« 年の瀬 | トップページ | 歌宴‐UTAGE-④ »

歌宴‐UTAGE-③(追加・OHIO訳)

7.「ポイズン」 

イントロで、会場から思わず歓声がツアーで聴いてから、この曲、ドキドキするようになってきました徳ちゃんのセクシー低音ヴォイス&視線に、やっぱりドキドキリーダー、わかってやっているよなあ~(何人コロッ…とさせたいんだろう?)生で聴くたびに、キラーヴォイスはCDより濃くなっています(それを待っているんだけど

中間部で、徳ちゃん一つ目小僧ベース・ソロありカッティングといえばいいのかな?やっぱり「木の音」がする大樹君は「ドクドクドク…」と徳ちゃんの方を見ながら、入れてくれていました。この曲では三日月型のタンバリン♪徳ちゃんのAメロもいいんだけど、大樹君のBメロ&Cメロももちろんいいんですその間に入ってくる、徳ちゃん&大田さんのコーラスも

会場の手拍子がいい感じに♪この曲から、お客さんのノリが、さらに、ぐぐっとよくなってきます小さいステージのライティングも、ディープな曲調に合った、ほのぐらいけど、時たまドックンドックンと光る照明がいい感じでした

‐MC‐doaカクテル紹介(MCはきっちりじゃないですが、大体の感じで)

大田さん「え~皆さん、飲んでますか?今日はね、お酒の飲めるライブ…

会場「はーい」

徳ちゃん「僕らが考えたカクテルが後ろにありますんで…もう飲まれた方?

会場の約半分「はーい

徳ちゃん「あ、もう皆さん、結構…

大樹君「皆さん、ほぼ、もう、できあがっていますね

徳ちゃん「(ステージの上に置いてある透明カップのカクテルをとって)これがね、僕が考えた…『ジングルベル』クリスマスにちなんだものだけど、ジンベースになっていて

会場「(笑)」(徳ちゃんもついにダジャレに染まって…

徳ちゃん「…うん、飲みやすい(1口飲む徳ちゃん)。さすがですよね、バーテンダーさん、さっと、こう…イメージしたものを作られて…

大樹君「僕のは…ですね、これ!名前が『ポイズン』(笑)さっきの曲のです。まっずそうな色してるでしょ?でもね、これ、野菜ジュースを…あの、よく売っている野菜ジュースを焼酎で薄くしたものなんです

会場「おおっ~

大樹君「ほんま、まずそうやなあ~(笑)飲まれた方?

会場「はーい」(自分も手を挙げました♪)

大樹君「おっ、結構…」(思ったより多めの数だったのか、ちょっとうれしそうな大樹君

飲んだ方々「おいしかったよー

大樹君「まずそうに見えるけど、実は焼酎のアルコールで身体をきれいにしーの(笑)野菜ジュースで食物繊維とりーの(笑)」

会場「…(笑)」(エンジンかかってる、かかってる(笑))

大樹君「身体に結構、いいかもしれない(笑)…んで、大田さんのが…」

大田さん「僕のは、これ『Oh FRIEND』

大樹君「また、ずるい名前やわ(笑)」

会場「(爆笑)」(見抜かれているのか?無意識なのか?)

大田さん「えっ?『Oh FRIEND』」(とぼけている?でも素みたいです

大樹君「…まあ、ええですわ…そんで、なんで、できているんですか?」(みんな騙されんように

大田さん「僕、愛媛出身なんで…柑橘系をウオッカで割ってあるんですけど…。ウオッカっていう馬がいまして…

会場「…(笑)(突然、何を…)」(また話が飛ぶ

大樹君「…もう酔っているんちゃいますか?

大田さん「うん…あの…酔っているかもしれないライブ前に僕ら試飲したんですけど…あれ、そんな…しいんとしちゃダメ…

会場「…(笑)」(ダジャレですよね?)

大樹君「もうええですわ(笑)曲、いきましょう、曲。え~僕らがデヴューの頃にカバーしたアルバムに、CSN&Yの曲があるんですけど、それをやりますんで、聴いて下さい

8.「OHIO」(カバー)

トークから一転して、見事に空気を変えてくれる3人&サポメン。ライブやラジオ(坂崎さんのラジオなど)で、何度か、今のdoaの声で歌われているけど、生で聴くと、やっぱり素晴らしい

3人のハモリ、原点がここにありますリーダー徳ちゃんが惚れた大樹君のリードボーカル、徳ちゃんが誘わずにはいられなかった、大田さんのボーカル&コーラスそして、もう1人…徳ちゃん自身のボーカル

大田さんや森本君のギターもがっちりと会場の空気を掴んで離さない。間奏のギターもアコギでして下さったと思うのですが、本当に力強くて、美しかったミディアムテンポのリズムをしっかりと刻む、鶴屋さんのサスペンダーシンバルやドラムの音も耳に残ります

※いい機会なので、日本語訳を追加しますね(戦争の…と書いていましたが、正しくは1970年の学生狙撃事件に触発された歌です)

** 鉛の兵隊とニクソンがやってくる

ついに僕らは孤立してしまった

この夏僕らはドラムの音を聞いた

オハイオで4人の死者が出たんだ

* このことを真剣に受け止めるんだ

兵隊が僕らを撃ち殺そうとしてるんだ

もっと前に起こってもおかしくなかった

君の知ってる女の娘が

大地に倒れて死んでいるのを見たらどうする

知ってしまったのに逃げることはできないだろ

La,la,la...

*くりかえし

**くりかえし

オハイオで4人が死んだ (4人の善良な男が)=( )はニール・ヤングの歌にある言葉

オハイオで4人が死んだ (4人の男が)

オハイオで4人が死んだ (何人だって?)

オハイオで4人が死んだ (あと何人死ぬんだ?)

オハイオで4人が死んだ (なぜなんだ?)

オハイオで4人が死んだ。…

Four dead in Ohio,four dead in Ohio....

人が亡くなるのはとても重いことなのに、それに対する感情を忘れてしまうこと、怒りや悲しみを忘れてしまったことへの、それが当たり前になってしまうことへの反抗歌。

むき出しの感情を、もう一度呼び起こそうとするボーカル&演奏じゃないと、魂がこもらない歌なんじゃないかと思います(表を行くギター、裏を行くベースの交錯する部分も、実はとてもスリリング)それを可能にしてくれるメンバーがここにいてくれます

最後の一打のような、3つの声に、忘れてはならない「魂」を感じてしまう曲ですブラボー!!!

(続く)

« 年の瀬 | トップページ | 歌宴‐UTAGE-④ »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

カクテルのくだり、面白すぎです
読みながら笑ってしまいました
大田さんはサラっとカッコイイことしてくれちゃいますよね
それに対する大樹君のツッコミ入れつつ「まぁええわ」っていう感じも好きです

ポイズン 徳ちゃんの歌がセクシー
私はコロッ といってしまいました(笑)
カクテルの話 徳ちゃんもタジャレ解禁ですね
大田さんの 試飲→シーン 面白かったです
大樹くんのカクテル 見た目あんまりですが 美味しかったんですね
英語詞の意味わかりませんが ここでOHIO の歌の内容知り印象変わりました
生で聴いてみたいです

>きのさん、こんばんは☆
カクテル紹介、楽しかったです大田さん、狙っているのかいないのか、素なのかもしれないけど
大樹君が「ずるいわ」とか「まぁええわ」っていうの、なんだか自分はかわいいです
大樹君の言葉で、まるで大田さんや徳ちゃんにスポットがぱっ!とあたることが多いので、本当に不思議です
逆にその光を、一層鮮やかにみせるのは、両端の2人の存在でもあって…3人それそれがお互いの光と影になってくれている気がします

>サキさん、こんばんは☆
「ポイズン」また聴いてみたいですねカクテルはきっと会報にカラーで載るんじゃないかと思っています作り方も載ってほしいなあ(笑)
OHIOの和訳、追加しましたぜひ全部読んで見てください初めて知ったら、曲の世界が変わると思いますこの曲を今、こんなに美しいハーモニーで、そして魂こめて歌える3人はすごいです

こんばんは さとこさん☆レポありがとうございます

大ちゃんのMCを聞いてると自然とニコニコ(*^^*)してきます
関西弁もいいですね

大ちゃん‥年齢は一番年下なのになぜか一番しっかりしてるような感じにも取れます。
なぜだろぅ?不思議

「OHIO」初めて聴いた時から好きでした ハーモニーが言葉にならない思いを訴えてるように響きます。
恥ずかしながら、内容は理解出来てなかったです和訳ありがとうございました

こんにちは♪初めてコメントします。

先日はお会いできて嬉しかったです(覚えてらっしゃらないかなー?)

OHIOの和訳、ありがとうございます。
かなり重い歌詞だけど、いつも大樹君が歌詞をちょっと紹介してくれればいいのになーと思ってました。

今回はアレンジが今までにましてめちゃめちゃかっこよかったのでギャーッとなってしまいましたが(笑)。

>みどりさん、こんにちは☆初めまして
ようこそ、いらっしゃいませ
覚えていますよ、もちろんこちらこそお会いできてうれしかったです
そうですね、一度、歌詞や曲の背景の説明があってもいいかなあ~みんな歌詞の意味を知っているものだ…と3人は思っているかもしれないけど、案外、知られていなかったりして
アレンジ、カッコよかったですね徳ちゃん、一つ目小僧と一緒に、のどを震わせるように歌っていましたね大田さんもクールに熱く歌っていらっしゃいましたね(→訳載せたら、代わりに大事なとこ、省略してしまった)一つ目小僧は、かなりお気に入りというか、徳ちゃんの新しい魅力を引き出してくれる心強いヤツですね

>ネイビーブレスレットさん、こんばんは☆
遅くなって、ごめんなさい大樹くんのMCはやっぱりあったかいです(*^^*)
一番若いのに、安心して聴いていられるし、ライブでは、徳ちゃんや大田さんと会話のキャッチボールとりながらも、主導権、どんどん握っていってほしいと思っています
「OHIO」歌詞の意味を知らなくても、言葉にならない思いが伝わってくるけど、歌詞の意味を知ると、もっと深く感動すると思いますでも、音楽は言葉や国境や、時代を越えるから、素晴らしいんですよね自分なりの音楽の聴き方で、いいと思いますよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年の瀬 | トップページ | 歌宴‐UTAGE-④ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ