« 着うた+PV+ツアーロゴ+メンバーメッセージ☆ | トップページ | 『doaのグッディ☆サンデー』7/19第16回の1 »

菅生の思い出☆(決勝レース編)

7月26日(日)初めて、サーキットに行ってきました仙台からバスで1時間の菅生(SUGO)。

Calwhaai_2

SUPER GTレース第5戦。紫電に乗った、吉本大樹選手を応援したくて、ずっと思っていたんだけど、やっと叶いました。(以下、初めて生のレースを観た感想です)

セパンでは、最後尾からの優勝いい感じで、追い風が吹いている紫電。でも、一方では、菅生、鈴鹿までのエントリーしか、まだ正式発表になっておらず…今、観なきゃ、今こそ観たい!!と思って、行くことにしました予選4位の紫電は、まだまだ、これから!菅生から、吉本選手のブログもアップされて、思い切り晴れているとのこと…でも「サバイバルなレース」展開の予想。暑さも雨も覚悟して、日焼け止めや帽子から、レインコートまで、車のタイヤと同じように、両方の準備していきました。

出発前夜…翌日は、雨の予報なので、(初心者の)観客としては、やっぱり降らない方がいいんだろうなぁ~と思って、実は、こんなのを作って眠りました(笑)

Calohvn7

まさか、この光景が、本当に現実になるとは(99%は)思っていなかったけど(1%はありだと

最初に第1ドライバーの加藤選手が乗って、走られると、吉本選手は、ピット(車庫)から前に出たところで、記録(データ)みたいなのをとっていらっしゃいました

本物の紫電が、目の前を動いて走っているというだけでも、大感動

加藤選手は、素晴らしい走りをされていて、(自分には)おおっ!!!の連続だったんですが、でも、レース初心者の自分でも、途中から、ちょっと苦しんでいるのが感じられました。ドライの状態では、マシンが不思議と重たく感じられ、もっとラップタイムを上げて走りたくても、これ以上は、上がらない感じで…これ以上は、無理なのか…と思ったレース中盤、空の向こうから、ものすごい暗雲が立ち込めてきました。モータースポーツ誌『AUTO SPORT』でも書かれていた、「魔物」がやってくるかと思われたんですが…降り出した雨は、紫電にとっては、本当に、恵みの雨でした

中盤、赤いレーシングスーツを身にまとった、吉本選手が、ピットに座っているのがスタンドからも見えます。スポーツ飲料か何かを飲んでいらっしゃって、いつものストローのついたドリンクボトルで、こまめに水分補給をされています(ピンク色の飲み物)。

加藤選手が、ピットに入ってこられて、吉本選手とバトンタッチ。さっ!!と紫電に乗り込んでいく赤いレーシングスーツが見えます。青い紫電のドアがしっかりと閉められて、エンジン再始動。吉本選手が、スタート!!

ウエットになって、濡れた路面を滑るように加速して走る紫電。水を得た魚のような走りは、本当に爽快で、そして、きれいで(美しくて)すごかったです

本当に初心者の感想ですが、きれいにラインに寄っていったり、ちょうどカーブに差し掛かる手前で、コース(道)の幅とカーブの曲がり具合を計算して、例えば、長方形の右下から、左上に行って、さらに対角線に進むような最短距離など、細かいことはわからないのだけど、一番、車にとっていいコースを選んで走っていらっしゃるのが伝わってきました。

1周1周が真剣勝負で、コンマ何秒のミスを許さないような緊張感の中で、戦う吉本HIROKI選手の姿がありました。もちろん観客から顔は見えないのだけど、いや、もう紫電そのものが、吉本選手でした。鳥肌が立つくらい、あの爆音と、水を滑るタイヤの音と、そして、果敢な走りは、見ていて、本当に勇気をもらうことができました

終盤、雨が上がり、もう一度ドライタイヤへチェンジ!メンバーの皆さんの判断は間違っていなかったんだろうと思いますわずか2秒の差で、一位奪取(連続優勝)は叶わなかったけど、でも、堂々の2位でのフィニッシュ

観ていた自分は、やった!という本当に胸がすくような想いと、無事に戻ってこられてよかったという、ほっとした安堵と、やっぱり、吉本選手(大樹君)すごい偉業をこなせる人なんだという、誇らしい気持ちと、それをその場にいた方々と一緒に応援できた歓びと…本当にいろんな気持ちが混じってきました。

初めてのレース観戦で、爽快な紫電の走りと、表彰台に立つ吉本選手(その笑顔)を見られたことは、本当に何よりうれしかったです表彰台では、何度も汗を拭っていた吉本選手。涙じゃないよね?(汗だと思う)と思いつつも、きっと心の中は、うれし涙が流れてもおかしくない状況だったと思います。

2位入賞、本当に、おめでとうございます!!!

本当は、決して、さらっととれるようなものではないはず…。1つ1つのレースが、実は、実力だけではなく、周囲や天候や運や…さまざまな要素が入り組んだ上での結果。だから、本当に、1つ1つが奇跡的なこと(miracle)なんじゃないかと自分は思います

本当に素晴らしい走りを見せてくださって、ありがとうございました!!!

(吉本選手がいなければ、サーキットまで行くきっかけは、なかなかつかめなかったと思います。サーキットの楽しさと苛酷さを教えて下さってたことに、本当に感謝していますありがとう!!!)

(サーキットへ行こう!編へ続く)

« 着うた+PV+ツアーロゴ+メンバーメッセージ☆ | トップページ | 『doaのグッディ☆サンデー』7/19第16回の1 »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

レース」カテゴリの記事

コメント

さとこさん、お久しぶりです。
毎回、いろんなレポ読まさせて頂いてます。
忙しくてコメントできず、すみませんでした。

SUGO行かれたんですね♪

やっぱり生で見るレースはすごいですね!
知り合いの方もよく言ってます。

私もいつかは…と思ってはいるもののなかなか。

なので、レポ読んで楽しんでます♪

>ぐっちゃんさん、こんばんは☆
はいッ、初めて行ってきました、生サーキット
暑さあり、雨ありのレースそのものが感動だったけれど、やっぱり、知っている(こっちが勝手に知っているの意味)選手が、吉本選手が乗っていると思うと、もう感無量でした
本当に、言葉に表せないくらいの迫力がありました
でも、苛酷なだけじゃなくて、見ていて、緊張もしたけど、楽しかったです。
「サーキット」という空間そのものが楽しかったので、また行ってみたいです
自分も、なかなかと思っていたけれど、なぜか、タイミング的に飛んでしまいました
資金はぴーぴーなのに、飛びたかったんだろうなあ~さらに働かねば(笑)
ぐっちゃんさんも、ぜひ、行けるといいですよね
ライブでもだけど、サーキットでお会いできたらいいのになあ~

doaラジオの仙台に続き HIROKI選手の応援にSUGOに行かれたとは凄いですね!
天候が変わり体力的にもキツかったかもしれませんね
観戦お疲れ様でした
モータースポーツには興味のなかった私も HIROKI選手の応援にサーキットに一度は行きたいと思うようにはなりましたが 実現するのは難しそうです

>サキさん、こんにちは☆
はい!なんだか、仙台が呼んでいて(笑)行ってきました
すごく天候が変わった日だったので、ある意味、いい勉強になりました。
体力的には…多分、次の鈴鹿の方がきつそうです
資金もきついんだけどでも、今、応援したいという気持ちがあって、悔いのないようにしたいです。

そうそう、S耐は、大樹君、優勝でした!!
時間見つけて、もっと大きく書けたらいいなと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 着うた+PV+ツアーロゴ+メンバーメッセージ☆ | トップページ | 『doaのグッディ☆サンデー』7/19第16回の1 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ