« 『doaのグッデイ☆サンデー』10/4第27回の1 | トップページ | doa FRONTIERツアー⑦Zepp大阪の6 »

doa FRONTIERツアー⑥Zepp大阪の5

16.Wave Your Hands

ここまで「仕込み」のない状態で進んでいたのが、やっと(?)大田さんお手製の工作…いや力作が登場!! 今回は、色のついた「手のひら」の形をした板に「Wave Your Hands」と書いたボード。片方ずつ、大田さんと徳ちゃんのマイクスタンドにつけられて

大樹君「これ、みんな、ダースベーダー大田さんの手作りなんです

大田さん「(いいでしょ?)」

大樹君「せっかくやから、使いますかねサビになったら、手を振って下さい。恥ずかしがらずにね男性も

大樹君は、自分用の手にはめる「手のひら」をつけて、3人で歌い出します。この曲のリードは3人。徳ちゃん→大樹君→徳ちゃん→大樹君→大田さん→徳ちゃん→大樹君と変化します。アコギの音があったかくて、4つのギターリフを繰り返していく曲(by会報、大田さん)です。

手を振ろう 手を振ろう

今いるその場所から

コツコツやってる君を

きっと誰かが見てる

「今いるその場所から」「今出来る範囲で」という歌詞が優しいです

青い空にいつか描いた

真っ白な動物達のように

クレージーな世の中 風にまかせて

もうちょっとフワフワと泳いでいこう

大田さんリードの部分は、本当にのどかな青い空と白い雲が浮かぶよう。最後の「泳いでいこう」は思う存分、ロングハイトーンで歌って下さいました(「お~~~よいでいこう」という感じ)9月よりももっと長くなっている大田さんに会場、騒然(笑)

横で大樹君が、タオルを持ち出して、パタパタと扇いでくれます(笑)余りの長さに、後で大樹君が「頭の中、真っ白になりませんか?(笑)無理せんといて下さいね」といたわってくれるけど、大田さんいわく「(いや全然)大丈夫」本当にどれだけ高音が出るんだろうすごすぎです

そろそろ左右に振る手が疲れてきたかな?という頃

大樹君「はぁ~はい、ちょっと休憩しましょうかね、休憩これ、結構、腕痛くなるでしょ?

肩を回しながら、ええ感じで会場のみんなに声をかけてくれる大樹君

大樹君「僕らdoaは、3人でリードボーカルをとって歌います。通常、僕が真ん中パートで、大田さんは高音…ハイパート、そんで、徳永さんが低音。それが、バラバラになったら、どうなるか?というのを、ちょっと会場の皆さんと一緒にやってみたいと思います

会場「おお~っ

大樹君「じゃあ…この辺…この辺からこっちが、僕と同じ真ん中パート

(大田さんと大樹君の境を手で切るようにします。大阪では言わなかったけど、ちょうど境に当たる部分の人は、右に行くか左に行くかで迷う人も多く、迷った挙句に大田さん側に行く人がパラパラいると…「そこ!僕と一緒なの嫌やからって、今、こっち行ったやろ?(笑)見えますよ(笑)」と笑いをとってくれたりしました

大樹君「んで、ここから、こっち…が大田さんと同じ高音パート。カラオケなんかだと、みんな行きたがる人気のあるパートですね(笑)」

大田さん「(にっこり)」

大樹君「じゃあ、こっから、こっち…が、徳永さんと同じ低音パート。いわゆる、おっさんパートです(笑)

会場「(爆笑)」

徳ちゃん「(welcome!)」

大樹君「じゃあ、まず、僕のパートからいってみましょう。さん、ハイWave Your Hands(×2)」

大樹君パートの人たち「Wave Your Hands(×2)」

大樹君「まあまあやな(笑)」(大概「まあまあやな」の反応だった大樹君。宇都宮では「ス・テ・キ!」と言ってくれました

大樹君パートの人たち「え~

大樹君「(うそ、うそ)サイコー!(笑)

大樹君「じゃあ、次、こっち。大田さんと同じ高音パート。ひっくり返えらんとって下さいよ

大田さん「Wave Your Hands(×2)」

会場「…(やっぱり高い)」

大樹君「さん、はい~

大田さんパートの人たち「Wave Your Hands(×2)」(皆さん、すごい

大田さん「ラララ~大阪♪Wave Your Hands(×2)」

大田さんパートの人たち「ラララ~大阪♪Wave Your Hands(×2)」

大田さん「サイコー!!

大樹君「…(また小技で余計なもの入れていろいろ言いたいことあるけど、まあ、ええわ(笑)

会場「(爆笑)」

大樹君「はい、じゃあ、次、おっさんパート行ってみましょうかね

徳ちゃん「Wave Your Hands(×2)」

大樹君「~」(なぜか合唱部のバスパートのように、拳を振る大樹君)

会場「…(低いっ)」(どよめき)

徳ちゃんパートの人たち「Wave Your Hands(×2)」(ちょっと小さめ)

徳ちゃん「もっと男子

(大阪ではなかったかもしれませんが「じゃあ、男性の人はみんな徳永さんのパートを」となる会場もありました。大概は3等分だったみたいですが、宇都宮は会場を2等分して、男子は徳ちゃんパートという分け方でした)

徳ちゃんパートの人たち&男子「Wave Your Hands(×2)」

徳ちゃん「いいね~

鶴屋さんのドラムが鳴って

大樹君&会場全体「Wave Your Hands(×2)」

3段階のハーモニーを実際に自分達が体験できる、しかもdoaと一緒に!!…という、すごくしいお客さん参加型の曲になりましたライブの醍醐味。ブラボー!!!

~メンバー紹介~

大樹君「ヘイヘイヘイ~!!じゃあ、メンバー紹介します

(すっごい盛り上げといて、ちょっとおどけた感じでかわいく

大樹君「キーボード、大楠雄蔵!!」(Yeah!!)

大楠さん「」(キラキラとしたキーボードソロを披露)

大樹君「ギター、森本隆寛~!!」(Yeah!!)

森本君「」(最初は自分の位置で、綺麗なソロを弾いて、その後、前に出て、ギンギンにテクニカルなソロを披露)

大樹君「そして、ドラム、鶴屋裕一~!!!」(Yeah!!)

(まずは、普通にカッコよくソロを披露する鶴屋さん…そして…)

鶴屋さん「イェ~~~~イ!!!」(と叫ぶこと2回

会場「(笑)」

(さらに立ち上がり、ベースドラムに足をかけ…)

会場「おっ…(なんだ、なんだ?)」

鶴屋さん「…Are you ready~~???」(鶴ちゃんの一声

会場「(大爆笑)」

倒れこむようにウケる大樹君鶴ちゃんの一声」は、ほぼ会場ごとに異なって、金沢では「ヤッホー!!」宇都宮は「Shall we dance?」だったので、大阪は、東京とは違うかなあ?と思ったのですが同じでした。(東京レポを読んで下さった方には、ネタばれになってしまって、すみません

「Are you ready?」は、次の「ナンネンブリカニ」への準備はいいか?になっていました

17.ナンネンブリカニ

高らかにイントロが鳴り出して、終盤、盛り上がる曲の1曲めはこの曲。

ドキッと来たわけじゃないけどジワジワ染まる

こんな感覚もうこの歳じゃないと思ってた

作詞・作曲、徳ちゃん、リードは大樹君。なかなかセンセーショナルな歌詞です。センセーショナルって、もうあんまり言わないかな?(笑)

ナンネンブリカニ 恋に落ちました

得体の知れないパワーが残ってた

あれもこれも全部知りたくて

朝晩心は 専門チャンネル

9月までの小さな会場では、大田さんお手製の「ブリと「カニ」が出てきました(ダジャレで、魚のブリとカニです)最初は「ブリ」と「カニ」は別々だったそうですが、途中から、オモテがブリ、ウラがカニ…になったそうです(金沢ではもう表裏一体でした)「コイ」もいたら、完璧だったはず…と思った方も多いのではでも、東京と大阪ではなくなりましたまあ…歌の内容が違ってくるので…大田さんの工作はすごく見たいのですが、まあ…いいかな(笑)

「こんな感覚」について…ラジオで大田さんが「みんな忘れています(笑)」っておっしゃっていましたが、なかなかリアルな…リアルに「書けている」歌詞です

アレッとか少しも思わずにホイホイかかる

そんな感覚もうバリアはれるはずだった

徳ちゃんの想像力と表現に脱帽で、サビの歌詞は、1・2・3・4番とも好きです。「いいの~?」と何度もツッコミ入れながらCD聴きました。タイトルだけだと、最初バラードだと思った人も多いはず。包み隠さないストレートな心理にやられてしまう曲です。

ナンネンブリカニ 罠にはまりました

上から下までスッポリと

ナンネンブリカニ 元気もらいました

まぁそんなふうな解釈で済ませよう

ナンネンブリカニ 恋に落ちました

得体の知れないパワーは残ってる

それから忘れてはならないのは、徳ちゃんのベースソロ!!!間奏でのPlayは、久しぶりに観たベーシスト徳永暁人の姿で、本当に感無量でしたベースのネックを滑る指、弾く指、そして挑むような視線…大股開きにはしていなかったかもしれないけど、熱い徳永暁人のPlayでした

最後の「指差し確認 出発進行」の後、「ハイ、進行~」で、ちゃんと大樹君は、指で確認してくれました

(続く)

« 『doaのグッデイ☆サンデー』10/4第27回の1 | トップページ | doa FRONTIERツアー⑦Zepp大阪の6 »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

さとこさん、こんにちは。

ライブレポ、楽しく拝見しております
読んでいたら、また行きたくなってしまいます

徳永さんの「大股開き弾き」は、最初見たとき、びっくりしました(笑)
きっと、足が長いせいだ!!と、勝手に思っているのですがどうなんでしょうか?
でも、ちょっとやそっとじゃ倒れなさそうで。気持ち込めて弾いてるって、感じられて、好きです

>りつこさん、こんばんは☆
ありがとうございます
徳ちゃんのベースの弾き方は特徴ありますよね

最近はあんまり首振ったり、大股開きになっていないけど、それが徳永暁人のPlayだと思っているので(笑)時々は見せてほしいなと思います
次のステージが待ち遠しいですね

さとこさん、こんばんは。
いつも楽しく拝見しています。

愛媛在住なので『doaのグッデイ☆サンデー』はオンタイムで聴いていますが、録音する術が無いので、このページを見ながら、ラジオを聴いていた時間に一人タイムスリップしています。

松山のライブハウスで生doaを見ましたが、皆さんカッコイイですよね。(男でも惚れ惚れします。
ライブレポを見るたびに、また行きたくなってしまいます。

これからも楽しいライブレポ、『doaのグッデイ☆サンデー』のアップを書いて下さいね。
応援しています(o^-^o)。


>あろんさん、初めまして!
ようこそ、いらっしゃいませ愛媛在住でいらっしゃるのですね!愛媛の方にも読んで頂けているなんて、うれしいです
松山でのライブ、感動だったとうかがっています。doaの皆さんが「また行きたい」という気持ちを聞かれたら、すごくうれしいと思います(しかも、男性の方なんですね男性から見てもやっぱりカッコイイんですね)早く愛媛に戻ってほしいですね☆その時は、ぜひ行きたいなあ~
急に寒くなったので、またちょっと風邪にやられ、ライブレポはあと少しなのにポンジュースでも飲みながら、無理せずアップしていきます
これからも見守ってやって下さいね。よろしくお願いしますo(^^)o

さとこさん、こんばんは(^^)
前コメ、名無しで失礼しましたよくわかりましたね〜…てか、あんな細か〜いコメントは私くらいですね(爆)

「Wave Your Hands」楽しかったですね自分がいかに音痴か思い知りました
ダースベーダー…実は知らなくて、LIVEの後、レンタルしてDVD観ましたラジオでの「FRONTIERのPV撮影のお話」からの流れだったんですね
吉本さん談:倒れている大田さん→やっつけられたダースベーダー(笑)

サポートメンバーの演奏もよかったですね
ステージの両端に寄って、優しく見守るメンバーが印象に残っています

「ナンネンブリカニ」は、曲名の発表があった時、私も正にバラードだと思ってましたいい意味で裏切られました(笑)
ベースソロかっこよかったですね

ブリカニ大道具さん、さすがです鰤がめっちゃリアルでしたよね
コイは気づきませんでしたさすが、さとこさん

Wave Your Hands 皆で手を振ったり 歌ったり楽しかったです
大田さんの おーーーーーよいでいこう 思わず『お〜っ』と唸りました
私はオッサンパートでしたが、自分が歌うには低い
メンバー紹介 サポメンズ演奏素晴らしかったです
鶴屋さんの一声 盛り上がりましたね
ナンネンブリカニ 徳ちゃんのベースソロ最高
大樹くんの『はい進行〜』は私も一緒に指差し確認しました

>amia♪さん、こんばんは☆
もてぎ決勝前夜、栃木から打っています
コメントの内容でamia♪さんだとわかりました
「Wave Your Hands」結局、自分はすべて大樹君パートを歌って…大田さんパートや徳ちゃんパートも密かに口ずさんだりしていました(笑)どのパートも難しいですこれを維持して歌っている3人を本当に尊敬します
ダースベーダー知らない方も多いんですね自分も有名なキャラクターしかわからないけど…。時間ができたら、見ていないエピソードを見てみたいなあ

サポメンの皆さんの演奏を見守るメンバーの優しい視線同じところに目が行きますね
「ナンネンブリカニ」本当にいい意味で、鮮やかに期待を裏切ってくれて…ブリもカニも力作でした♪「コイ」は友人が「あとはコイだよね~」と言ってくれて、そうそう!(笑)と
徳ちゃんのベース、本当に輝いていましたね早くまた聴きたいなあ~

>サキさん、こんばんは☆
「Wave Your Hands」楽しかったですねお客さん参加型の曲やコーナーがあると、ライブがすごくあったかいものになりますね
大田さんの超ロングハイトーン、本当にすごくて…会場以外の方にも聴いて頂きたかったです徳ちゃんパートは女性にはやや低いですよねでも歌えたらいいだろうなあ~と感じます
メンバー紹介は、鶴ちゃんの一声もあって盛り上がりました演奏も素晴らしかったですねサポメンの皆さんも本当に楽しんでいらっしゃいました
「ナンネンブリカニ」の徳ちゃんベースは、もう、これぞ徳永暁人のベースキタキタキタ~という感じで…テクニック的なソロだけじゃないんだけれど、でも、やっぱりハートに響きますね
大樹君の「ハイ、進行」は男前でかっこいいですね明日は「紫電」に乗って「いざ、進行!!」です悔いのない走りができるよう、ぜひ気持ちを送ってあげて下さいね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『doaのグッデイ☆サンデー』10/4第27回の1 | トップページ | doa FRONTIERツアー⑦Zepp大阪の6 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ