宴‐UTAGE‐① | トップページ | 年の瀬 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ