« 吉本選手、スーパーGT参戦☆ | トップページ | 『帰ってきたOHTA NIGHT0904』ライブレポ② »

『帰ってきたOHTA NIGHT0904』ライブレポ①

doaの大田紳一郎さんのソロライブ『OHTA NIGHT』

大田さんが愛する名曲(カバー)や、doaの曲を大田さんメインで演奏して下さるライブです。「doaのLIVEとは一味違ったスピンオフ企画」ということで、大田さんファンには、たまらない企画以前の会報やブログを見て、ずっと前から、本当に行きたい!!!と願っていたので、感無量でした!!!

…とはいえ、毎回、激戦のライブ。今回も申込はFC会員限定、さらに抽選発表もぎりぎり1ヶ月前、しかも、大阪のみ涙を飲まれた方が沢山いらっしゃるので、行くからには!!と思って、心底楽しんで、セットリストも覚えてきました少しでも大田さん&バンドの皆さん&会場の一体感あふれたライブの感動が、伝わるといいなと思っています。長いレポになります(少しずつのアップになるけど)行きますよ~!!

(勝手にかけ声)「doaライブと並行して、1年に1回は…」

「OHTA NIGHT♪を、演らないと!!

『帰ってきたOHTA NIGHT 0904』 大阪hillsパン工場 2009.04.05(日)2日め

会場前で、当選メールと会員証と身分証明を見せて、まず、かわいいピンクのチケットに取り替えてもらいます。ライブ会場限定のTシャツは、黒地に「Singin' For Your Big Smile」左肩に、赤い「doa/Singin'」のタグつき(「3」のタンクトップについていたもの)で、後ろには、かわいいネコの絵も(後ろが上手く撮れず、前はこんな感じ)Ca069bpl_2

さあ、入場!!Ca31jay6_2 

小さな会場に入ると、聞いていたとおりの縦長のスペース。でも、思っていたよりは明るいステージ中央に、メインの太いスタンドマイクが一本!!これを見ただけで、一気にテンション上がりましたここに大田さんが立たれるんだ~!!左右には、ベース&ギター用の細めのマイクが2本。右奥にキーボード、中央奥にドラム。そして、その奥に階段。

モニターが中央の頭上にあって、自分は、真ん中(?)あたりの100番代前半。ステージもモニターも見える位置やっぱり、中央のマイクラインの先にスタンバイ自分が真っ直ぐに大田さんを観たいのもあるけれど、できれば、大田さんの視線の先にいたいなぁ~と(もちろん会場全体を見て下さるけれど)前にお客さんは沢山いらっしゃったけれど、なんとか見える位置に。大田さんのお顔は、胸から上が肉眼ではっきり見えました

「本日は、ようこそ~」と普通のアナウンス(会場の係の方)が入り、Capnrp8y

モニターに「帰ってきたOHTA NIGHT」の文字(Tシャツよりアップ)が出ると、階段から、メンバー、そして、大田さん登場!!!今日は、薄めのこげ茶のTシャツで、薄いベージュ色のギターの絵や英語のプリントがあるこだわり自分が思う限り、最近、ここぞ!という時に、ギターの入ったTシャツを着られる気がします。(「GLORY DAYS」の日産2Daysで着られた青いTシャツも、大きなギターのプリントで、しかもそのギターがアメリカ国旗の模様という、こだわり

パッ!とモニターが切り替わって、「え~、doaの吉本です。これから大田ナイトが始まりますが~」と、笑顔の大樹君!やっぱり、doaのメンバーが一緒だとうれしいな☆「~ぜひ、楽しんでいって下さい」と大樹君。画面が変わって、さらに、徳ちゃん!!が、にこにこの笑顔で、ゆる~く片手を手を振ってくれていますdoaリーダーのお言葉があるかな?と思っていたら…いきなり、ぶつッ!!と映像が切れて「ええっ??どうしたの?モニター壊れた??」と心配するのをよそに、曲のイントロが鳴り出して…

大田さんは、後ろを(ドラム側を)見てスタンバイ!!会場は、笑いと歓声が混じって… …徳ちゃん、もしかして、いじられちゃった?(笑)…リーダーの扱い、受けていないんですけれど…(苦笑)そうこうするうちに、曲のイントロが終わりに近づいて、待ちに待っていた大田さんの声が、会場に響き渡りました

「Lost Highway」

2007年6月に発売された、BON JOVIの最新アルバム『LOST HIGHWAY』から、タイトル曲。この曲が最初にきたのは、大田さんが、好きな曲だからだけじゃなくて、少なくとも自分は、すごく意味があると思っています

ロスト・ハイウェイの意味はいろいろあって、もちろん、lostには、失われたという意味もあるのだけれど、「バックミラーから消えて、見えなくなった、昨日までの道=今は、ただ前に進むだけの道」くらいの意味じゃないかな?と。歌詞も「バックミラーの中に 俺の人生が少しずつはっきりと浮かび上がる」という感じで始まります。いろんなことがあって、今日までやってこられた、音楽の道を続けてこられたことへの大田さんの宣言のようにも聴こえてきた一曲今回、『OHTA NIGHT』のトップで持ってくることに、すごく大田さんの思い入れがある気がします。

「independence day (独立記念日)」という言葉も印象的だけど、自分が好きな言葉は、「I finally found my way」というフレーズ大田さんにとって、もちろん「音楽の道」であるんだろうなあ~と感慨深かったです。「Hey hey」という大田さん&メンバーの皆さんの声が、すごく明るくて、真っ青な空が浮かび上がってきました最初から、気持ちいい!会場の様子を見ながら、歌う大田さん。薄い茶色のサングラスの奥に、大田さんの真っ直ぐできれいな(つぶらな)瞳が輝いています

「ついに行くべき道を見つけた 昨日にさようなら アクセル踏んで、ブレーキはきかない だってここはロスト・ハイウェイ 俺は自由、すべてを解き放ち 道なき道を行く 今日は俺の独立記念日 ロスト・ハイウェイ」

「It's My Life」

そして、2曲目!すごくインパクトのある「It's My Life」この曲へのつながりにも感動このつながりは、めちゃめちゃ意味があると思う(感動)テンションが一気にアップ

「この歌は、絶望した人々のためじゃない~さあ、俺の声を聞いてくれ 今から大声で言うことを」 

「これが俺の人生さ 今でなきゃダメなんだ かぎりある命 その命あるかぎり、精一杯生きたい(俺の人生なのだから)この心は開かれたハイウェイ」

自分が勝手につなげているだけかもしれないけれど、「Lost Highway」の次に「It's My Life」で、「It's My Life (これが俺の人生さ)」「My heart is like an open highway(この心は開かれたハイウェイ)」と歌われたら、そんなにBON JOVIに詳しくない自分でも、テンション上がります!大田さん、なんという選曲で来るの!!しかも、めちゃめちゃ、かっこいい!!憧れの紳JOVI♪が5mくらい先にいて、心臓のビートもどんどん鳴っていきました。

そして、この曲がもし演奏されたら、どうなるんだろう?と思っていた「bowwow(バウワウ)」という渋いコーラスは、大賀さんと麻井さんを中心に決めて下さっていました大田さんだけでなく、大賀さんも何度もモニターに映って、ギターを弾きながらマイクにかじりつくかのように「bowwow」と歌って下さっていました。この曲で、大田さんのレスポールも登場うう~っ、しびれますやばいくらい初めて聴いた、紳JOVIに早くも圧倒されていました (続く)

« 吉本選手、スーパーGT参戦☆ | トップページ | 『帰ってきたOHTA NIGHT0904』ライブレポ② »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

徳永暁人」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

吉本大樹」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉本選手、スーパーGT参戦☆ | トップページ | 『帰ってきたOHTA NIGHT0904』ライブレポ② »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ