« 『doaのグッディ☆サンデー』7/12第15回の1 | トップページ | 『doaのグッディ☆サンデー』7/12第15回の3 »

『doaのグッディ☆サンデー』7/12第15回の2

(続き)

大田さん「はい、doaがおおくりしている『グッディ☆サンデー』、1曲めは、僕たちのニューアルバムから『DESIRE』でした

大田さん「さてさて、えー、次のメッセージをご紹介しますか。ラジオネームめめこさん。おはようございます

大樹君&徳ちゃん「おはようございま~す」

めめこさん「最近よく聞く、草食男子…草食系男子、皆さんはいかがですか?

徳ちゃん「草食系…っていうのは、あの、だから、肉食じゃないってことですね」(そりゃ、そうだ

大樹君「草食う系っていうことですね?」(ヤギじゃないんだから

大田さん「僕もこれ…なん…わかんなかったですよ。で、ネットで調べました(笑)

大樹君「ははは(笑)」

徳ちゃん「調べました(笑)」

大田さん「そしたらね、今なんか、草食系の男子っていう人が増えているらしいんですよ。それはね、『協調性が高く、家庭的で優しいが、恋愛に積極的ではないタイプ』という」

徳ちゃん「はあ、はあ、はあ

大田さん「だから、あのー、女の子と例えば、旅行とかデートとかしても…発展しなかったり

徳ちゃん「あ!なるほど」

大田さん「うん。あの、恋愛にエネルギーを使うよりも、自分の趣味とか、仕事とか、ファッションとか…そういうものにお金を使う…とか、エネルギーを使う

徳ちゃん「あ~なるほどね~

大樹君「そういうのを草食系って?」

大田さん「…草食系っていう。すごいでしょ?こういう人、増えているらしいですよ。だから、結婚とかもしない。で、30代の未婚の男性の4人に3人が、自分を草食系男子ではないかと認めているらしいんですよ」(4人に3人!?びっくりです

大樹君「へぇ~

徳ちゃん「自分で認めている?」

大田さん「うんうん」

徳ちゃん「まあ、こんなご時世ですからね。例えばね、お給料とかね、余白をね、婦女子に使うか…男ととして…婦女子に使うか?趣味の釣りに使うか?」(徳ちゃん、それ、誰のこと?

大田さん「そうそうそう、あるある

徳ちゃん「いろいろあるじゃないですか、選択肢がね。うまいもん食うか?とかどれにいきますか?そしたら、やっぱり…」(うまいもん、食う選択肢が出てくるのは…徳ちゃん

大田さん「僕は、釣りですね」(もちろん

徳ちゃん「あ、釣り(笑)」

大田さん「僕は、趣味、釣りなんで、草食系だと思います」(うん、でも、自分は、大田さんは、おだやかな面が多い一方で、すごく情熱的な面もあると思っています女性的な細やかな気配りができる一方で、芯は男らしい

徳ちゃん「でも、わかりますよね。そういうのもね。なんか…そればっかじゃ…どうなのよ?!っていうのはありますね」

大田さん「はい。あと、亭主関白とかあるじゃないですか。かかあ殿下とかですね。それに似たような感じで。えー、どうですかね?亭主関白は、いいっすかね?

徳ちゃん「どうでしょうね~、僕は多分ね、亭主関白にはなれないタイプじゃないですかね。僕はね、こう、人の意見を聞いてしまうので

大田さん「まあ、徳永君は、ホントにね、よくね、みんなの意見を聞いてですね、こう、まとめて…んで、一人でもやもやしている(笑)」(情景が浮かぶなあ~

徳ちゃん「もやもやしている(笑)」

大樹君「わははは(笑)

徳ちゃん「何系っていうんですかね?それね

大田さん「なんか、そういう感じありますね。吉本君はですね、亭主関白に…の可能性、大の方ですね」(わかる俺についてこい!みたいな

徳ちゃん「ねえ~

大田さん「ね

大樹君「そうっすかねいや、んなことないですよ、僕。結構、あの~気ぃ使ぃですよ、僕。何気に…

徳ちゃん「まあ、そうだよね」

大樹君「うん

大田さん「まあ、僕もね…僕、大田もですね、まあ、草食に近いのかもしれないけど……ね、わかんないですけどね(笑)皆さん、どうなんでしょうね?これ、あの…」(どうなんでしょうねぇ~

大樹君「でも、今、流行っているっていうことですから。それがね」

大田さん「そうなんですよ。ドラマの主人公とかも、だから、草食系の主人公が多いんですって」 

大樹君「はーん」

徳ちゃん「あ、でも、聞いたことある。『巨人の星』が、もし、今の時代、ね、流行ったドラマ…漫画だとしたらね、花形満が、主人公になるべきだって、今の。トレンディという」

大田さん「そうか、そうか」

徳ちゃん「お金もちでお坊ちゃんで、クールで、草食系で」 

大田さん「へぇ~」

徳ちゃん「時代は変わるんですよね

大樹君「いかん男は、もっと食いついてこ」(大樹君、テンションアップ声に力が入ります

大田さん「うん、そう!男はもっとね、がんばんないとね」(大田さんもテンションアップ

大樹君「ガッツ、ガッツ

徳ちゃん「ガツガツいきましょうよ」(徳ちゃんもテンションアップ

大樹君「レアーで肉は食うべし」(大樹君…上がり過ぎだって(笑))

徳ちゃん「そうですよ、もう。そういうもの…いろんなね、パワーの源になりますからね」(好きなこと、好きな人、好きな音楽…やっぱり、そういうのが生きる力になりますよね

大田さん「そうですねはい、行きたいと思います。で、次の曲は?」

徳ちゃん「そういうことなんでね、あれです。もう、じゃあ、もう、男性諸君に捧げましょう、この曲を。えー、65年ですね、これね。ザ・ビーチボーイズの名曲ですけれども、あのー、もと、ヴァンへイレン(Van Halen)のヴォーカルのデイヴィッド・リー・ロスもカバーしております。また、PVがまたセクシーでね俺なんか、少年時代、すごい萌えましたけど(笑)」(少年時代も、きっと、今も純粋な徳ちゃん

大田さん「はい

徳ちゃん「この曲、聴いて頂きましょう、ビーチボーイズで『California Girls』

「California Girls」by The Beach Boys ON AIR

(続く)

PS.普通のトレンディーな話題なんだけど、微妙なギリギリのところで話している3人です(笑)まあ、プライベートは、プライベートで(コメントは、感想&笑いのツッコミはあっても、3人のプライベートへの質問や答えはなしでお願いします

« 『doaのグッディ☆サンデー』7/12第15回の1 | トップページ | 『doaのグッディ☆サンデー』7/12第15回の3 »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

さとこさん、こんばんわ。
ちょっと、久々にお邪魔しました。。。

仙台行ってきたんですね~。うらやましい
応援してるよって、会えてこんなに幸せですって、顔見てもらえるって、嬉しいですよね。

「最初から読ませてもらいます」なんて言っておいて、読めてませんちょこちょこ忙しくって。。。焦らず、じっくり読ませてもらいます!!

さとこさんの文章、分かりやすくて、愛がこもってて、知らず知らずに笑顔で読んでる自分がいます。。。
幻聴で、声が聞こえてきそうな。。。
これからも、楽しみにしてます。。。

大樹くんは、絶対肉食系だとおもいます。レーサーは、負けん気!!ですから!!
だけど、肉食系だから、周囲を省みないって話じゃないんですよね。。。だから、堂々と肉食系でいてもらいたいですね。。。

大田さんと徳永さんは、草食系なのかな・・?「恋愛に自分から行くのは面倒」っていう人に、あんな詞がかけるのかな?とも、思うし。。。そんなに草食系までは行かない気もしつつ。。。
・・・草食系の定義って??と、道に迷う、りつこでした

こんばんは さとこさんレポありがとうございます

「草食系男子」について私もで調べてみました

感想は‥男女共に人を余り必要としない時代になったのかなぁと思えたり‥。
自分一人で自立出来て時間を楽しめれるならそうゆう形もありだな〜と思います

大ちゃんは亭主関白ぽいんだよなぁ〜イメージが
威張った感じじゃなくて
徳ちゃんは‥意見を尊重してくれそうやはりリーダー皆の話に平等に耳を傾けてくれてるけど、胸の中はもやもやしてるんだ
ガンバレ徳ちゃん

私、大田さんのイメージが沸かないんですよ。どちらの色にも染まれるイメージだから
でも、趣味の釣りに時間を使うのなら‥そうなのかな
大田さんはさりげなくリードしてくれそう←(そうされたい(笑))
あのがっちりとした大きな手でしっかりと握りしめてほしい(ハイ妄想終了)
「巨人の星」に出てくるライバル!?よく解らず
ちゃぶ台ひっくりかえすお父さんしか認識してなくて(←合ってるかなぁ)

新曲でも流れてる曲ですね、試聴した時一変で心つかまれました
今回の選曲はどれも今までにない感じで新しいdoaに触れられるような気がして楽しみです

さとこさん、こんにちは!

今回のラジオレポは色々と想像しちゃう内容だったねぇ
草食系を調べちゃう大田さん、なんか可愛らしい
(*^_^*)
草食系、肉食系って、異性に関しての対応だけを言ってるのかと思いきや、協調性があるとか家庭的とかの性格もあるんだね

異性に対して積極的に行動するのが肉食系、一歩引いてるのが草食系、というイメージが私にはあります。
そう考えると、大田さんは草食系っぽい
内に秘めた気持ちがあって、それが大田さんが書く詞に現われてるんじゃないか?と
大ちゃんと徳ちゃんは肉食系っぽい…
そして亭主関白な感じ。
あくまでも私の想像ね

ちなみにうちはかかあ天下

>りつこさん、こんにちは☆
仙台、行ってきました行く前まで悩んでいたのに、仙台の空気に触れて、3人の顔見たら、笑顔も元気も全開になりました幸せですって顔で、doaの目に映っていたらいいなぁ~。

レポ、doaの話している内容は1つでも、語り口調など、3人の特徴が出ている言葉の節々を、できるだけ切り落とさないように、えー、とか、うーん、とかの言葉も適度に残して書いています(全部だとくどいので、適度に♪)幻聴聴こえていたらうれしいです

大樹君は、肉食系だと思うけど、りつこさんのおっしゃるとおり「周囲を省みないって話じゃない」んですよね自分が生きるために肉食でもある一方、多分、人のために、肉食系の生き方できる人なんじゃないかと思っています

徳ちゃんは、多分、逆で、人のために草食系になれそうなタイプの気がします。周囲が肉を欲していて、自分が草を食べて事が済むなら、草を食べそう。…だけど、絶対譲れない部分は、がむしゃらになってでも、肉を追求しそう。だから、生きるためには、雑食?かも(^^;(いい意味でマルチ)恋愛は、きっと違うのだろうなと思っています

大田さんは、趣味の釣りをしている時は、自分の世界に入って、草食系に近いのかもしれないけど、でも、ハングリー精神がないと音楽(ロック)なんてできないし、隠れたところでは肉食かな?と思っていますその姿は、決してむやみに見せなさそうだけど

自分が思う草食の定義①:草食系は(ゾウもサイも牛も…)大人しそうにしているが、大人しいとはかぎらないかも?

>ネイビーブレスレットさん、こんばんは☆
>>男女共に人を余り必要としない時代になったのかなぁと
う~ん、そうですよねこの言葉が生まれること自体、ちょっと問題かも
肉も草も、どちらもバランスよくが一番なんだろうけど、今の時代、自分の好きなどっちかに偏ってしまうのかなあ?(自分も自分のこと、考えてしまいました)

大樹君は、そうそう、威張った感じではないのだけど、大黒柱になっていそう
揺るがずに生きていて、気づいたら、自然に、周囲に必要とされる存在になっていそう

徳ちゃんは、いろんな意見があっても、とにかく、最初は、グッと全部飲み込んでくれそう。最初から吐き出したりはしないんだろうなそこから、冷静に、必要なもの、不要なものを見極めて、どの人にとっても一番ベターな方法で、ベストの案を出してくれそう。だからこそ、やっぱりみんなが頼れるんだと思います

大田さんは、見た目は草食っぽく見えても、内面のハングリーさは、大樹君や徳ちゃんに負けていないんじゃないかなあ?と思います高音を何十回も録り直す姿を、思い浮かべています

「巨人の星」の花形満は…主人公、星(ほし)飛雄馬(ひゅうま)の宿命のライバルですね。ハンサムっぽいけど、なんだかすごい髪型していた気が

はい、PCでdoaトップで流れる曲ですフルで聴くと、おおお…っとなります!!
『FRONTIER』に入っている曲、どれも楽しみで、カレンダー指折り数えています

>さと♪さん、こんばんは☆
はい~なんだか、いろいろ想像してしまって
一概には言えないけど、生き方や恋愛のタイプで、草食、肉食ってするなら…どうなるんでしょう(笑)ね?

大樹君については、皆さん、似た印象だけど、徳ちゃんも、生き方が熱いし…。恋愛へのエネルギーは、肉食?かもしれないですね
大田さんは、恋愛へのエネルギーは、内に秘めていそうだけど、でも、うーん…草食と思いきや…やっぱり秘めた情熱は?と思っています想像のみで、お楽しみにしておこうっと

さと♪さんちは、かかあ殿下なんですかっ?
うーん、自分の城には、関白も殿下もいないです(笑)北の方って響きには憧れるけど…うーむ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『doaのグッディ☆サンデー』7/12第15回の1 | トップページ | 『doaのグッディ☆サンデー』7/12第15回の3 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ