« 『帰ってきたOHTA NIGHT0904』ライブレポ⑥ | トップページ | 『doaのグッディ☆サンデー』4/5初回 »

『帰ってきたOHTA NIGHT0904』ライブレポ⑦

大田さん「みんな、今日は、本当にどうもありがとう!!!最後は、この曲!!『Livin' On A Prayer』」(会場、歓声!!)

「Livin' On A Prayer」

いわずとしれたBON JOVIの名曲観客も一体になって、会場全体を揺らすように、みんなで歌ったこの曲は圧巻!!!

そして、最後まで、大田さんの選曲が光った一曲。この曲の歌詞もじっくり紐解いてみると、すごく深い今回のライブは、やっぱり「OHTA NIGHT」以外の何物でもないことが感じられます。考え抜かれた流れだと思う

よく採り上げられる、1番の歌詞の内容は…「トミーという男が港で働いていたが、ストで運から見放されてしまった。ジーナという女もトミーのために働き、給料の全てを、彼のために持ち帰ってきた。しがみつくしかないとしても、お互いがお互いのために生きていこう、やるだけのことはやってみよう」という歌。

でも、今回は、やっぱり2番の歌詞とサビ!!

「トミーは彼のギターを手にした でも かつてのようにそれを歌わせることすら難しい 辛い話さ とても ジーナは逃避行を夢みている 彼女が泣いている夜 トミーがささやく:ベイビー 大丈夫だよ いつかきっと うまくいく」

We've got to hold on to what we've got (俺達はしがみつくしかないんだ  俺達の今あるものに) 'Cause it dosen't make a difference If we make it or not (だって 結局同じことだろ うまくいっても うまくいかなくても) We've got each other and that's a lot (お互いのためにお互いがいるんだ それだけで もう十分さ) For love- we'll give it a shot (愛のためなら やるだけのことはやってみるさ)」

そして、このサビ!!

「We're halfway there (俺達はもう半分やってきた) Livin' On A Prayer (祈りながら生きているんだ) Take my hand and we'll make it-I swear (俺の手をとって きっとうまくいくさ ー誓うよ) Livin' On A  Prayer (そう祈りながら生きているんだ)」

今回、本編の一番最後にこの曲を持ってこられた大田さん。2006年の時にも演奏されているけれど、今回は、一連の流れを考えたら、なお重みがあります。もちろん自分が押さえたい言葉は、英語と日本語の両方を載せた部分。特にサビの「We're halfway there」の「halfway」にぐっときます

半分ということは、まだこれから先がある。過去だけ見るんじゃなくて、未来につながっている所が、この歌の力強さだと思う。「Lost highway」から「It's My Life」「I'll Be There For You」そして 「Livin' On A Prayer」へ。BON JOVIだけ見ても、この流れは偶然じゃなく、『OHTA NIGHT』そのもののようで、大田さん自身の生き方のように感じられます

本当に最後の大サビで、初めてギターから両手を離して、「両手」でマイクを持って歌われた大田さん。大田さんがマイクスタンドからマイクをはずし、両手でマイクを持たれた瞬間、自分の胸には、最高に熱いものがこみ上げてきました会場全体が一体になって、「Oh~Oh~!! Livin' On A Prayer!!」と声をはり上げて歌った「OHTA NIGHT」を、今回のライブの熱い感動を、決して忘れることはないと(ナイト)思いますSingin' For Your Big Smileのとおりのパフォーマンスでした!!!

アンコール前の本編最後のMCも感動でした。

大田さん「僕たちは、ミュージシャンです」

一言一句までを正確には覚えていないけれど、「僕たちは、ミュージシャンです」だから、「これからも音楽を通して、いろんなことを伝えていきます」と誓う大田さんの言葉は、本当に力強かったです

大田さん「(ここにいる『OHTA NIGHT』のバンドのメンバーは)皆いろいろあるけれど、また、いつか、5年後、10年後も『OHTA NIGHT』をやりましょう!

5年後、10年後といわず、来年もぜひ、『OHTA NIGHT』をして下さい!!祈っていますまだまだ「halfway」だから、ずっとずっと、大田さんの歌を聴いていたい、これからも聴いていたいですそう祈りながら生きていこう!!と思いましたそう、「Livin' On A Prayer」

~アンコール~

大田さんやメンバーが一旦、姿を消しても、ずっと手拍子が続いていて、その拍手に応えるように出てきて下さいましたメンバー全員が、“Singin' For Your Big Smile”のTシャツ

大田さん「みんな、本当にどうもありがとうもう少し、曲を聴いて下さい…」

「愛は太陽のように誰にでもふりそそぐ」

イントロで、この曲も大きな歓声!!!「ライブで、ぜひ、やってみたい」とおっしゃっていた大田さんの言葉を、みんな、ちゃんと覚えています

横浜のインストアライブで、一度だけ演奏された曲。その時も大田さんが(レースのお仕事でインストアに来られない大樹君の代わりに)歌って下さっていました。CDの大樹君のソフトな歌い方は、絶品でも、大田さんヴァージョンも、本当に甲乙つけられないくらいに素晴らしいんです!!!(リーダー徳ちゃん、CDもう1枚、出しませんかぁ?もし、いつか、doaベストが出る日が来たら、この曲と「I wanna~」の大田さんヴァージョンをリクエストしたいな

今回は、バンド形式。集まったメンバーの力と、そして大田さん自身の歌の力で、インストア以上の仕上がりになっていました!!!

「もうここまで来たって思うか まだここまでって思うか 出会い別れくり返し 僕らは強くなれたのか?」

「泣いたり 迷ったり 逃げだしたりしても 痛いほど生きてる証」

1番の歌詞を歌い終わり、2番の歌詞が始まると、すぐに声を詰まらせてしまった大田さん。歌詞を忘れたとかではなくて、こみ上げてくる思いを抑え切れなくて、一瞬、唇を噛んで、顔をそらすようにされたけれど、それは、こみ上げてくる思いと、本当に涙が抑えきれない感じでした。泣いていらっしゃったと思います。

誰もが初めて見る大田さんの姿に、会場から、ものすごい声援とパワーが贈られていました

大賀さんや麻井さんや大楠さんやPONさんたちも、大田さんにあたたかい視線を送っていらっしゃって、大きな、本当に大きな、みんなの声援に支えられて、「やり残したことはないかって思うか」くらいから、再び、歌い始められました本当に、その姿に、こちらも号泣(涙)

そして、「lalala~」の合唱会場が一体になって、本当にあたたかいハーモニーが生まれていました

「届いてるかい Dear My Friends」

力の限り、思いの限り、思い切り強く歌われる大田さんの声に、さらに大きな歓声が上がります本当に、本当に、会場のみんなが、しっかりと大田さんの声を、気持ちを受け止めていました届いていましたよ、しっかりと!!!そして、受け止めましたよ、しっかりと!!!(次のページ、めくっていきましょう!!)

大田さん「最後は、この曲!!!」

「危険なカーブ」

doaで初めて、大田さんがリードヴォーカルになった曲。大田さんの代名詞のような曲です。

超絶のハイトーンあり、クールでカッコイイけれど、ちょっと不思議で、かわいいギャグも途中にありでも、超絶ハイトーンだけじゃなくて、やっぱり、大田さんの「生き方」が詰まっている曲だと思います

「まだまだ退かない 逃げない 終わらない」

道を探して 自分を求めろ 目の前には 危険なカーブ」

最後の「ah~危険なカーブ」で、爽快なまでのハイトーンこれを聴かないと、やっぱり『OHTA NIGHT』をお開きにはできないです聴かせて下さって、ありがとうございます!!!

アンコール・ラストのMC

大田さん「(会場の)みんな(そして、会場に来られなかった人もみんな)、いろいろあるけれど、それぞれ、自分の道をがんばって生きていきましょう!!!

大田さん、本当に最高でした!!!!!本当に、本当に、ありがとうございました!!!!!

今まで観た中で、一番カッコよかったし、歌も演奏もMCも、ダジャレも小道具も、パフォーマンス全てが、本当に、素晴らしかった!!!そして、何より、最高の涙と笑顔でした本当に輝いていらっしゃいましたまた、きっと、きっと「OHTA NIGHTを演らないと!!!」

~最後に、もう1つ、自分が印象に残ったMCを、おまけで挙げておきます

どこの場面だったか、すごく盛り上がった曲の後で、お客さんが「大田さ~ん!」「紳ちゃ~ん!」「紳一郎さ~ん!」とそれぞれの呼び方で呼ぶのを聞いて(自分も、この3通りで呼びました

大田さん「紳一郎さんでもあり…紳ちゃんでもあり…大田さんでもあり…(照れ笑)」

この後、言葉にはされなかったけれど、自分が感じたのは、

「どんな呼び方で呼んでくれてもいいし、どんな呼び方をされても、僕は僕だから、僕の、大田紳一郎のライブに来てくれて、本当にありがとう…」という大田さんの優しい気持ちでした。

「大田さん、紳ちゃん、紳一郎さん、本当に、本当に、ありがとうございました!!!これからも、どうか音楽を続けて下さい。doaをはじめ、最高の仲間と一緒に、素直で素敵な歌を歌い続けて下さい。心に響くあたたかい、熱い曲を届けて下さい。一緒に笑顔になれる瞬間を祈りながら、また会いにいきます!!!

最後まで読んで下さって、ありがとうございました!!!

« 『帰ってきたOHTA NIGHT0904』ライブレポ⑥ | トップページ | 『doaのグッディ☆サンデー』4/5初回 »

日記」カテゴリの記事

doa」カテゴリの記事

大田紳一郎」カテゴリの記事

LIVE」カテゴリの記事

コメント

doablogからきました。
さとこさんのレポは素晴らしいと思います。ありがとうございました。

ただdoaのblogでネタばれは止めて下さい。
今回の愛媛のレギュラーラジオは同じようにリアルタイムで聞くことできないファンが沢山いて録音データを貰うことを楽しみに待っている人もいます。
また、データも貰うことが不可能でがっかりしてるファンもいます。
配慮下されば幸いです。

>通りすがりさん、こんにちは。
レポ読んで下さって、ありがとうございます。

愛媛のラジオの企画のタイトル、タイトルだけ挙げるかどうか迷ったんですが、すみません。
企画の中身までは、doaブログでは、もちろん書かないつもりです。

内容については、聴いた後で、自分のブログで、できる限り伝えようと思っています。もちろん、聴いた自慢ではなく、聴けない人のために伝えようと思っています。できれば、楽しみに待っていて下さると幸いです。

初めまして 関西在住doaファンです
私も5日参加しました
ここのレポは一曲一曲丁寧に書かれているなと思いました
私は洋楽には疎く歌詞の内容までわからなかったので ここで知る事ができ良かったです
OHTA NIGHT参加できて本当に良かった

>サキさん、初めまして☆
5日同じ会場にいらっしゃったのですね!
自分も洋楽に詳しいわけではなく、「OHTA NIGHT」のために慌てて予習しました
なんとなく昨年から聴いていた曲もあったけれど、終わってみれば、またBON JOVIのCD買っている自分がいました(笑)大田さん&メンバーの皆さんに、いろいろ教わった気がします
また、ぜひ、OHTA NIGHT開催されてほしいですね!

初めましてトランザムといいます。

OHTA NIGHT私も5日に参加していました
本当に最高な時間でした
ただ、今でも現実逃避ぎみですが

これからも仲良くしてくれたら嬉しいです

>トランザムさん、初めまして☆
トランザムさんも同じ5日の会場にいらっしゃったのですね!!
「OHTA NIGHT」本当に本当に、最高でした
大田さんの声、歌、曲、ギター、MC、ギャグ、すべて忘れられません
あの瞬間を思い出すと、どんなことでも乗り越えられそうで、しんどくなったら、必ず、思い出しています大田さんは、最高のシンガーのお一人です
こちらこそ、よろしくお願いします
トランザムさんのブログ、拝見したことあります♪
また見させて頂きますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『帰ってきたOHTA NIGHT0904』ライブレポ⑥ | トップページ | 『doaのグッディ☆サンデー』4/5初回 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ